« ニートという言葉を失くすために | トップページ | “いい殺人”、“悪い殺人” »

2007年1月29日 (月)

巨大宇宙鏡で太陽光反射だと・・・

何とも奇妙なニュース記事を発見しました。

以下Yahoo!ニュース(産経新聞)抜粋です。

 

---

■巨大宇宙鏡で太陽光反射!?

 宇宙空間に浮かべた鏡で太陽光線を反射するという温暖化対策の研究を今春に出される国連の報告書に盛り込むよう、米政府が提案する。英紙ガーディアンが伝えたもので、試算では太陽光線の1%も反射すれば産業革命以来出してきた温室効果ガスの効果を相殺するという。排出削減を柱にした京都議定書とは反対の、いかにも米国らしいプラス思考?

 軌道上に打ち上げた巨大な鏡で反射するほか、光を反射するホコリを大気中に放出するといった方法もあるという。

 国連は今年、人為的な気候変動リスクに関する知見をまとめた3つのセクションからなる報告書を出す。各国政府関係者や科学者らが参加する「気候変動に関する政府間パネル」が作業に当たり、草稿が各国政府に回覧される。米国は今年4月に予定されている第2セクションの報告書で、最も目立つ要約にこれらの研究開発について盛り込むよう働きかけるという。

 米国は2001年に京都議定書の枠組みから離脱し、強制的な温室効果ガスの削減には反対の立場をとってきた。その一方で石油代替エネルギーとしてバイオ・エタノールを推進するなど、新たなビジネスに結びつく対策には熱心だ。

 SF映画ばりの“宇宙の鏡作戦”も、宇宙産業には大きなチャンスといえる。もっとも、報告書の草稿はこうしたアイデアについて、費用も他への影響もわからない理論的なものと指摘しているという。

---

 

もうここまで来ると言葉を失います。

こういうのを誤魔化しというんでしょうね。

例えこれで温暖化を防ぐことができたとしても、太陽光が減ることでまた新たな問題が生じるのでしょう。もちろん僕には想像もつきませんが。

どんなに頭のいい人でも、しょせんは人間。自然界の現象を全て予測できるとは思えません。

今回のアメリカのアイデアは、ミスにミスを上塗りするだけな気がします。

その場しのぎ的な解決では、きっとまた問題が生じます。そしてその時に後悔したのでは遅いのです。

もし実現に向けてアメリカが動こうとしたら全世界でこれを止めて欲しい。止めなければいけない。そんな気がします。

 

ていうか、もしかしてこれは口実で、実は宇宙空間にまた軍事関係の何かを浮かべる気じゃ・・・・・。先日の中国の件もあるし。

そうやってどんどん宇宙に進出していくと、いつか本当にガンダムみたいに宇宙で戦争する時代が来るのかもしれません。

おそろしやおそろしや。

 

 

Photo_79  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人気blogランキングへ

よかったら押して下さい

 

 

--- Ads by kenchan ---

アメリカ人は、なぜ楽観的なのか? Book アメリカ人は、なぜ楽観的なのか?

著者:原 隆之
販売元:宝島社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

【コメント】

タイトルと違い、ただアメリカ人と日本人の違いをアメリカ優勢の立場から書いてる本。「ふ~ん」とは思うけど、特に面白いことはない。

 

|

« ニートという言葉を失くすために | トップページ | “いい殺人”、“悪い殺人” »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146160/5127299

この記事へのトラックバック一覧です: 巨大宇宙鏡で太陽光反射だと・・・:

« ニートという言葉を失くすために | トップページ | “いい殺人”、“悪い殺人” »