« 楽しんだ者勝ち | トップページ | お酒を飲む日々 »

2007年3月 5日 (月)

学校改革のために

今の学校は何かと問題が多いと言われています。

昨年教育実習に行っていた友人も問題点を多く目にしてきたようでした。

 

学校の何が問題なのでしょうか。

僕が思うに、学校自体が悪いというよりもそれを取り巻く環境だと思います。

例えば保護者であり、教育委員会であり、文部科学省です。

保護者に関しては、こんなことを言っていた友人がいます。

今の親の世代はバブルの時代に青年時代を過ごした人なんだとか。

自分の思うように生きてこれたから、自分の子供についても同じだと思ってしまう。

だから気に食わない教師には遠慮なく文句を言うんだそうです。

僕はバブルの時代をよく知らないから何とも言えませんが、どこか説得力を感じます。

塾講師のバイトをしている時に小学生の親にはホントうんざりしていたので。

 

そしてさらに問題なのは、そういう保護者が出てきた時に事なかれ主義を徹底した教育委員会。

本来、教育を仕事としてきた人たちが強く保護者に対し意見し、学校の権威を守らなければならなかったのではないでしょうか。

そして文部科学省はその事実さえ知らないというのが実体だったのではないでしょうか。

 

学校は板ばさみ状態だったんだと思います。

教育実習に行っていた友人の話もそんな感じでした。

上の方針に従うだけの校長と、現場で苦労する教師の考え方にはかなりの違いがあるそうです。

結局教師もサラリーマンだから、上司には逆らえない。逆らうと昇進できないからです。

そうするともう保護者の言いなり。PTA最強。

教師の威厳はもろくも崩れたのです。

 

この問題をクリアする為にはどうしたらいいのでしょうか。

根本を改善するには、親の教育です。

自ら教育することを放棄し、全ての責任を学校に押し付ける姿勢を直させなければなりません。

しかし、教育には時間がかかります。それに、もう30を越えてるような人間に教育しようとしても、なかなかうまくはいきません。

そうするともう親に対してはルールで縛るしかありません。

国立小学校や私立で見られるように、学校が教育方針を貫けるよう、親には入学前に誓約書を書かせるのです。簡単に言うと、

「私は学校の教育方針に従い、一切文句を言いません」

っていう誓約書です。

簡単に言うとですよ?簡単に言うと。こんな感じってことです。

給食費を払わない家庭の生徒には給食は出しません。

こんなことは社会のルールで考えれば当然のことです。

給食費を払わない親が多いとか嘆いてないで、はっきりルールを決めればいいんです。

その他、先生の指導についてもルールを設定すれば、教師の威厳は取り戻せます。

「行き過ぎた指導」なんて言われることは激減します。

もちろん本当の行き過ぎた指導については学校側でしっかり管理しなければいけません。

 

とりあえずこれで教師と学校の威厳は回復するのではないでしょうか。

これを実行する時には今の保護者から文句がかなり出るでしょうが、それは完全に無視で大丈夫です。

ただわめくだけです。

そして、そのわめく親こそが問題の親である可能性が高いのですから。

よって無視です。無視。

そこさえ乗り切れば、次世代の子供の時にはそれが常識として受け入れられるでしょう。

学校や先生に文句を言ってはいけないんだと。

 

さて、こんなことを言うと、暴力教師が増えるとか、学校の好き勝手にされるとか思うかもしれません。

そこで大事になるのが、それを管理する機関ですね。

そう、教育委員会であり、文部科学省です。

今は保護者から教育委員会の距離が近すぎるんですよ、きっと。

「教育委員会に言うわよ」

なんて言葉はたぶんドラマの世界だけの台詞ではないはずですよ。

 

教育委員会は保護者なんか見ない。

教育委員会は学校を見てればいいんです。

むしろそうでないと、またバランスが崩れてしまうのではないでしょうか。

学校は教育方針をしっかり持ち、誰に遠慮することなくそれに従う。

生徒と親はそれに従う。

従わない者に対しては、厳しい態度で対応する。

しかし、学校が明らかに努力を怠っている場合や、行き過ぎた教育や運営があった場合には、教育委員会が厳しく罰する。

それぞれの役割をしっかり果たせば、教育はすぐに改革できるのではないでしょうか。

 

まぁ僕のいう方法論はどうでもいいとして、要は学校や教師に威厳を!ってことです。

保護者にすら説教できるのがベストでしょう。

 

もちろん、これから親になる僕ら世代にかかる期待と責任は大きいです。

僕ら次第では政府が何もしなくても教育問題はクリアされるかもしれませんから。

 

 

Photo_10  

 

 

 

 

 

 

 

人気blogランキング投票

よかったら押して下さい

 

 

|

« 楽しんだ者勝ち | トップページ | お酒を飲む日々 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146160/5583864

この記事へのトラックバック一覧です: 学校改革のために:

» Viagra cialis levitra buy cheap cialis buy ciali. [Buy viagra online uk cialis levitra.]
Link buy cialis cheap. Buy cialis phentermine. Buy cialis. Buy cialis online. Cialis best price buy online. Buy cialis you can found more info here. [続きを読む]

受信: 2007年3月23日 (金) 17時23分

« 楽しんだ者勝ち | トップページ | お酒を飲む日々 »