« 病院に押しかける日本人 | トップページ | 専門用語が思考を変える »

2007年5月 2日 (水)

赤ちゃんポスト

なんとも悲しいニュースを発見しました。

以下抜粋です。

---

親が育てられない赤ちゃんを匿名で受け入れようと、熊本市の慈恵病院が設置を進めていた国内初の「赤ちゃんポスト」(こうのとりのゆりかご)が1日完成し、熊本市保健所の検査に合格した。病院は関係機関と最終的な打ち合わせの後、10日にも運用を始める。

 病院1階の新生児相談室の外壁に穴を開けて扉を付けた。中にある温度を36度に保ったベッド型の医療機器に赤ちゃんを直接置くことができる。扉を開けるとブザーが鳴り、2階に24時間態勢で詰めているスタッフが駆け付ける。

 ポストについては「命を救う緊急措置」「捨て子の助長につながる」と賛否が分かれている。

(SANSPO.comより)

---

 

この赤ちゃんポスト自体が悪いとは思いません。

救えるのに救えていなかった赤ちゃんの命があるなら、これで救えることでしょう。

しかし、やはりこれは表面的な問題解決でしかありません。

『子供を育てられない』という根本の問題は残されたままです。

表面的な問題解決は、必ず根本を治す施策と同時に進行させなければ、結局その表面的な問題解決の方法も持たないでしょう。

 

Photo_128

 

 

 

 

 

 

 

ではなぜ人は赤ちゃんを捨てるのでしょうか。

こういう時は『なぜ?』を5回繰り返すと問題の根本が見えると研修で習いました。

 

事実:「捨てられる赤ちゃんがいる」

なぜ1:「なぜ、赤ちゃんが捨てられるのか?」

→経済的に困難だから

なぜ2:「なぜ、子供を育てるお金がないのか?」

→働いていないから(仕事がないから)

なぜ3:「なぜ、働いていないのか?」

→雇ってくれる会社がないから

なぜ4:「なぜ、会社は雇ってくれないのか?」

→新しい人を募集していないから

なぜ5:「なぜ、会社は新しい雇用をしないのか?」

→人件費に回す予算がないから

 

「捨てられる赤ちゃんがいる」のは、「会社が人件費に回す予算がないから」ということになりました。(もちろん違う答えもあると思います)

つまり問題を解決するには経済を良くして、新しい雇用を生み出すことが重要なわけです。

しかし、今経済は回復しているとかしていないとか。

だったら、このタイミングで赤ちゃんポストの運用を開始するのは違和感がありますね。

そもそも、「ドイツがやってるから日本でも」というのがあるとは思うんですけど、もうちょっと待っても良かったかなと思います。

 

ただ、この問題はもちろん個人の問題でもあります。

いくら経済が回復し、お金に余裕ができたとしても、“予定外”の赤ちゃんができてしまったら養うのは難しいでしょう。

例えば学生のうちとかです。

そうなれば経済などの社会環境とは全く関係ない、個人の問題となります。

赤ちゃんを作るのか作らないのか。

作るのであれば、今作ったら育てることができるのか。

作らないのであれば、どうやってSEXをするのか。

一人ひとりがこのことを考えることが最も重要なことなのかもしれません。

 

Photo_129  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人気blogランキングへ

↑よかったら押して下さい

 

|

« 病院に押しかける日本人 | トップページ | 専門用語が思考を変える »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

>ハチ
ホント難しい問題だよね。人がみな馬鹿でなければこんなもの作る必要は全くないのにね・・・。

子供は計画的に作らなきゃ駄目だね。それが嫌ならいつでも誰でも養える経済力をつけなきゃね!w

投稿: 健ちゃん | 2007年5月 6日 (日) 19時34分

 僕もこの「赤ちゃんポスト」については自分の中でも考えが分かれているところですよ。

 命を救えるが捨て子助長につながるのではないか。
 
 賛否の難しい問題です。
確かに表面上での解決であるのは否めませんが、将来的なことよりも、今ある命を助けようという結論だったんですかねえ。
 
 予定外の赤ちゃんを作らないようにすることは、若い人たちは特に肝に銘じとかないといけないですね。
 
 

 僕を含め・・・(。。;

 

投稿: ハチ | 2007年5月 2日 (水) 12時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146160/6277622

この記事へのトラックバック一覧です: 赤ちゃんポスト:

» 子供保険比較ランキング [子供保険比較ランキング]
子供保険とは、親が子どもの教育費を計画的に貯めることを目的とした貯蓄性の保険です。子供保険には、15歳や18歳など一定の年齢に達すると満期保険金が受け取れるほか、中学や高校の入学時にお祝い金がもらえるタイプもあります。もし契約者である親が亡くなった場合は、その後の保険料が免除され、商品によっては子供の死亡時に保険金が受けられるタイプもあります。つまり、親の万一に備えると同時に、子どもの教育資金を計画的に準備するためのある保険が子供保険です。... [続きを読む]

受信: 2007年5月 2日 (水) 10時05分

» ベビー用品のセレクトショップ☆ [子育て中のママへ]
ベビー用品のセレクトショップの「徳山ベビー」です☆アイテム数は約4,000点!!!お好みに合わせて、目的に合わせて、お好きな商品をお選びいただけます!世界各国から、珍しいベビーグッズもぞくぞく入荷中☆★☆日本初上陸など、国内ではあまり見たことのない商品もたくさん取り揃えております♪♪♪思わず目にとまる、面白いアイテムも用意しています!!!ぜひごらんください。↓TB STYLE<定番物から日本初上陸商品までベビー用品を各種品揃え!>... [続きを読む]

受信: 2007年5月27日 (日) 06時43分

« 病院に押しかける日本人 | トップページ | 専門用語が思考を変える »