« できなくなることは、できるようになるということなのだ | トップページ | リーダーは、結果的にリーダーになるのだ »

2007年12月26日 (水)

ビジネスとは騙すことなのかもしれない

最近働いてて思うことがある。

特に、部長以上の偉い人が偉そうに会社の方針とかを語る時に思う。

 

僕らは人を騙して商品を売っているのではないだろうか

 

例えば僕が作っているものなんか、全然生きていく上で必要なものではない。

でも何とか、「欲しい」と思ってもらえるような仕様にしたりしている。

これをビジネスマンに言わせると、「ニーズを生み出す」だそうだ。

もうお腹いっぱいの人を何とか騙して、これもどうですか?これもどうですか?と売りつけるんだ。

もちろん悪い商品を売ってるわけではない会社がほとんどだろうけど、でもやっぱあまり意味のない機能・仕様で売ってる商品は多い。

僕はそれを「騙している」と感じてしまう。

もちろん作っている側が騙そうとしていないことは分かっているし、本当にお客様のためと思って作っている人だって多いだろうし。

一方、本当に消費者を騙しているケースも多く存在しているようだ。

 

だから僕は今どうしたらいいのか分からない。

こう思っているからといって会社をやめるわけではないし。

 

ただ、僕がずっとビジネスという言葉に嫌悪感に似た感情を持つのは、「ビジネス=人を騙すこと」とどこかで思っているからなのかもしれないです。

 

Photo  

 

 

 

 

 

 

 

ホントどうしたらいいものか・・・

 

人気blogランキングへ

↑よかったら押して下さい

|

« できなくなることは、できるようになるということなのだ | トップページ | リーダーは、結果的にリーダーになるのだ »

「嘆き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146160/9573118

この記事へのトラックバック一覧です: ビジネスとは騙すことなのかもしれない:

« できなくなることは、できるようになるということなのだ | トップページ | リーダーは、結果的にリーダーになるのだ »