« ぶりっ子の脅威~第1話~ | トップページ | ミッションおでん »

2006年10月15日 (日)

ぶりっ子の脅威~第2話~

ではぶりっ子物語の続きです。

 

第1話はこちら

 

めでたく(?)関ヶ原さんと吉本さんに嫌われた僕は、その事にも気付かず二次会の部屋飲みへと移りました。

僕は、これまた以前から知っていた奥田さん(仮名)とその同室の女の子を誘い、僕と同室の栃木くんと4人で飲もうとしてました。

何やら奥田さんが話したい事があると言っていたし、どうやらそれはちょっと重い話らしかったので少人数がいいかと思って。まぁもともと少人数が好きってのはありますが。

そんなわけで僕と栃木くんの部屋に来るように言って、僕達は部屋で待ってました。

10分後くらいに部屋のチャイムが鳴りました。

奥田さん達が来たと思ってドアを開けると、そこには5,6人の女性達が・・・・・・。

一瞬あっけに取られた僕ですが、そこで帰すわけにもいきません。

かと言ってこの男女比もよくありません。

圧倒的数的不利です。

とりあえず僕はアドレスを交換しておいた男子諸君にメールを送信。

 

「至急417に集まりたし!」

 

メールを送信した僕はとりあえずベッドに座り落ち着こうかと思いましたが、よく考えたらそんなことをしている暇はありませんでした。

そう、お酒がない・・・・・・・・・。

 

 

 

買出しいかなきゃ!

 

Photo_33  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チラホラと集まり始めた人を部屋に放置して、僕と栃木くん、そして3人の女の子(一回も話した事無い)と近くのコンビニに買出しに行きました。近くといっても歩いて15分くらいかかりましたが・・・。

 

さぁ問題はここからです。

買出し中に僕のところにメールが入りました。

 

「どこで飲んでるの?」

 

北海道在住の新庄くん(仮名)からでした。

 

僕「今買出し中だけど、417で飲むよ。来ちゃいなよ」

 

返信した直後、またメールが来ました。これほど僕にメールが来るとは珍しいこともあるものです。

メールを開くと、差出人が関ヶ原さんではあーりませんか。

しかも内容が新庄くんのメールと全く同じっていう(笑)

僕は全く同じ文面で返信しました。

 

返信した後、僕ら買出し組はホテルへ急ぎました。

お酒なしで部屋はグダグダになっているに違いありません。

 

気持ち早歩きで戻り、部屋に到着。みんなお待ちかねのようでした。

僕らはお酒を配り、宴会2nd legが始まりました。ちなみに人数は20人近くになっていました(笑)

 

宴会はホテルの部屋ということもあり、それぞれが少人数で語る感じでした。

まったりといえばまったりです。

始まってすぐに僕は気付きました。

 

「(そういえば関ヶ原さん来てないじゃん)」

 

気になって携帯を見てみると1通のメールが。

 

差出人:関ヶ原さん

本文:関ヶ原の携帯に電話して!→90××××○○○○

 

(彼女は自分のことを名前で呼びます。その事から彼女がどういう人か察してもらえると分かりやすいと思いますw)

 

何が問題だったのか知りませんが、とりあえず電話しようと思い、メールにあった番号をクリックしようとしました。

が、

できません。

どう頑張ってもできません。

最初は僕が酔っ払って意味わかんない操作をしてるのかと思って、隣にいた栃木くんに聞いてみました。

 

僕「なんでこれ電話かけられないんだろ?普通メールの画面から直接できるよね?」

栃木「うん、普通できるね。ん?これ090になってないよ」

僕「ん?・・・あ」

 

おっちょこちょいな関ヶ原さんです。

とりあえずその画面を見てないと番号が分からないので、代わりに栃木くんに電話してもらうことにしました。

ちなみに電話の内容は聞いてなかったので全く分かりません(笑)

そして結局関ヶ原さんは僕の部屋には現れませんでした。

 

夜が更けるにつれて人は減っていき、最後は僕と栃木くん、そして重い話を抱えた奥田さんともう一人の女の子が残りました。

話題はもちろんその重い話です(笑)

まぁ重いっていっても結局彼氏がひどいみたいな、今の僕にはどーでもいい話でしたけどね!ぶはっ!

適当にアドバイスをして(ていうか勝手に意見を言っただけだけど・・・)、3時に解散しました。

 

 

そして翌朝。

若干気持ち悪いながらも、夕方まで研修があるので、僕と栃木くんは頑張って朝食を取ることにしました。

空いてるテーブルを探していると、関ヶ原さんとバッタリ遭遇しました。

僕は一応昨日のことを説明しようと思い、話かけました。

 

僕「あ、昨日電話できなくてごめんね。なんかメールにあった電話番号、「0」が一つ抜けててかけられなかったんだよ。だから代わりに栃木くんにかけてもらったんだ」

関ヶ原「どういうこと?」

僕「メールに関ヶ原さんの電話番号書いてあったでしょ?その番号の「0」が一つ足りてなかったんだよ」

関ヶ原「じゃあ関ヶ原が悪いの?」

僕「いや、別にそういうわけじゃ・・・・・・」

 

何やらちょっと険悪なムードになったので僕と栃木くんはその場を離れ、空いてる席に着き朝食を取りました。

その日の研修中に何回か目が合ったりすれ違ったりしましたが、結局僕と関ヶ原さんが口を聞くことはありませんでした。

 

がしかし、最後の最後で関ヶ原さんと話す機会がやって来ました。

帰りのバスが東京駅に到着して、仲良くなった人たちとその辺にたまって話していた時です。

気が付いたら僕がいたその集団は、関ヶ原さんと吉本さんのグループのメンバーの集団になっていたのです。

当然吉本&関ヶ原もいます。

しかもそこでは携帯の番号交換が行なわれており、僕も若干それに巻き込まれることに・・・。

そしてやはりここでも僕を驚かせたのが吉本さんでした。

 

吉本「ねーねー携帯教えて~」

 

とりあえずそこにいる奴ら全員に携帯番号を聞く吉本さん。

 

吉本「あの~、名前知らないんだけど、携帯教えてくれない?」

 

ついには全く話した事もない人にまで聞く吉本さん。

 

吉本「ねー携帯教えて?あ、でも性格悪いからやめようかなー」

 

明らかに流れの上仕方なく的な感じで僕にも聞いてくる吉本さん。嫌味も忘れず。

別にそこは普通に交換しましたが、僕のテンションはこの時点で最低。

「名前知らないけど教えて」の時点でイラっとしてました(笑)

 

そして集団は夕飯を食う流れに。

僕はこのグループのメンバーじゃないから帰ろうとしたんだけど、男共に止められ仕方なく行くことにしました。

歩いている途中、一応仲直りでもしようかと関ヶ原さんと吉本さんと話してみました。

一応前日の事を謝っておきました。

何が彼女達を怒らせたのかはっきりとは分かりませんでしたが、僕が酔っ払って調子に乗っていたのは間違いないので・・・・・・。

その謝罪も「お互い様!」などという言葉で軽く流されましたが、一応昨日は酔っ払ってたということを説明できたと思います。

それが伝わったのか、吉本さんは言いました。

 

「昨日と全然違うねー」

 

んまーどういう意味か分かりませんが、昨日の僕が性格悪い人1位なんだから、それよりはマシになったはずです。

しかし次の瞬間、関ヶ原さんは言いました。

 

「昨日のが本当の姿だから」

 

 

・・・・・・・・・僕はもう何も言う気になりませんでした。

一体僕が何をしたっていうのでしょうか?笑

 

懇親会の一次会か?

でもそれならその後にメールなんて送ってこないはず。

 

じゃあ電話しなかったこと?

でもそれは栃木くんが代わりにかけたし、ちゃんと理由も説明した。

 

 

 

 

うおぉぉぉぉ!!!!!!!

 

 

一体何なんだ関ヶ原ぁぁぁ!!!

 

 

意味分かんねぇ意味分かんねぇ!!

 

 

 

その後もチクチク何やら嫌味を言ってくる関ヶ原。

僕はそれを聞き流すだけ。

こういう人に何を言ってもダメでしょうから。

 

イライラのつのった僕が途中でこの集団を抜けて帰宅したのは言うまでもありません。

第1次関ヶ原の戦いは一旦女性側の勝利ということになるのでしょうか。

 

ちょっと悔しいですが、第2次はもう勘弁して欲しいものです・・・。

誰か、ぶりっ子特有の切れポイントとか知ってたら教えて下さい。お願いします。 (切実)

 

 

----------------------------------------------------------------

【関ヶ原の戦<せきがはらのたたかい>】

慶長5年(1600)9月15日、関ヶ原で、石田光成の西軍と徳川家康の東軍とが天下を争った合戦。諸大名はいずれかに属したから天下分け目の戦いと呼ばれた。西軍小早川秀秋の裏切りによって東軍が大勝し、その後、家康は天下の実権を握り、同8年、征夷大将軍に任命された。以来、一般に重大な勝敗を決する戦いを「天下分け目の関ヶ原」という。

                                      ~広辞苑より~

----------------------------------------------------------------

 

 

ていうかまさか奴ら僕の悪口とか他の女の子に話してないだろうな?

ああいう子ってそういう子供みたいなことしそうだからな・・・・・・。

てかそもそも、最初に関ヶ原が吉本さんに何か吹き込んでそうな感じだったし。

 

 

女こえ~。

 

 

 

これからもあの人達と付き合っていくのかと思うと憂鬱だわー。

 

 

Photo_35 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人気blogランキングへ

 

 

 

|

« ぶりっ子の脅威~第1話~ | トップページ | ミッションおでん »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

>xxxsoxxxさん
やっぱりそうですよね・・・。触らぬ神に祟りなしと言いますし、もう彼女達とは絡まずにいくことにしますw


>みうみうさん
僕も悪気があってやってることではないことは確かです。でも誤解ってつきものですからね。相手が悪いと決め付ける気はないですが、さすがに今回は相手が悪かったとしか思えませんw


>トラやんさん
それは僕も悪いことしたかと思って後日説明したんですけどね・・・。しかも向こうにも非があったわけで・・・。一方的にキレられるのはどうかと思ってしまいます。

投稿: 健ちゃん | 2006年10月19日 (木) 20時44分

みうみうさんの意見に同感!名前知らんのに番号聞く意味解からんし!!
あ、あと、関ヶ原さんの肩を持つつもりは無いけど、電話かけてって言われて、人の携帯でかけるのは、どうかと・・・。

投稿: トラやん | 2006年10月15日 (日) 19時18分

ひえ~女怖っ!!
第一弾から見てるけど健ちゃんの行動は場の空気を和ませるような行動にしか見えないんですがね。
しかし、名前も知らんのに番号聞いてくるって失礼な奴ですね。

投稿: みうみう | 2006年10月15日 (日) 16時42分

あくまで予想ですが、、
きっと言いふらしてます。しかも色つけて。。
ぶりっこ達はぶりっこ同士の共存ファイルこそ無いものの、「世界で私が一番好き」と思ってる方が多いです。それをネタに♂を吸い寄せますから。かなりの個人的偏見ですがね^^;
第三話が無い事を祈ってます。。

投稿: xxxsoxxx | 2006年10月15日 (日) 09時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146160/3809454

この記事へのトラックバック一覧です: ぶりっ子の脅威~第2話~:

» 徳川家康の名言 人生 [心に残る言葉・響く言葉@名言集]
徳川家康の人生に関する言葉人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如し、急ぐべからず。不自由を常と思へば不足なく心に望みおこらば困窮したる時を思い出すべし。堪忍は無事長久の基。怒は敵と思へ。勝つ事ばかりを知って負くる事を知らざれば害その身に至る。おのれを責めて人を責むるな。及ばざるは過ぎたるより優れり。この言葉は日光東照宮にあり、徳川家康の人生訓とされています。ウィキペディアによると、... [続きを読む]

受信: 2006年11月28日 (火) 00時33分

» ビーフシチューレシピ ビーフシチューの作りかたまえがき [ビーフシチューレシピ 簡単な作り方]
おいしい本格ビーフシチューの作り方献立のひとつとしてでも隠し味もわかる簡単レシピで作り方を覚えましょう [続きを読む]

受信: 2006年12月16日 (土) 23時48分

« ぶりっ子の脅威~第1話~ | トップページ | ミッションおでん »