« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007年3月31日 (土)

大阪観光

大阪観光
大阪観光
大阪の道頓堀あたりをぶらついてみました。

たこ焼きを食べました。

僕は普段は並んでまで店に入ったりしないのですが、今回はせっかく大阪まで来たので有名な店のにしようと思って、列のできていた赤鬼という店のを買いました。

味が4種類あったのですが、なぜか僕は醤油味をチョイスしてしまいました。

美味しかったのですが、鰹に醤油なので、おにぎりを食べているのかと思ってしまいました。

近くのベンチに座って食べていましたが、なぜこんなところに来てまで人混みに入らなきゃならないんだと思い、大阪城に行きました。

人はたくさんいましたが、道頓堀ほどではありませんでした。

お城はとても素敵でしたが、天守閣に入るにはお金がかかるし、どうせ中は人混みだと思ったのでやめました。


そして今姫路に帰る電車の中です。

歩いて汗をかいたので早くシャワーを浴びたいです。

僕はホント汗かきなんです。

僕の両サイドに座ってる人が二人とも僕から遠ざかるように首をかしげてるのが気になります。

やはりドア際に立った方がいいのでしょうか。

ではまた。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

サッカーだけじゃないんだぜ静岡

サッカーだけじゃないんだぜ静岡
たった今試合が終わりました。

菊川vs大阪桐蔭は2−1で菊川の勝ちです。

僕は菊川を応援していたので接戦の末の逆転勝利にちょっと興奮しました。

どうもありがとう高校生。

ちなみに僕が菊川を応援していたのは、サッカー王国静岡の高校だからです。


今から大阪の道頓堀あたりに行って飯でも食おうと思います。

ではまた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トイレに入ったら女の人が…

おはようございます。

引き続き姫路から更新中です。

今駅のホームです。

今日は甲子園に行こうと思います。

会社員一年生になる前に、一度フレッシュな気持ちになろうと思って。

僕は、間に合わないと知りながらも、駆け抜けた方が早いし安全だと知りながらもヘッドスライディングする気持ちで仕事したいと思ってます。


ところで、さっき姫路駅のトイレに入りました。

でも中に女性がいたので慌てて飛び出ました。

外に出て確認すると、「男女共用」と書いてありました。

関西では見たことないものに出会えそうです。

この旅ではイヤホンを外して歩きたいと思います。


ちなみに、男女共用トイレに入っていた女性は、みなおばさんでした。

それではまた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月30日 (金)

じいちゃんとの再会

ばあちゃんちに着きました。

最寄りのバス停に着いた時に電話したので、じいちゃんが表まで迎えに来てくれていました。

暗かったのですが僕はすぐにじいちゃんだと分かりました。

じいちゃんも僕に気付き、ずっとこちらを見ていました。

でもじいちゃんは僕が近付いて言って、「おじいちゃん!」と声をかけようとしたその瞬間、目を反らしました。

そして僕が声をかけると、「おー」と苦笑いで応えました。


気付いてなかったんかーいっ!!

ま、元気そうで何よりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初めての一人新幹線

初めての一人新幹線
今僕は新幹線に乗っています。

姫路のばあちゃんちに行くためです。

4月から岡山で研修が始まるので、その前にばあちゃんちにも行こうと思って。

働き始めたらますます会いに行けないでしょうから。

じいちゃんばあちゃんに会うのは10年ぶりくらいだからちょっと緊張します。

思わず敬語にならないように気を付けたいと思います。

ところで、さきほど車内アナウンスで「新幹線にご乗車頂き、ありがとうございます」的なことを言ってました。

続いて英語のアナウンスも流れました。

英語でも新幹線は「Shinkansen」でした。

中央線や山手線は、「Chuo-line」「Yamanote-line」なのに、どうして新幹線は「Shinkan-line」ではないのでしょう。


さて新幹線のスピードが上がりました。

では関西をエンジョイしてきたいと思います。

また姫路から更新したいと思います。


では。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2007年3月26日 (月)

いい別れ

今日は家庭教師バイト最後の日でした。

2年間教えてきた康太くんともお別れです。

昨日は大学の友と別れたし、すっかり別れの季節ですね。

 

ただ、僕は別れに対していつも特別な感情を抱かない人です。

特に別れが惜しいってことを思ったこともないんです。

卒業式だって、その後の追いコンだって僕は淡々としたものです。

最後だっていつも通りに、「じゃあなー」と言っただけです。

 

でも今日は違いました。

別に生徒と別れることがそんなに悲しいわけではない。

でも、生徒が凄い悲しそうな顔をしていたから、僕も別れがたくなってしまったんです。

しかも、彼も男だから、別れるのが惜しいとか絶対に口には出さないわけですよ。

気丈に振舞おうとしてるんですよ。

でもそれはどうしても隠しきれてなくて、僕もそれに気付いてちょっと悲しくなるわけです。

 

こういう別れは中一の時に親友が転校して行った時以来です。

僕らは男だから、いなくなると寂しいとか簡単に言わないんです。

周りから見ると淡々とした別れに見えるかもしれない。

でもお互い我慢してる感じが何とも悲しい思いにさせるんですね。

 

それに対して大学での別れのシーンは何とも形式的なものが多くてウンザリでしたね。

「元気でね」

「また会おうね」

上辺だけの言葉がそこら中から聞こえてきました。

また会おうねと言いながらパシャパシャ写真を撮って思い出作りに奔走してるんだから面白いですね。

あの思い出作りは僕にはあまり理解できないですね。

まぁ単純に写真が苦手ってのも関係してるんでしょうが・・・。

 

まぁとにかく、僕が想像していた通りの別れの風景があった大学の卒業式よりも、今日の生徒との別れの方が感動的でしたね。画にはならないでしょうけど。

でも、人間の感情の美しさってそういう所に見えるんだなと思いました。

口からは出てこない感情ってのがあるってことですね。

僕が中一の時親友と別れた時は本当に泣くだけで何も言いませんでした。

もちろん泣くこと自体が僕的には想定外だったわけですが・・・。

 

今日別れた生徒は一人っ子だったので、僕をもしかしたら兄のように思ってくれていたのかもしれない。

そう思うと本当に最後帰るのが辛かったです。

康太くんのためにも、これからも時間を見つけてちょくちょく遊びに行きたいですね。

でも僕はこれから生活環境が大きく変わります。

たぶんしばらくは会えないでしょう。

そしたら康太くんも僕のことを忘れるようになるでしょう。

少し悲しい気もしますが、それはそれでいいことです。

だからしばらくの間、さよならです。

 

Photo_123  

人気blogランキングへ

よかったら押して下さい

 

| | コメント (0) | トラックバック (37)

大学卒業

とうとう僕は大学を卒業しました。

昨日卒業式でした。

本当に短い4年間でしたよ。

特に大学に思い入れはないので悲しいってことはないのですが、とりあえず一区切りって感じです。

4月からはもうフルタイムワーカーです。

きっと今までとは比べ物にならないほど忙しい日々が待っていることでしょう。

でも僕は頑張りますよ。

いつか日本に影響を及ぼすことができるだけの人間になるために。

 

Photo_122  

 

 

 

 

 

 

 

人気blogランキングへ

よかったら押して下さい

 

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2007年3月24日 (土)

SMAPの名曲を紐解く

NO.1にならなくてもいい

もともと特別なOnly one

 

みなさんご存知でしょう、この歌詞。

SMAPの「世界に一つだけの花」ですね。

えー、いかにもキレイな言葉ですね。

 

僕が思うに、この歌では競争の無意味さみたいなものを言ってます。

競争する人間を嘆き、競争しない花を誇らしいとしています。

そもそも花には「競争していない」という意識すらないんでしょうけどね。

 

さて、この歌以来、どうもonly oneって言葉が良しとされる傾向が強まっている気がします。

ま、別にそれは構いません。

同じ人はいない。だから人は誰でもonly one。

んまぁ当たり前のことで、誰もが知ってることですね。

 

んじゃあ何が問題なのかというとですね、only oneが競争というものを否定する言葉になりつつあるということですね。

まさに上の歌詞にあったように、「NO.1にならなくてもいい、誰でもonly oneなんだから」って。

これ実は全然意味が分からない。

よく考えると全然論理的じゃない。

only one だからNO.1にならなくていい?・・・・・・ん?

一体どういうことなのでしょうか。

 

ま、NO.1にならなくていいってのは、これも当たり前ですね。

別にonly one とか言い出さなくても、NO.1にならなきゃいけないなんてことはないですよね。

ただ、NO.1を目指すことは僕は素晴らしいことだと思いますけどね。

NO.1を目指すことは、つまり競争することです。

NO.1にならなくてもいいと言っているこの歌は、競争なんてしなくていいんだと言ってると思うんです。

 

じゃあ、競争は駄目なことでしょうか?

僕的には絶対「NO」です。

僕はスポーツが好きだし、試合に勝つために努力してる人を素晴らしいと思います。

必死に競争している人たちをみて素敵だなと思います。

競争とは美しいものなんです。

 

でも世間では少し前から、競争というものが否定的に捉えられるようになってきている気がします。

ゆとり教育もその流れから出てきたといえるかもしれません。

なぜ競争が駄目なのか?

僕が思うに、おそらく敗者を尊重しないからです。

勝ち組・負け組なんて言葉があるように、敗者を尊重する姿勢に欠けているから競争自体が「悪」なんて考えになるんです。

競争に負けるなんて当たり前なんだ。

サッカーワールドカップでは、32チーム中31チームが敗者ですからね。

 

なぜ敗者を尊重できないのか?

またまた僕が思うに、これは人生を一本の道で捉えてしまっているからです。

競争とはその道を歩むための権利を勝ち取るためのもので、それに敗れると道から外れないといけない、みたいなイメージがあるのでしょう。

でも人生ってそんなつまらないものじゃないと思いますね。

そりゃ振り返れば人生は一本道でしょう。やってきた事実だけが残りますからね。

一つの競争で負けてもまた違う道にいけるし、また同じ道で人と競争することもできる。

本当は「負け組」なんて言葉は存在しないんだ。

ワールドカップで負けた“負け組”の中には、その年にUEFAチャンピオンズリーグを制する人がいるわけだからね。

 

SMAPの歌っていることは何となく共感できそうな気がしてしまいますが、「逃げ」に聞こえてしまいます。

一見美しい言葉に聞こえますが、実は違うんじゃないでしょうか。

僕は競争なんてしなくていいと言うよりも、競争する人は全員美しいんだと言いたいですね。

勝った人も負けた人も全員美しいんです。

 

花屋の店先に並んだ花は、隣の花と土の養分を取り合い、どっちが美しく咲くか競争しているんです。

だから全部キレイなのです。

 

Photo_121  

人気blogランキング投票

よかったら押して下さい

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年3月19日 (月)

仏滅を恐れる日本人

昨日友人からとあるメールが来たんです。

内容は、

 

「次の日朝から引っ越すから飲み行けない」

 

というものでした。

飲み会を予定していた日の次の日に引越しが決まったようなんです。

別に東京から東京への引越しですよ。

まずここで突っ込みどことが一つありますよね。

 

そうですね。次の日引越しなら飲みはほどほどにして早めに帰ればいいじゃーんってことですね。

飲みは18時からの予定でしたが、別に時間早めてもいいわけですからね。

 

でですね、なぜ引越しがその日じゃなければいけないのかというとですね、

 

「その日以外だと仏滅しか空いてない」

 

だそーです。

だからその日に引越ししないと仏滅に引越しをすることになってしまうんだそーです。

・・・・・・もうね、何それ?ですよ。何仏滅って。

もう僕は調べちゃいますよ、仏滅。

 

----------------------------------------------------------------

【仏滅<ぶつめつ>】

①仏の入滅。釈尊の死。

②仏滅日の略。暦注の六輝の一で、勝負なしの日。俗信で、万事に凶である悪日とする。古くは、「物滅」とも書いた。

                                     ~広辞苑より~

----------------------------------------------------------------

 

『万事に凶である悪日』ね・・・・・・・・・。

まぁ引越しに限った話ってわけではないわけですね・・・。

ってことは、仏滅には何もしない方がいいってことですよね・・・。

だって仏滅怖いもんね・・・。

 

 

 

はんっ!しょーもねーーーーっ!!

 

 

 

いちいちそんなん気にしてられっかよっ!

結局意味分かんねぇ!仏滅!

友達との約束より仏滅を恐れる方が大事なのか!?

そんなんでいいのか、ジャパニーズっ!?

 

まったく、くだらない決め事をしてしまったものですね。

こうなったら僕が結婚とかする時は絶対仏滅の日に式挙げるし。

 

Photo_118  

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなくだらないことで何怒ってるんだって思いますか?

えー僕も普通ならこんなことでムカつかないでしょう。

ムカつく理由は仏滅うんぬん以外にもあるんです。

 

まず1つ。

このドタキャン初めてじゃないってこと。つい最近にもあったんです。

まぁこれは仕方ない理由だと思ったので全然許しますけど、でもね、ドタキャンされて嬉しい人はいないですよね。

 

2つ目。

あちらが4人という少人数飲みを希望していたこと。

もうおかげで3人で飲むことになっちゃいました。

 

そして3つ目。

 

奴から飲みに行こうと誘ってきたこと

 

やってらんないでしょ?

正直、その友人の人格疑っちゃいますね。

もう僕からその友人を誘うことは一切ないでしょう。

 

意味のない迷信やら何やらより大切なものって、あるんじゃないでしょうかね。

 

人気blogランキングへ

よかったら押して下さい

 

| | コメント (0) | トラックバック (8)

2007年3月17日 (土)

ここから緑地化

テンプレート変えてやったぜーいっ!!

 

いやっほーいっ!!

 

緑だ緑だー!

 

地球緑地化計画だーっ!!

 

すー・・・はー・・・すー・・・はー・・・・・・・・・。

 

うおーっ!酸素感じるぜーっ!!

 

O2!O2!

 

いえーい!いえーいっ!

 

ん、んぐ、ぬあーーーーっ!!

 

うひょー!うきょー!

 

 

 

 

 

 

 

 

はぁ・・・。

 

 

Photo_117  

 

 

 

 

-----------------------------------------------------------------

【馬鹿・莫迦<ばか>】

(梵語 moha(慕何)、すなわち無知の意からか。古くは僧侶の隠語。「馬鹿」は当て字)

①おろかなこと。社会的常識に欠けていること。また、その人。愚。愚人。あほう。

②取るに足らないつまらないこと。無益なこと。また、とんでもないこと。

③役に立たないこと。

④馬鹿貝の略。

⑤(接頭語的に)度はずれて、の意。

                                     ~広辞苑より~

----------------------------------------------------------------

 

 

人気blogランキング投票

よかったら押して下さい

 

 

宮沢賢治全集〈5〉貝の火・よだかの星・カイロ団長ほか Book 宮沢賢治全集〈5〉貝の火・よだかの星・カイロ団長ほか

著者:宮沢 賢治
販売元:筑摩書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

【コメント】

僕には珍しいものを読んだが、難しくてほとんど理解できなかった。こんな難しい童話は初めてだ。でも、所々理解できたところだけを見ても、彼のイマジネーションは凄いと思った。いつか理解できるようになりたいものです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年3月16日 (金)

暖冬で良かった??

昨日懐かしい友人と飲みに行きました。

突然の呼び出しでしたが、家庭教師のバイト終了後すぐにかけつけました。

 

彼とはいつも色々な話をします。

真面目な話もすれば女性の話もします。

 

そんな会話の中、僕が「不都合な真実」を見たっていう話になりました。

僕は言いました。

 

「不都合な真実を見て以来、エアコン付けてないんすよ」

「でも今年が暖冬で良かったですわ~」

 

友人は言いました。

 

「その暖冬が問題なんだけどね」

 

 

 

 

 

 

 

確かにーーーーーっ!!

 

 

 

もし暖冬でなかったらエアコンを付けていたかもしれないと思うと、僕って存在は地球温暖化を防ぐ上で何と無力なのでしょう・・・。

暖冬を喜んでしまった僕はホント駄目人間ですわ。

 

 

Photo_116  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人気blogランキングへ

よかったら押して下さい

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

東京都知事選候補者討論

いや~、石原慎太郎都知事が叩かれてますね~(笑)

「筑紫哲也NEWS23」です。

 

まず一つ最初にはっきり言っておきますが、僕は石原慎太郎を支持しています。

理由は何?って聞かれたら結構困るんですが、まぁ特に不満がないからですかね。

ていうか、腐った政治の世界で敵を作ることができる石原慎太郎の存在は貴重だと思うんですね。

まぁただ一つ懸念するのは年齢ですかね・・・。

よく考えたらもうお爺ちゃんですからね。

 

あと、この番組を見ても思いましたが、他の候補者がとにかく頼りない。

“野党”って感じの匂いがプンプンする。

とにかく石原を批判するって感じ。

そりゃ一応は自分なりの考えもあるんだろうけど、メディアに出てきてすることと言えば石原批判。

まぁ批判があるのは当然でしょう。

パーフェクトな人間なんてこの世にはいないんですからね。

それに、まぁ選挙に勝つためには最大のライバルを叩くってのは当然。

でも、同時に自分をアピールしなきゃ何も魅力を感じないんです。

あまり石原批判ばかりしてないで、もうちょっと自分という人間を見せて欲しいし、自分は何を考え、自分は何をしたいのかを伝えるべきなのではないでしょうか。

今のところ、それをあまりしない候補者は信用できないです。

なんか結局何もできない気がしてなりません・・・。

それより、敵を作りながらも確実に色々なことを実行する石原慎太郎を支持したいと思います。

 

石原慎太郎!マジで勝ってくれっ!!

 

 

Photo_115  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人気blogランキング投票

こちらも投票して下さい

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年3月14日 (水)

「スクールデイズ」に人生を学ぶ

スクール・デイズという映画を見ました。

WOWOWで。

毎度のように、細かいストーリーは書きません。

 

 

「人の痛みは自分の痛み」

 

 

いじめられっ子の主人公は、そういっていじめっ子の彼女を刺しました。

 

コメディ色が結構強い映画ですが、けっこう考えさせられました。

いじめを取り上げてる映画でもありますからね。

 

やっぱいじめる側ってズルいんだなって思いました。

自分はいつも人を傷つけているくせに、いざ自分が傷つけられそうになるとワーギャー騒ぎ出す。

昔の僕がそうだったんだと思うとホント恥ずかしくなります。

 

やっぱ、いじめ最悪です。

 

映画の中ではこういう言葉もありました。

 

 

「強い者に立ち向かうことができれば、何でも乗り越えられる」

 

 

僕はいつか、人が絶対に挑まないような相手にいつか喧嘩売ってやりたいです。

そういうことできる人間は失うものがない人の方がいい。

そして、“ポジティブ”と言われる人より、“ネガティブ”と言われる人の方がいい。

ちゃんと問題点を見れてるからね。

つまり、たぶん生涯独身のネガティブ男、僕にぴったりってわけだ。

はは!

 

 

Photo_114  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人気blogランキングへ

よかったら押して下さい

 

 

--- Ads by kenchan ---

スクールデイズ DVD スクールデイズ

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2006/07/05
Amazon.co.jpで詳細を確認する

【コメント】

元天才子役の主人公が再起し、私生活の自分とドラマの中での役がリンクしながら自身が変化していく話。いじめ問題もコメディタッチで皮肉っている。面白い。

 

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年3月13日 (火)

松岡農林水産大臣は辞任せよ

一体なんなんでしょう、こいつ。

なんでこんな人間が大臣何でしょうか。

んで、なんでこんな人間を与党は守ってるんでしょうか。

何この『仲良し子良し内閣』・・・。

 

以下Yahoo!ニュースより抜粋です。

 

---

 

松岡利勝農相の資金管理団体が、水道代や冷暖房費がかからない議員会館にしか事務所がないにもかかわらず、05年に約507万円の光熱水費を計上していたことが分かった。松岡農相は5日の参院予算委員会で「(浄水器を指すとみられる)何とか還元水や、暖房とか別途そういうものが含まれる」などと釈明したが、使途を明確には説明できなかった。事務所費に続いて、松岡農相の不明朗な支出がまた明らかになった。
 松岡農相の資金管理団体「松岡利勝新世紀政経懇話会」は衆院第1議員会館を「主たる事務所」とし、松岡農相は「他に事務所がない」と説明している。小川敏夫氏(民主)が「どこで使用した光熱水費か」と尋ねたのに対し、松岡農相は「当然、主たる事務所の議員会館だ。使ったものをきちんと計上している」と答弁。
 さらに、議員会館は水道代や集中管理の冷暖房は費用がかからないことなどを追及されると、「確認して必要な範囲で答える」と述べるにとどまった。答えに詰まり「ほかのことを聞いたらどうか」とはぐらかす場面もあった。
 松岡利勝新世紀政経懇話会は04年約518万円、03年も約416万円の光熱水費を計上している。政治資金規正法施行規則によると、光熱水費は「電気、ガス、水道の使用料及びこれらの計器使用料等をいう」とあり、報告の際には内訳の記載や領収書の添付は不要だ。

 

---

 

松岡本人は辞任の意向はないとのことです。

本当に1本5000円のミネラルウォーターを飲んで、その費用を計上していたのかは分かりませんが、会見でのテンパり具合を見れば非があるのは明らかでしょう。

さらに、「ミネラルウォーターは水道・光熱費に入りませんよね?」という野党からの突っ込みに対して与党は、「(水道・光熱費)等に入ります」。

「総理はこの内容に関して納得してるんですか?」という突っ込みに対して安倍っちは、「法律に従って報告している」とバカの一つ覚え。

 

 

こりゃ早く安倍内閣ぶっ壊さないと・・・・・・ヤバい

 

 

いや、冗談抜きで。

こいつらもう国民のこと結構強引に無視し始めてません?

ヤバいっしょこいつら。

小泉は一応、やり方は詐欺まがいだったかもしれないけど、民意を動かしていた。

郵政民営化もそうでした。

でも安倍っちはその能力がないからもう強引にやるしかないって感じ。

ゴーイング・マイ・ウェイですよ。

 

「○○しなければならない」が口癖の安倍っちですが、一番しなければならないことは目の前にあるのではないでしょうか。

奴が日本の遠い将来を考えても仕方ないでしょ。

だって・・・・ねぇ・・・・・・?分かるでしょ。

 

とりあえず目の前の問題として、松岡にはやめてもらうしかありません。

僕は泥棒が政治をやってる国に誇りを持てません。

 

 

Photo_113  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・はい?

「水と緑と食を守る」?

あーなるほど。それで5000円のミネラルウォーターね。

そして水を守ってるあなたを安倍が守ってるってわけだ。

 

 

とんだ茶番劇ですな。

 

 

 

人気blogランキングへ

よかったら押して下さい

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (5)

社員を説教

昨日の夜勤を以て、バイト引退しましたーー!!!

イエーイ!めでてーめでてー!

自由自由!

 

と今となってはこんなテンションですが、さっきまではむしろムカついてました。

なぜなら、僕の最後の日なのに、社員が遅刻して30分伸びることになったからです。

しかもこの社員はまだ19歳とはいえ、もう何回も遅刻しているらしいのです。

僕が休んでいる間に・・・・・・。

そして謝りもしないというではありませんか。

他のバイトからその情報を聞いた僕は、こりゃ僕しかいないと思いました。

もうやめるし、たぶんバイトの中ではしっかりしてる方だし、説教好きだし(笑)

 

そして問題の社員が現れました。

思いの他、社員は僕に謝ってきました。

話が違うと思いましたが、謝ってる人を責める趣味はありません。

というわけでとても優しく説教をしました。

 

僕「他の人から聞いたんですけど、もう結構遅刻してるみたいですね。しかも謝らないことも多いみたいですよ?自覚があるかどうかは分かりませんけど」

僕「そもそも遅刻自体が良くないのに、謝らないなんて絶対にダメだと思いますよ」

僕「確かに他の人はただのバイトかもしれないけどさ、謝るくらいはしなきゃ」

社員「あ、はい・・・」

僕「それにさ、もっとバイトの人とコミュニケーション取った方がいいですよ。みんなあまり話してくれないって心配してますよ」

社員「あ、はい・・・」

僕「まぁその歳でこの会社に入って働くのは大変だと思いますけどね・・・」

僕「俺は今日でやめるんだけど、ホント頑張って下さい。大変なのは分かりますけどね、バイトともコミュニケーション取っていけばちょっとは楽しくなると思うんで」

僕「それじゃ!」

社員「あ、はい・・・。お疲れ様でした・・・」

 

 

 

 

 

全然響いてなーーーーーいっ!!

 

 

説教って難しいんですね・・・。

 

 

Photo_112  

 

 

 

 

 

 

 

 

んま、兎にも角にも、バイト引退です。

 

 

人気blogランキングへ

よかったら押して下さい

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (7)

2007年3月12日 (月)

成長は自覚できない

今日は英会話のレッスンでした。

レッスン終了後、受付の人から「フィードバックがあるから」と言われ、少し残って色々と話を聞きました。

受付の人曰く、ていうか先生の評価を代弁しているだけですが、僕はコミュニケーション能力とリスニング力があるらしいです。

コミュニケーション能力は前からよく言われていたし、自分でも何となく納得できるのですが(調子乗ってますかね?笑)、リスニングに関しては全く自覚がありません。

むしろ、先生が何言ってるか分からないことはまだまだ多いです。

 

弱点は語彙力だとのことです。

これもずっと言われてきてるんで知ってます。受験勉強の時でさえ単語の暗記を放棄した僕です。

どうもただ単調に単語を覚えるとかそういう作業が嫌いなんです。

でも最近はちょっと反省して、単語を勉強しています。

成果が出るのはまだもうちょっと後になるでしょうが。

 

長所と短所は相変わらずですが、でも全体的に確実にレベルアップしていると言われました。

前は全ての能力を平均すると「2」くらいだったのが、今は「4」くらいらしいです。

 

 

2とか4て何。

 

 

基準は分かりませんが、とりあえず上達はしてるようです。

まっっっっったく自覚はないんですけどね。

 

でも自分の成長が自覚できないなんて当たり前のことですよね。

成長ってのは基本的には徐々にするものですから、自分では気付かないんですね。

あれと一緒ですね。

カエルを熱湯に入れるとビックリして飛び出そうとしますが、水に入れて徐々にその水を熱していくとカエルは気付かずに茹で上がるってやつ。

 

 

Photo_13  

 

 

 

 

 

 

 

 

気付いたら英語ペラペラでした~、なんてことになったら素敵なんですけどね。

とにかく早く上達を自覚できるほどになりたいものです。

働き始めたら今ほど勉強に時間を割けないでしょうから。

 

 

人気blogランキング投票

よかったら押して下さい

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年3月11日 (日)

こんなところに天才が

今日はフットサルの練習だったんですけど、いつもとは違って、近所にある無料のコート(?)でやりました。

最初はうちのチームのメンバー3人で練習していたのですが、途中から隣でやっていた人たちと3対3のゲームをやることになりました。

相手チームには10歳の男の子がいました。

そして彼は・・・・・・・・・

 

 

天才でした。

 

 

僕らなんかより全然上手いです。

ケチョンケチョンにされちゃいましたよ。

左利きの彼は、中村俊輔とメッシを足して2で割ったようなプレースタイルでした。

あれで10歳です。

もしかしたら未来の日本代表かもしれません。

 

 

Photo_12  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、民間のフットサルコートでやってる少年達をみると、今日出会った彼がそれほど特別上手いってわけではないような気もします。

ホント今の子供は上手いんです。

フットサルの普及によって、もしかしたら日本は確実に未来のスターを育てているのかもしれません。

 

日本サッカーの未来は明るい!?

 

 

人気blogランキング投票へ

よかったら押して下さい

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (4)

2007年3月10日 (土)

MxPx

また好きなバンドを発見しました。

MxPxです。

 

視聴はこちらから→Listen Japan 2へ

 

いやー、このノリ好きです。声もいいです。

かっこいいっすわー。

 

これで、僕のお気に入りに新たな仲間が加わったことになります。

整理してみます。

 

BUMP OF CHICKEN

ELLEGARDEN

MY CHEMICAL ROMANCE

yellowcard

blink-182

MxPx

 

こんな感じです。

最近バンプの地位が確実に落ちてます。

もし順位をつけるとしたらバンプは最下位に落ちています。

確実にアメリカのバンドが僕の中できてます。

やっぱ趣味って変わるもんですね。

ちょっと前まで、

「洋楽のどこがいいの?何言ってるか分かんないじゃん」

などとほざいていた僕です。

 

 

Mxpx  

↑MxPxです。

 

 

あ、でもまだバンプも好きですから。

何ていうか、バンプというか藤原基央は哲学者的で好きなんですね。

つまり、メロディーとかよりも歌詞がダントツでいいんですね。

僕の中ではそういう認識にチェンジしてきました。

好きには変わりないです。

 

 

人気blogランキング投票

よかったら押して下さい

 

 

--- Ads by kenchan ---

ベスト・オブ MXPX テン・イヤーズ・アンド・ランニング Music ベスト・オブ MXPX テン・イヤーズ・アンド・ランニング

アーティスト:MXPX
販売元:東芝EMI
発売日:2002/12/11
Amazon.co.jpで詳細を確認する

【コメント】

僕の新しいお気に入り。聞いてみて下さい。

 

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年3月 9日 (金)

国会中継をバラエティ番組に

今日国会の中継を見ました。

見たっていってもほんのちょっとですけどね。

何か安倍っちが献金のことで責められてました。

しかもその根拠が誰かが送ったメールでした。

 

なんか見たことある光景でした。

 

 

Photo_110  

 

 

 

 

 

 

 

今日の議題は外交・国防についてだったので、この話題は却下されました。

 

それにしても、興味を持ちだしたばかりの僕にとって、国会での答弁は難しい。

まず政治家は頭が悪いから、難しい言葉ばかり使う。

そしてもちろん僕の知識不足。

大体は分かっても、この質問の狙いが何なのかはよく分からなかったりすることが多いんです。

 

そこで僕は思いました。

 

国会中継に解説を。

 

まず分からないと話にならないんですよ。

それに、安倍っちを筆頭に、何を言ってるか分からない議員って結構いるんです。

だからそれを分かりやすく解説してくれる人がいたらいいなと。

 

何なら民放でバラエティ風でもいいくらいです。

だって国会の議論には、笑っちゃうようなものもあるんですから。

 

「おっと、ここで何やらメールを読み上げましたね。何々?違法な献金ですと?」

「やはり委員長からストップがかかりましたねー。ちょっと今回の議題と違いますからね。早まりましたな」

「おっとしかし、委員長を無視して総理に何か言ってますね」

「お!安倍総理も何やら言い返してますよ?」

「あーっとしかし、ここでオフサイドの旗が上がったー。先走り過ぎましたね。渋々質問を終えました」

 

こんな感じのスポーツ中継風も面白いのではないでしょうか。

そしたらちょっとは国会が近いものになると思います。

ていうか、もしかしたら普通に視聴率取れるかもしれませんよ?笑

マジ奴ら結構どうでもいいことを必死に議論しますからね。

特に不祥事とか失言を言及する時なんかはね。笑えますよ。

 

 

Photo_111  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人気blogランキング投票

よかったら押して下さい

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (3)

疑うというリスクマネジメント

最近変な天気が続いていますね。

朝晴れてたかと思ったら急に雲って雨降ったり。

んで寒いし。

もう3月も中旬に差しかかろうかって時に寒くなるんだからタチが悪いです。

今日も雷雨が降るところがあるとかないとか。

気をつけないといけませんね。

 

しかしまー、天気予報全然当らないですからね。

雨が降るって言っても降らないかもしれないし、降らないって言っても降るかもしれないです。

もうこうなったら自分の感覚の方が信用できる気がしてきますね。

何となく空気が雨降りそうな感じだったら傘持って行くようにしてます。

結果降らないことも多いですが、まぁ降った時に傘がないよりはマシかと。

 

 

----------------------------------------------------------------

【備えあれば患えなし<そなえあればうれえなし>】

ふだん準備がしてあれば、万一の事態が起きても心配しないですむものである。

                                     ~広辞苑より~

----------------------------------------------------------------

 

 

僕はこの言葉好きですね。

失敗のことを事前に考えてるところがいいです。

『もしかしたらダメかもしれない』っていう疑いがそこにはあります。

 

僕の周りのキラキラしてる内定者友達には、これをネガティブと呼んじゃう人もいますが、きっと「リスクマネジメント」なんて言葉に置き換えてあげれば、ネガティブなんて思わなくなるんでしょうね。

ちょっと勉強してる人って、横文字とか専門的な用語とか好きですからね。

ホントくだらない。

 

 

Photo_109  

 

 

 

 

 

 

 

 

人気blogランキング投票

よかったら押して下さい

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年3月 7日 (水)

お酒を飲む日々

完全に飲みすぎました・・・。

昨日は内定者飲みだったんですけど、これが楽しくてですね、そのせいで完全に飲みすぎましたよ。

18時からスタートして朝4時までですからね。

1次会はビールで、二次会は鏡月ですよ。鏡月。グリーンのモンスターですよ。

朝帰って今起きたところなんですけど、全然抜けてませんね。

頭痛とかはないんで大丈夫ですが、これから英会話っていう。

 

I am a drunken person !

 

とか言っとけばいいんでしょ。

 

それにしてもここんとこ凄いですよ。

ここ6日間中、4日間飲んでますからね。しかも全部内定者飲み。

なんかお酒に強くなってきちゃってる自分がいます。

焼酎とかもう全然飲めます。

昔は焼酎なんて匂いだけでダメだったのに。

焼酎飲む練習の成果が出てきたってことですかね。

 

んまぁ酒が飲めるから何だって話ですけどね。

 

 

Photo_107  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人気blogランキング投票

よかったら押して下さい

 

 

--- Ads by kenchan ---

ONE PIECE 巻45 (45) Book ONE PIECE 巻45 (45)

著者:尾田 栄一郎
販売元:集英社
発売日:2007/03/02
Amazon.co.jpで詳細を確認する

【コメント】

人気コミックONE PIECEの最新刊。今さら言うこともないでしょ!

 

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年3月 5日 (月)

学校改革のために

今の学校は何かと問題が多いと言われています。

昨年教育実習に行っていた友人も問題点を多く目にしてきたようでした。

 

学校の何が問題なのでしょうか。

僕が思うに、学校自体が悪いというよりもそれを取り巻く環境だと思います。

例えば保護者であり、教育委員会であり、文部科学省です。

保護者に関しては、こんなことを言っていた友人がいます。

今の親の世代はバブルの時代に青年時代を過ごした人なんだとか。

自分の思うように生きてこれたから、自分の子供についても同じだと思ってしまう。

だから気に食わない教師には遠慮なく文句を言うんだそうです。

僕はバブルの時代をよく知らないから何とも言えませんが、どこか説得力を感じます。

塾講師のバイトをしている時に小学生の親にはホントうんざりしていたので。

 

そしてさらに問題なのは、そういう保護者が出てきた時に事なかれ主義を徹底した教育委員会。

本来、教育を仕事としてきた人たちが強く保護者に対し意見し、学校の権威を守らなければならなかったのではないでしょうか。

そして文部科学省はその事実さえ知らないというのが実体だったのではないでしょうか。

 

学校は板ばさみ状態だったんだと思います。

教育実習に行っていた友人の話もそんな感じでした。

上の方針に従うだけの校長と、現場で苦労する教師の考え方にはかなりの違いがあるそうです。

結局教師もサラリーマンだから、上司には逆らえない。逆らうと昇進できないからです。

そうするともう保護者の言いなり。PTA最強。

教師の威厳はもろくも崩れたのです。

 

この問題をクリアする為にはどうしたらいいのでしょうか。

根本を改善するには、親の教育です。

自ら教育することを放棄し、全ての責任を学校に押し付ける姿勢を直させなければなりません。

しかし、教育には時間がかかります。それに、もう30を越えてるような人間に教育しようとしても、なかなかうまくはいきません。

そうするともう親に対してはルールで縛るしかありません。

国立小学校や私立で見られるように、学校が教育方針を貫けるよう、親には入学前に誓約書を書かせるのです。簡単に言うと、

「私は学校の教育方針に従い、一切文句を言いません」

っていう誓約書です。

簡単に言うとですよ?簡単に言うと。こんな感じってことです。

給食費を払わない家庭の生徒には給食は出しません。

こんなことは社会のルールで考えれば当然のことです。

給食費を払わない親が多いとか嘆いてないで、はっきりルールを決めればいいんです。

その他、先生の指導についてもルールを設定すれば、教師の威厳は取り戻せます。

「行き過ぎた指導」なんて言われることは激減します。

もちろん本当の行き過ぎた指導については学校側でしっかり管理しなければいけません。

 

とりあえずこれで教師と学校の威厳は回復するのではないでしょうか。

これを実行する時には今の保護者から文句がかなり出るでしょうが、それは完全に無視で大丈夫です。

ただわめくだけです。

そして、そのわめく親こそが問題の親である可能性が高いのですから。

よって無視です。無視。

そこさえ乗り切れば、次世代の子供の時にはそれが常識として受け入れられるでしょう。

学校や先生に文句を言ってはいけないんだと。

 

さて、こんなことを言うと、暴力教師が増えるとか、学校の好き勝手にされるとか思うかもしれません。

そこで大事になるのが、それを管理する機関ですね。

そう、教育委員会であり、文部科学省です。

今は保護者から教育委員会の距離が近すぎるんですよ、きっと。

「教育委員会に言うわよ」

なんて言葉はたぶんドラマの世界だけの台詞ではないはずですよ。

 

教育委員会は保護者なんか見ない。

教育委員会は学校を見てればいいんです。

むしろそうでないと、またバランスが崩れてしまうのではないでしょうか。

学校は教育方針をしっかり持ち、誰に遠慮することなくそれに従う。

生徒と親はそれに従う。

従わない者に対しては、厳しい態度で対応する。

しかし、学校が明らかに努力を怠っている場合や、行き過ぎた教育や運営があった場合には、教育委員会が厳しく罰する。

それぞれの役割をしっかり果たせば、教育はすぐに改革できるのではないでしょうか。

 

まぁ僕のいう方法論はどうでもいいとして、要は学校や教師に威厳を!ってことです。

保護者にすら説教できるのがベストでしょう。

 

もちろん、これから親になる僕ら世代にかかる期待と責任は大きいです。

僕ら次第では政府が何もしなくても教育問題はクリアされるかもしれませんから。

 

 

Photo_10  

 

 

 

 

 

 

 

人気blogランキング投票

よかったら押して下さい

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

楽しんだ者勝ち

僕は思いましたよ。

飲み会ってのは酔ったもん勝ちなんだなって。

どんなに知らない人ばかりの飲み会でも、酔ったら勝ちですよ。

結局自分勝手にでも楽しんだ方がいいってことです。

たまに酔っ払って周りが引くくらいテンション上がっちゃう人いるけど、それもまた良しですよ。

周りに気を使って楽しいわけがないんです。

せっかく体に悪いアルコールを摂取するんだから、楽しくなきゃ!

 

4日連続で内定者飲みだった男の戯言ですわ。

この四日でだいぶ知り合い増えましたから。

 

ていうか、僕の知らないところで内定者かなり仲良くなってた罠ですよ・・・。

 

 

Photo_106  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ別にいいさ。

今回でそれなりに知り合いレベルにはなれた人いるし、大事なのは働き始めてからでしょう。

そもそも群れるのは好きではないですからね。

 

負け惜しみに聞こえますか?

へんだっ。

 

 

人気blogランキング投票

よかったら押して下さい

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 4日 (日)

睡眠は大事なのだ

僕は最近いいことを知りました。

別に何てことはありません。

ただ、

 

深夜番組見ない

 

ってことです。

 

僕はいつも布団に入って暗くしてからもテレビを見てたりしてたのですが、正直そんな面白くて見てるものではなかったんですよね。

でも最近、そうやって見てる深夜番組を消して、真っ暗にして布団に入るようにするとすぐ寝れることが分かったんです。

もう朝快適ですよ。

今日なんか9時間寝ましたからね。

まぁ今は起きる時間が遅くてもいいってこともあるんですけど、これは大きな発見です。

 

眠くなくても案外寝れるっていう

 

 

Photo_105  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たぶん4月から働き始める僕にとっては大発見です。

新大陸を発見したコロンブスの気持ちが分かります。

 

 

人気blogランキング投票

よかったら押して下さい

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年3月 2日 (金)

片山さつきの失言

今日の太田総理は良かったですわー。

議員たち結構苦しそうでしたね。

やっぱ金の問題が一番突っ込まれたくない問題なのでしょう。

結局政治家ではなく政治屋ってことですか。

 

でもこれはホント大事な問題だと思いますよ。

いつまでも政治家の無駄遣いはなくなってないわけですから。

太田総理の言う通り、「政治に金はかかる」っていう言い訳は的外れもいいとこ。

それを前提にしてるからいくら金儲けをしてもいいと思ってしまうんでしょう。

 

ホントこれはもっと本気で国民は怒らなきゃいけない問題なんです。

でも、マスコミの熱が引くと何もなかったかのように問題はうやむやになってしまっている気がします。

クリーンな政治を実現するためにも、政治家が使うお金や集めるお金については、もっと国民が鋭い目を持つ必要があるのではないでしょうか。

 

いやー、それにしても片山さつきの、「(法律ができる過程の)全部の議論を読んだんですか?」発言にはビックリした。

こんなことを国会議員が言うんだからとんでもない。

バラエティ番組での発言だから良かったものの、僕的には議員辞職ものの失言だと思いますよ。

国会での議論を全て知らない人は文句言うなってことですからね。

ようは国民全員黙っとけってことですよ。

信じられません。

 

民主主義って何なんでしょうね・・・。

 

 

Photo_104  

 

 

 

 

 

↑国民を見下してる政治家、片山さつきです。

一刻も早く国会議事堂を去って欲しいですね。

もう小泉政権じゃないんだから。

 

でも今回の出演でたぶん人気は落ちるでしょうね。

はっはっは。

 

 

人気blogランキング投票へ

よかったら押して下さい

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

もう少し老けろ大学生

いやーホント大学生のノリが苦手です。

なんだろうあのキラキラした感じ。

僕がちょっと批判的なことを言うと、すぐネガティブとか言ってくるんですよ。

ネガティブって何?って感じです。

僕は物事を疑うことをネガティブなんて思わないけど、どうも彼らからするとそれは超ネガティブなことみたいなんです。

でもまず疑ってから受け入れるスタンスが大事だと僕は言ってるわけです。

全てを疑い、全てを拒絶しろなんて言ってないんです。

どこがネガティブなのでしょうか。

むしろ、思考の段階を挟んでいる分ポジティブです。僕はそう思います。

 

もう何がネガティブで何がポジティブなのか分かりません。

アホみたいにYESマンになればポジティブなのでしょうか。

分かりません。

 

だから僕は早く働きたいんです。

働けば僕も辛い思いをするでしょうけど、少なくとも今みたいな軽い会話は減ると信じています。

今キラキラしてる人たちも上司の愚痴とか言うんだろうなと思うと、ちょっと嬉しく思ってしまう自分がいます。

嫌な奴ですね、僕は。

でも本音です。

愚痴を言うことが良い事というつもりはないですけど、物事の悪いところも見なきゃいけないと思うんです。

 

とりあえず先輩社員とかはみんな同期は大事って言うし、できる範囲で付き合っていこうとは思ってます。

決して無理はしませんけどね!

自分崩してまで付き合っても良いことないのはもう学んでますからっ!

 

 

人気blogランキングへ

よかったら押して下さい

 

 

| | コメント (1) | トラックバック (3)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »