« 母は49歳 | トップページ | できなくなることは、できるようになるということなのだ »

2007年12月18日 (火)

orbital period

BUMP OF CHICKENのアルバムを買った。

僕はびびった。

藤原基央はやっぱり天才だと思った。

歌詞カードが絵本になっていて、絵本のストーリーに曲が組み込まれているような作りになっているんだけど、その絵とストーリーを書いているのが藤原基央だった。

作詞作曲・絵本脚本・絵が藤原基央作だ。

 

このアルバムの曲で、「ひとりごと」という曲がある。

この歌詞の思考が、とても僕に似ている。

僕の思考をパクッたんじゃないかと思うくらいだ。

 

つまり、藤原基央は天才で、僕も天才だってことだ。

 

Photo  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁもちろん藤原基央は僕なんかが足元にも及ばないくらいの天才なわけだけど、それでも僕は彼と似ている思考を持っていると思えて仕方ない。

「ひとりごと」だけでなく、「時空かくれんぼ」も心底共感できる。

彼もかなりネガティブな人間で、日々何かを悲しんでいるに違いない。

女性とうまく付き合えない人間に違いない。

知らないけど。

 

 

ねぇ 君のために生きたって 僕のためになっちゃうんだ

本当さ 僕が笑いたくて 君を笑わせてるだけなんだ ごめんね

BUMP OF CHICKEN「ひとりごと」(アルバム「orbital period」)より

 

orbital period Music orbital period

アーティスト:BUMP OF CHICKEN
販売元:TOY'S FACTORY Inc.(VAP)(M)
発売日:2007/12/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

人気blogランキングへ

↑よかったら押して下さい

 

|

« 母は49歳 | トップページ | できなくなることは、できるようになるということなのだ »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146160/9461968

この記事へのトラックバック一覧です: orbital period:

« 母は49歳 | トップページ | できなくなることは、できるようになるということなのだ »