« orbital period | トップページ | ビジネスとは騙すことなのかもしれない »

2007年12月21日 (金)

できなくなることは、できるようになるということなのだ

駅でゆっくりと歩いてるおばあさんがいた。

抜くスペースがなかったので僕は苛立った。

やがて、向こうの方から電車から降りた集団がやってきて、おばあさんの道をふさいだ。

おばあさんはただ歩みを止め、集団が過ぎるのを待った。

おばあさんは、ゆっくりと歩いていたから止まることができたんだ。

人は歳をとり、早く歩けなくなる。

そして、ゆっくりと歩けるようになるのだ。

電車の中で、手話で会話を楽しむ男女がいた。

駅に着くと、女性だけが電車を降りた。

女性はホームで電車が行くのを待った。

男性は女性に話しかけた。

ドアが閉まり、電車が動くまで二人は話し続けた。

この世には声が出せない人がいる。

そして音の領域を越えて伝えることができる人がいる。

何かができないことは、何かができるということなんだ。

|

« orbital period | トップページ | ビジネスとは騙すことなのかもしれない »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

>由梨さん
ありがとうございます(笑)
たまたま駅で見た二つのシーンから、ふと思ってしまいました。

投稿: 健ちゃん | 2007年12月23日 (日) 18時46分

今日の話感動しました*笑*
確かになぁ~って。

投稿: 由梨 | 2007年12月23日 (日) 13時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146160/9504731

この記事へのトラックバック一覧です: できなくなることは、できるようになるということなのだ:

« orbital period | トップページ | ビジネスとは騙すことなのかもしれない »