« 巨大宇宙鏡で太陽光反射だと・・・ | トップページ | 肝心なところで謙虚でない日本人 »

2007年1月30日 (火)

“いい殺人”、“悪い殺人”

「人を殺すことは悪か?」

 

こう聞かれたらほとんどの人がYESと答えるでしょう。

まぁそうでしょう。

誰に教わるまでもなく、僕達はいつの間にかそう思うようになるものなんです。たぶん。

 

でもこれは間違いです。

正当化されている殺人もたくさんある。

例えば死刑。法律が人を殺していいと認めています。もちろん対象を死刑囚に限定しているわけですが。

 

戦争も正当化された殺人ですね。

正義を振りかざして殺人を繰り返してますね。

まぁ戦争の場合全ての国が正義を主張するわけですが・・・。

そして最後は勝った国が正義となり、正当化されます。

 

正当防衛による殺人も正当化されていますね。

“正当”防衛ですからね。

 

他にも止むを得ない事情による殺人なんてのもあるでしょう。

虐待の末に・・・とか。

 

こう考えると殺人って悪いことなのか?とも思えてきます。

これは太田光がよく言うことですが、昔は人殺しなんて普通に起きてた。

生きるため、領土を奪うため、“劣っている”種族を排除するため・・・・・・。

 

では何故今はそれほど人を殺さなくなったのか。

それは恐らく禁止したからでしょう。人を殺すのはやめようと。

殺人は怨恨による新たな殺人を呼び、さらにそれがまた・・・と続いてキリがないですからね。

 

でも死刑まで禁止にしてしまうと殺人の抑止力がなくなってしまう。

いくら「殺人は駄目」と言ったところで、何も怖いことはありません。

しかし大勢の人に、

「もし人を殺したらお前を殺すぞ」

と言われれば効果抜群なのです。

 

またよく分からなくなりそうですが、つまりこういうことなのではないかと思います。

『殺人が良い悪いではなく、殺しても良い人、悪い人がいる』

なんか言葉にすると危ない思想のようにも思えてきますが、死刑制度が示す事実はこういうことでしょう。

 

中には「この世に殺してもいい人なんていない」と主張する人もいるでしょう。

でも僕はこの世には殺してもいい人間はいると思いますね。

僕は死刑制度には賛成ですしね。

例えば無差別殺人犯で死刑でいいと思います、僕的には。殺すべき存在だと思います。

この場合、殺してはいけない人を含むであろう無差別殺人は『悪』で、殺してはいけない人を殺した人を殺すことは『善』ってことです。

 

仮に殺人の全てを完全に悪であるとします。

そうすると困った問題が起こります。

ではその完全なる悪を犯した者をどうするのかという問題です。

死刑は人を殺すことなのでもちろんやってはいけないことになります。

では終身刑でしょうか?

あれも見方によっては殺してるようなものです。だから駄目です。

どうしましょう。

完全なる悪を許すのでしょうか。

 

無理です。

少なくとも今の時代においては殺人を完全に悪とすることは不可能なのだと思います。

だから結局、「いい殺人」と「悪い殺人」があるとしか言いようがないのです。

たぶん僕たち人間は、「殺人は駄目だ!」と完全に拒絶するのではなく、ある程度受け入れて生きなければならないのだと思います。

生きている以上は誰かを殺すかもしれないし、殺されるかもしれない。そこには正義や悪があるかもしれないし、そんなもの全くないかもしれない。

 

もちろん、「殺人はダメなんだ」という前提は皆が持つべきだと思います。じゃないと秩序なんて保てませんからね。

ただ、「ダメだダメだ」と言い張るのではなく、もう少し考えてみようかなと僕はそう思ったわけですね。

 

もしかしたら僕は太田光の考え方とは決別することになるかもしれませんね。

これ書きながらそう思いました。

殺人を許さない死刑を認めるなら、戦争を許さない戦争もあるのかもと・・・・・・。

 

う~ん難しいっ!自分で言っててよく分からないっ!笑

 

 

Photo_80  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人気blogランキングへ

よかったら押して下さい

 

 

--- Ads by kenchan ---

羊たちの沈黙<特別編> DVD 羊たちの沈黙<特別編>

販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日:2007/01/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

【コメント】

不思議な雰囲気にのめり込んでしまう作品。登場する異常殺人犯レクターは間違いなく異常なのだが、知的でどこか共感してしまうような感覚に陥った。もしかしたら異常殺人とは実に論理的な殺人なのかもしれない。ただし、その欲求自体が悪であるから、その論理も間違った方向にしかいかないわけだが。

 

|

« 巨大宇宙鏡で太陽光反射だと・・・ | トップページ | 肝心なところで謙虚でない日本人 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146160/5139487

この記事へのトラックバック一覧です: “いい殺人”、“悪い殺人”:

» 東京六大学OBがズラリ!星野ジャパン [東京六大学野球@東京六大学野球情報ブログ]
ど~も♪東京六大学野球@東京六大学野球情報ブログのよしくんです。コメント、トラックバック等で応援していただいていてる皆さん、いつもありがとうございます!当ブログもしばらく斎藤佑樹投手の記事が続きましたので、今回は東京六大学OBの記事でいきます。北京...... [続きを読む]

受信: 2007年2月 1日 (木) 22時27分

« 巨大宇宙鏡で太陽光反射だと・・・ | トップページ | 肝心なところで謙虚でない日本人 »