« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月29日 (火)

被害妄想ってやつ

冬って寒い。

寒くて暗い。

きっと女性にとっては恐い季節なんだろう。

 

今日の会社帰り、駅から家へ自転車を走らせていた時のこと。

ちょうどT字路に差し掛かったときに、横から一人の自転車に乗った人が僕の前を横切って行った。

僕の家はその人が行く方向。

よってその人が行った方向に僕も曲がった。

後ろ姿から推測するにその人は若い女性だった。

 

彼女と僕の自転車の速度はほとんど一緒だった。

正確には僕の方が少し速かった。

だからちょっとずつ距離がつまっていった。

彼女は後ろの僕に気付いたらしく、一度後ろを振り返った。

完全に後ろを見たわけではない。ちょっとだけ。

僕はちょっとスピードを落とした。

抜くには彼女のスピードと僕のスピードは均衡していたし、家までもう少しだったし。

ところがいつまで経っても追い抜かない僕を彼女は怪しんだらしかった。

それから彼女は2,3回後ろを気にする素振りを見せた。

僕はますますどうしていいか分からなくなった。

このままだと時間が経つにつれて彼女の不安はますばかりだろう。

かといってスピードを上げて彼女に追い抜こうとすれば、彼女の緊張は一気に高まるに違いない。

もし彼女に痴漢や変質者遭遇の経験があれば叫び声をあげるかもしれない。

僕は頭の中で瞬時にあらゆるシュミレーションを行なった。

 

そうこうしているうちに彼女はビューンとスピードを上げ、瞬く間に姿は見えなくなった。

僕はとても虚しい気持ちになった。

彼女は立ち漕ぎで去っていった。

 

Photo  

 

 

 

 

 

--------------------------------------------------------------

【被害妄想<ひがいもうそう>】

他人から害を加えられる、苦しめられるなど、被害をこうむると信じる妄想。精神分裂病のほか多くの精神病に見られる。

                                     ~広辞苑より~

--------------------------------------------------------------

 

まったく。

被害妄想は僕の得意分野だぞ。

僕がやられてどうするんだよ。

 

 

★★ 本日の英語 ★★

Take it like a man.

MY CHEMICAL EOMANCE「YOU KNOW WHAT THEY DO TO GUYS LIKE US IN PRISON」(アルバム「THREE CHEERS FOR SWEET REVENGE」)より

 

これは訳すと、「男らしくやろうぜ!」ということらしい。

かっこいいっすね。

 

 

人気blogランキングへ

↑よかったら押して下さい

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月28日 (月)

お年寄りにもインターネットを知って欲しい

今週の木曜日に、一つの仕事の打ち上げがある。

新人の僕はその幹事を任されている。

みんなの都合を聞き、お店を予約し、また出席者に連絡する。

時間・お店の場所を教えるのです。

今はインターネットがあるから、メール2往復くらいでその作業は全て終わります。

 

ところが

 

出席者の中に一人、インターネットを使えない方がいる。

携帯のメールはするみたいなんだけど、ネットで地図を見るとかはできないらしい。

僕がメールで地図のリンクを貼っても、「地図を送ってくれ」と言われた。

もちろんそう言われれば送るしかないので送った。

でも環境問題にそれなりに取り組みたい僕としては不本意だ。

メールだけで済むところを紙を使い、さらに宅配便によって排気ガスを撒き散らすことになってしまったのだから。

 

歳を取ると何かを学ぼうとする意欲は失われていくのだろうし、何となくパソコンというのはお年寄りが寄り付きにくいようなイメージを作ってしまった。

でも別にやれば難しいことはないと思うんだが・・・。

まぁこればっかりは実際に歳を取ってみないと分からないんだろうけども。

 

ただお年寄りでもインターネットを駆使してる人はたくさんいると思う。

以前、ココログに引っ越してくる前に書いていたブログに60歳を越えた人からコメントを頂いたこともあるし。

おそらく「できない」と言う人は「やったことがない」だけなんだろう。

うちの両親を見るとよく分かる。

「分からない。やって」と言われ、「やってみたの?」と聞くと、「やってない」と返ってくる。

じゃあできるわけがないだろうという話だ。

 

お年寄りにおいても、「自分は年寄りだからインターネットは使えない(使わない)」なんて弱音は吐かないで欲しい。

インターネットは本当に便利で、近年人間が開発したものにしては珍しく環境に優しい。

だからどうかちょっとだけでもお年寄りにもインターネットを勉強して欲しい。

行政がやってるパソコン講座なんて行かなくていいから、孫とのメールとかから初めて、色々なページを見てれば自然と覚えるはずです。

 

避けられる紙・二酸化炭素の排出は避けましょう!

 

Photo  

 

 

 

 

★★ 本日の英語 ★★

The choice was mine I didn't think enough

blink-182「adam's song」(アルバム「Enema of the State」)より

 

こういうことあるわー。

僕なんか思ったことすぐ口に出してしまうから、その判断がちゃんと考えられていないことなんかしょっちゅうある。

んで人の意見を聞いて考えが変わることもね。

 

人気blogランキングへ

↑よかったら押して下さい

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月27日 (日)

陰日向に咲く

今日は映画を見に行きました。

「陰日向に咲く」です。

劇団一人の小説が原作になってるやつです。

 

面白かったです。

お客さんは少なめだったけど、ほとんどの人が泣きながら映画館を出ていました。

当然僕は泣きませんが(笑)

でも本当に面白かったし、感動する場面もありました。

僕に“泣く性質”があれば泣いていたでしょう。

 

でも僕はいつもドキュメントとか、メッセージ性の強い作品を見ることが多いから、こういうのを見るとどういう感想を持てばいいのか分からなくなります。正直。

面白かったことは面白かったんだけど、その後何か残るかっていうとそうではないのが違和感あるんですね。

その場の楽しみこそがエンタテイメントであって、映画にもその一面があるので、見てる間とその直後楽しい思いができればOKなんだろは思うのですが・・・。

 

なので感想は、ただ面白かった。

それだけです。

別に悪い意味ではなく(笑)

 

陰日向に咲く Book 陰日向に咲く

著者:劇団ひとり
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↑原作

 

ところで、「陰日向」って何だろう?

 

--------------------------------------------------------------

【陰日向<かげひなた)】

①日のあたらない所と日のあたる所。

②人の見ている所と見ていない所とで言行を違えること。

                                    ~広辞苑より~

--------------------------------------------------------------

 

「陰」と「日向」ってことね・・・・・・・・・

 

 

そのまんまかーいっ!!

 

 

 

★★ 本日の英語 ★★

I can't believe that we still can't begin to control what we have

BETTER LUCK NEXT TIME「Doin' Time」(アルバム「START FROM SKRATCH」)より

 

 

人気blogランキングへ

↑よかったら押して下さい

 

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年1月25日 (金)

「政治家は理想を語れよ!」

ふと思った。

アルコールが入っているせいか、電車の中でふと思った。

護憲か改憲かについて。

 

僕は断然護憲派なんだけど、改憲派はいるし、それが与党だ。

安倍はもう総理大臣ではないけど、改憲はいつか実行されるんだと思う。

 

改憲派はいつもこう言う。

この憲法は時代に合っていないと。

(アメリカが作った憲法だから変えるっていう意見もありますが・・・)

 

僕はこれを聞く度思います。

何のための憲法だよと。

時代に合っていないなんて理由で憲法を変えられるなら、もはや憲法なんてあってないようなものだ。

現実が変な方向に行かないようにするための憲法じゃないのかよ。

まぁ過去に作ったものの方が間違っていたという議論はあって当然だとは思いますが、憲法9条に関しては違うと思う。

「戦争はしない」

に何の異論があろうか。

まぁこう言うと改憲派の意見は、「我々も戦争には反対だ」となるんでしょうけどね。

でも戦争を援助することは戦争をするのと変わらんでしょ。

 

でも「我々も戦争には反対だ」は本音なのだと思う。

誰も戦争なんてしたくない。

一部の、戦争をすると金が儲かる人を除いては。

改憲派は、戦争には反対だけど、現実の問題を考えると止むを得ないということなのだろう。

理想ばかり言ってられないってことか。

 

でもおかしいな。

政府はいつだって、自分達の理想を実現してきたじゃないか。

誰が反対したって、禁じ手を使ってても実現してきたじゃないか。

国民がいくら反対したって関係ない。

権力を使って強引にやる。

 

だったら、もし「戦争をしない」が理想だと認めるなら、それを実現しろよと僕は思うわけです。

いつもやりたいようにやってる奴が、「現実は甘くないんだ」なんて言っても説得力ゼロだっつーの。

 

Photo  

 

 

 

 

 

 

 

 

★★ 本日の英語 ★★

Take a chance and bet on something new from this irrelevant point of view.

BETTER LUCK NEXT TIME「MOTIONLESS」(アルバム「BETTER LUCK NEXT TIME」)より

 

ちなみにタイトルの台詞は、「太田光が総理大臣だったら・・・秘書田中」で太田光が言った言葉です。

いいこと言いますね。

 

人気blogランキングへ

↑よかったら押して下さい

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月24日 (木)

北と南

うほー寒い!

今日めっちゃ寒い!

北風強すぎ。

駅から北へ真っ直ぐチャリを漕ぐ僕には酷ってもんだぜ。

まぁその分行きは楽チンなわけだが。

行きはよいよい帰りは何たらってか!

 

しかしこうも北風が冷たいと「北」という文字自体の温度が低く思えてくるなー。

文字として、「暖かい北風」なんて違和感ありまくるもんなー。

文字に持っているイメージってあるんだよなー。

でももし北の方が暖かかったら、「北」という文字には暖かいという印象を持ってるわけでしょ?

今となっては想像できないなー。

あ、それとも、もし“今の”北が暖かかったら、それは「南」と呼ばれていたのかもしれないな。

もちろん、今の「北」と「南」が何故そう呼ばれているのかという由来によるんだけど・・・。

でも面白いな、言葉って。

 

とりあえず、北風は寒い!

 

Photo  

 

 

 

 

 

 

★★ 本日の英語 ★★

We lost another one that we sent with a gun

YELLOWCARD「two weeks from twenty」(アルバム「LIGHTS AND SOUNDS」)より

 

今夜は晴れてるから、明日の朝も寒いぜー。

 

 

人気blogランキングへ

↑よかったら押して下さい

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月23日 (水)

参加するだけで何かを得た気になるな!!

今日、会社でとあるオランダ人の講演会がありました。

一応僕も参加してみました。

うちの課の人もほとんど参加していました。

席に座ると、僕の斜め前に上司が座っていました。

上司は講演の最中、ちょいちょい寝ていました。

僕もちょいちょい寝ていました。

だってつまらなかったから。

英語で話しているから何か立派なように聞こえてくるような気がするけど、実際は通訳を介していることもあり、内容がほとんどない講演だった(と思います)。

やがて休憩の時間になりました。

この休憩の時間に限り、入退出可となっていたので、僕は迷わず退出しました。

僕の斜め前に座っていた上司は、トイレに行ってまた戻ったようです。

僕は自分のフロアに戻り、仕事に戻りました。

上司をはじめ、課の先輩方はその1時間後に戻ってきました。

上司は戻ってくるなり言いました。

「健ちゃん、途中で出て行ったでしょ!」

僕は言いました。

「はい」

上司は不満そうでした。

「こんな機会めったにないんだから」とでも言いたげでした。

でも僕は思います。

せっかく出席していても、寝ていては意味ないと。

 

何かに参加するだけで満足して、何かを得た気になる人がたまにいますが、今回の講演会に参加していた人の大半がそれです。

僕は、寝てしまうほど退屈な講演会で、しかも任意参加だったので途中退出したまでです。

英断だったとはっきりいえます。

僕を不満そうな目で見る上司にはまず、自分の判断の間違いに気付いて欲しいです。

 

Photo  

 

 

 

 

 

 

 

 

★★ 本日の英語 ★★

I just hope we never hear from you again

YELLOWCARD「TWENTYTHREE」(アルバム「OCEAN AVENUE」)より

 

 

人気blogランキングへ

↑よかったら押して下さい

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月22日 (火)

ドラクエという教科書

久しぶりにDSでドラクエをやって思いました。

このゲームは想像力を養っているのだと。

町から町へ移動するにも、

「この装備で平気か。途中で敵が強くならないだろうか」

「レベルをもっと上げておいた方がいいだろうか」

「装備はこっちの町で整えるべきか、向こうの町に着いてから、より強い装備をするべきか」

など、様々な状況を考え、無意識的であれ、頭でシュミレーションをするのです。

リスクマネジメントを学んでます。

ダンジョンに突入し、ボス戦へ挑んで負けてしまった時も、

「このダンジョンは長い。ボスへ着くまでにこれくらいのアイテムは消化してしまうだろう」

「この前の感じだとまだボスには勝てない。もっとレベルを上げよう」

「あのボスの攻撃パターン、属性だと、レベルを上げずともアイテムや補助魔法で上手く戦えば勝てるぞ」

などとあらゆる戦術を考えます。

やり直しのきくゲームだからこそ、過去の失敗から学ぶことができます。

 

今のドラクエはひどく難易度が下がってしまって、なかなかこういった状況にはなりにくいようですが、僕ら世代は小学生の時から何気なくドラクエをやっていたのです。

まぁFFでもいいんですけどね。

僕らは知らず知らずドラクエを先生に色々な訓練をしていたのだと、今になって思います。

 

だからこそ今の子供たちが心配です。

簡単なゲームばかりだし、それこそ現実に即してしまっていたりする。

まったく馬鹿げた話です。

せっかくの素晴らしい教科書を・・・。

ゆとり教育の波が実はゲーム業界にも押し寄せていたのですね。

 

しかし幸いにも、Wiiでは昔のファミコンソフトが遊べるとか。

だったら是非ドラクエなどの昔ながらのRPGをやらせましょう。

単純で、自分が頭を使わないとクリアできないような。

あるいは、すごい努力しないとクリアできないような。

そんなゲーム。

 

ゲームは昔から教育面では悪影響だとばかり言われてきましたが、それは大きな間違いなのではないでしょうか。

ゲームは頭を使うのです。

クリアするための工夫を人に求めるのです。

そうして子どもは成長するのです。

本当の人生はリセットが効かないのだから、すぐにリセットできてしまうゲームはダメだって?

そんなの関係ないっす。

ゲームはゲームだから。

リセットできるからやり直しがきき、失敗の学びをまたリトライに活かせるんじゃないか。

それはきっと子どもが成長するのに重要な要素のはずだ。

 

Photo  

 

 

 

 

 

★★ 本日の英語 ★★

I am the one who can't be saved

YELLOWCARD「afraid」(アルバム「Paper walls」)より

 

どうだー。

意味わかんないだろー。

こんな意味分かんないこという僕も、“救いようのない奴”なんだろうな!

 

人気blogランキングへ

↑よかったら押して下さい

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月20日 (日)

PEACE BED  ジョン・レノンvsアメリカ

今日は朝から映画を見に行きました。

タイトルにある「PEACE BED ジョン・レノンvsアメリカ」というジョン・レノンのドキュメント映画です。

サブタイトルでも分かる通り、ジョン・レノンの反アメリカ体制についてのドキュメントです。

 

僕はビートルズ世代でもないし、洋楽に興味を持ったのはここ1,2年のことだから、全然ジョン・レノンのことは知りませんでした。

ホントに、ビートルズのメンバーであったということくらいの知識だけだったんです。

でもこの映画を見て、僕はジョン・レノンが好きになりました。

彼は本当に平和を望んでいて、その為に自分に何ができて、しかも効果的にやるにはどうすればいいのかを本当によく考えていたのだと思います。

そして彼にはそれが実行できる実力と度胸があった。

ホント凄いと思います。

僕がアーティストを羨ましく思うのはこういうことなんですよ。

分かりやすい形で世の中にメッセージを発信できる。

歌とか絵とか詩で。

 

でも僕にはそんな才能ないし、今から努力してそこを目指すのも現実的じゃない。

だったら僕に何ができるのかって、映画を見ながらずっと考えてました。

でも答えはすぐに出ません。

でも、もっと発信していかないけないんだろうなって思ってます。

今の世界ってホントにおかしくて、いくら国民が反対しても、結局一部の政治家がやるっていったらやることになってしまう。

マスコミ何かが問題として取り上げると一時的に政治家達は立ち止まったりもするけど、マスコミが違う問題に夢中になったら、そのことはなかったかのようにまた動き出す。

国民も新しい問題の方に関心がいってしまい、結局何も変わらない。

僕たちは結局何もできていない。

たまに文句を言うけど、ブームで終わる。

もうウンザリだよ。

民主主義って何なんでしょう。

ホントただの詐欺用語にしか思えません。

 

何か世界を変えることできないかな・・・。

でも僕は実に平凡で、特別な能力もない。

だからって自己満で終わるような主張じゃ意味ない。

影響力はわずかでも確実に効果があることをしたい。

自分が政治家になってしまうって選択肢はずっと考えてるけど、実際になるプロセスを考えると気が遠くなる。

でもやっぱり僕は徐々にやっていくしかないんだろうな・・・。

悲しいけど無力だから。

 

でも、環境問題、反戦はずっと言い続けて、いつか 僕がパワーを得たときに何か変えられるようにしたい。

うん、頑張る。

アメリカなんて糞だぜ!!!!!!!!!!!

 

そうそう。

アメリカが糞といえば、この映画を見てまた改めて知ってしまったのが、

「アメリカ政府は敵をいとも簡単に殺してしまう」

ということ。

キング牧師も、ジョン・F・ケネディも、ジョン・レノンも、みんな殺されました。

世界中でアメリカ政府は殺人を繰り返しています。

一部の利権も守るため、そしてさらなるマネーを得るため。

マジで腐ってます。

アメリカの国民性や文化は好きだけど、政府はこれ以上にないくらい腐ってます。

そしてそれが結局は通ってしまっている世界は絶対におかしいんです。

僕みたいな主張は世界中にあるし、アメリカを嫌いな人は、それこそ世界にはたくさんいる。なぜか日本には少ないですが・・・。

でも何も変わらない。

人々にはパワーがない。

外からの発言は、奴らの耳には入らないのです。

そう考えると、最期はアメリカ式でいくしかないのかもという発想にもなり得ます。

対アメリカ戦争です。

アメリカを倒すための戦争なら、それを絶対に最期にするという条件で、有なのかもしれません。

でもアメリカ国土を攻撃するわけにはいかないので、やはり難しい問題です。

うまく政治関係者と軍隊だけ潰せないでしょうか・・・。

 

とにかく!

ホントにこのままではいられない!

どげんがせにゃならんのは宮崎なんかじゃないよ!

 

Photo  

 

 

 

 

 

 

 

 

★★ 本日の英語 ★★

As far as I can tell it's just voices in my head

SUM41「WALKING DISASTER」(アルバム「UNDERCLASS HERO」)より

 

僕もジョン・レノンのように真剣に考えてみよう。

今はただの口だけ男でしかないけども。

 

人気blogランキングへ

↑よかったら押して下さい

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月19日 (土)

若いお父さんになりたい

今日はサッカー部の練習でした。

川沿いのグラウンドだったのでめちゃくちゃ寒かったです。

まぁ動けばすぐに暖かくなりましたけどね!

 

練習の帰り、先輩(2年目で僕と同い年)の車に同乗させてもらい色々と話していると、なんとその先輩、結婚するというではありませんか!

式の日取りなどは決まっていないものの、もうプロポーズは済んでいるとか。

もう車内のテンションはMAXでした。

社会人2年目で結婚ってのは、最近では早い方でしょう。

うちの会社の男性は結婚早い方だとは思いますが、それでも突然の発表だったのでびっくらこきました。

 

僕はその話を聞いて羨ましくて仕方がありませんでした。

というのも、ほんの2,3日前、僕は突然

「あ、ちゃんと結婚しよ。そして子供作ろ。子供作るなら結婚は早い方がいいな。若いお父さんになりたいもんな」

って思ったんですよ。

なんか出生率もまだまだ微妙だし、晩婚とか言われてるし、その時代の流れには是非逆らいたいとか思いましてね。

まぁ子供は好きですし、何より僕のDNAは残したいですからね(笑)

 

そんなん考えていたから先輩が羨ましくて仕方がありませんでした。

でも心から嬉しかったですね。

他人の幸せをこんなに嬉しく思ったのも久しぶりです。

先輩曰く、「まぁまだ2年は子供無理だろうな・・・。家計的に」だそうで、まぁ現実は厳しいのだなとも思いましたが、でもできない理由を挙げたらキリがないってのも事実なわけで、とにかく僕は先輩が羨ましい!

彼女と別れたばかりでこういう考えに至るのも皮肉なものですが・・・。

 

Photo  

 

 

 

 

 

 

 

とにかくめでたい!

人類よ!せめて個人個人で幸せになれ!

 

★★ 本日の英語 ★★

You can't change the past, nothing will last.

MXPX「SECRET WEAPON」(アルバム「SECRET WEAPON」)より

 

過去のことをどうこう思っても、過去そのものを変えることはできない。

全ての過去が未来に繋がっているなんて思えないこともある。

だったらたまには過去のことはスッパリ切り離してしまい、次へ進めばいいんだ!

次は結婚できそうな人と付き合おっと!

 

人気blogランキングへ

↑よかったら押して下さい

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月18日 (金)

「これ18金なんです」

今日は朝天気が微妙だったし、「東京アメッシュ」で雨の状況を見たらまだ振ってきそうな感じだったので、バスで駅まで行くことにしました。

でもそれが完全に間違いでした。

なぜなら今日は会社近くでフットサルをやる予定があり、それが終わるのが22時。

地元の駅に帰ってくる頃にはもうバスはあまりありません。

 

案の定、僕が地元に帰ってくるとバスはもうほとんどなく、次のバスまで30分も待たなければなりませんでした。

駅から家までは歩いて30分。

バスを待って帰るよりも、歩いて帰った方が早い計算になります。

歩くのは嫌いじゃないので、僕は歩いて帰ることにしました。

 

音楽を聞きながら歩いて、半分くらいまできた時、向こうから一人のお爺さんが歩いてきました。

気に留めることもなくすれ違おうとした時、何やらお爺さんが僕に話しかけているようでした。

僕は結構な音量で音楽を聞いているので、最初話かけられてることに気付かず通り過ぎてしまおうとしてしまいました。

でもお爺さんの様子に気付きイヤホンを外すと、

「駅はこっちで合ってますか?」

お爺さんが尋ねてきました。

「そうですよ。ここ道なりに行けば着きますよ。ちょっと歩きますけどね」

「あ~そうですか。あの、ちょっといいですか?」

「はい?」

「あの私、財布を落としてしまって。家がH市なんですけど、電車代がないんですよ」

「はぁ・・・」

そしてお爺さんは突然腕まくりをして、手首に身に付けたアクセサリーを僕に見せて言いました。

「これ18金なんです。後でお宅に書留で送りますから、お金貸してくれませんかね?」

「いやいやいや。そんなのいらないですよ!どうせ駅まで行けば交番ありますから。お巡りさんに事情説明すれば電車代くらい貸してくれますよ」

「いやホントにこれ18金なんですよ?差し上げますから」

そう言うとお爺さんはその「18金」を外そうとしました。

「いやいや!ホントに!いらないですから!」

僕が強く断るとお爺さんは歩き出すと同時に言いました。

「じゃあいいですよ」

お爺さんはまた駅の方へ向かって歩いて行きました。

 

さてどうなんでしょう。

僕の判断は正しかったのでしょうか。

お金貸してあげるべきだったのでしょうか。

「18金」をもらうという選択肢は有り得ないとしても、お金を貸すってのは、まぁ完全に無しってわけではないでしょう。

ただ僕は正論を言ったまでです。

駅に向かっている人に「電車代を貸して」と言われたが、駅に行けば交番があるから、「お巡りさんに借りた方がいい」とアドバイスした。

実に論理的だと思います。

ただここで思うのは、困ってる相手に論理的に返してどうするんだということです。

論理的でないことをお願いするから「頼み事」なのでしょう。

だからそこは論理を無視して相手の頼みに応えるのは有です。

でも今回のケースでは僕はその選択はしなかった。

なぜなら、僕にはあのお爺さんが本当に困っているように見えなかったからです。

そして何より、すぐ「18金」に物を言わせようとする態度が気に食わなかったからです。

正直、老人相手に冷たいようですが、調子乗るなよと思いました。

だから僕は「交番に行け」と言ったのです。

 

でもお爺さんが実はめっちゃいい人で、あの時は本当に困ってた可能性だって否定できません。

だから僕は自分の判断が正しかったと自信を持って言えるわけではないのです。

こう色々言うのも、もしかしたら僕が冷たい人間であることを認めたくないがためなのかもしれませんし・・・。

 

ただ、「じゃあいいですよ」の捨て台詞に腹を立てた僕が僕であり、僕が僕である限りきっとあの判断しかできないのだろうとも思います。

何はともあれ、滅多にできない貴重な体験だったと思います。

 

あなたなーらどうするー?

 

Photo  

 

 

 

 

 

 

 

 

★★ 本日の英語 ★★

You can blame me for the way things used to be.

BETTER LUCK NEXT TIME「WITHOUT YOU」(アルバム「BETTER LUCK NEXT TIME」)より

 

きっとお爺さんが本当に困ってたのだとしたら、さぞかし僕を恨んでいることだろう。

電車代くらい貸してくれたっていいじゃないかと思っているのかもしれない。

それならそれだ。

別にそれで人から嫌われたって僕は構わないさ。

 

人気blogランキングへ

↑よかったら押して下さい

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年1月16日 (水)

ネガティブパワー

ネガティブはダメだとよく言われます。

なんかちょっとグチグチすると「ネガティブだな~。もっとポジティブになりなよ~」なんて言って来る人間はたくさんいます。

僕はそんなこと言ってる人の方がくだらんと思ってしまいます。

「ネガティブ」という言葉を何も考えもせず口から出してる気がするからです。

なぜネガティブが悪いのか、ちゃんと考えてると思えないのです。

 

なぜネガティブが悪いのでしょうか。

それはおそらく、ネガティブなことを言う人にダメな人が多いからです。

ダメとは何かというと、パワーが出ていないことです。

やる気と置き換えてもいいかもしれません。

そういう人は「ネガティブ」にパワーを吸い取られているのです。

もちろんイメージです。イメージ。

そんな人が多いから「ネガティブにならない方がいい。その方が無難だ」という発送が蔓延するんだと思います。

 

でも一方で、「ネガティブ」からパワーを得る人もいると僕は思っています。

「ネガティブ」の一つに「落胆」があると思います。

落胆するほど何かと真剣に向き合った人は、立ち直った時に知らず知らず何かを得ていることもあるでしょう。

それはある意味、落胆するようなネガティブな人だったから得ることができたパワーです。

他には「怒り」があります。

「怒り」もできればない方がいい感情で、そういう意味で「ネガティブ」と言える気がします。

「怒り」をパワーにするは分かりやすいと思うので、説明は不要でしょう。

僕は圧倒的に「怒り」からパワーを得ることが多いです。

超ネガティブ人間ですからね。

 

要はパワーにできるかどうかなのではないでしょうか。

重要なのは、ポジティブであるか、ネガティブであるかではないんです。

ポジティブだから良いってわけではないし、ネガティブだから良いってわけでもない。

そこを出発点としてどこへ行くか。

何をするか。

きっとそれが大事なのでしょう。

 

表面的な意味は置いといて、真剣にネガティブになっている人は真の意味でポジティブなのだと思うわけです。

 

もし次に「ネガティブ」という言葉を表面的に僕に投げかけてくる輩が現れたらこう言ってやります。

 

「だから何だ」

 

Fuck_you  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★★ 本日の英語 ★★

There was a conscious effort played by me

New Found Glory「Truth Of My Youth」(アルバム「Catalyst」)より

 

意識的な努力を、あたかも無意識的なものに見せようとする。

そういうことってあるよね。

切ないよね。

 

人気blogランキングへ

↑よかったら押して下さい

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月14日 (月)

熱燗の勧め

昨日は久しぶりに飲み過ぎました。

18時半から23時半までだから、時間として5時間だけど、飲み方がよくなかったのかもしれません。

慣れない熱燗を飲んだせいか、めちゃくちゃ酔っ払ってしまいましたわ。

でも熱燗なんていつの間に飲めるようになったんだろ僕。

昔は匂いだけでダメだったのに。

歳取ったんですかねー。

おちょこで飲むから一口でいけてしまって、ガンガン飲んでしまったし。

 

でもあの酔い方はやばい。

めちゃくちゃ楽しい酔い方だったんだけど、気が付いたら泥酔っていう。

帰りのチャリンコでこけたし。

車道から歩道に上がろうとしたら、あの微妙な段差のとこでタイヤがガガガってなって、こけた。

しかも受身をとれないほど酔っていたため、地面に顔面強打。

お酒の飲み方には気をつけねばなりませんね。

でもあまり二日酔いになってないところが凄い。

日本酒をほどほどに飲むのはいいかも。

 

Photo  

 

 

 

 

 

 

 

 

★★ 本日の英語 ★★

Brace yourself kid for the final collapse

zebrahead「BROADCAST TO THE WORLD」(アルバム「BROADCAST TO THE WORLD」)より

 

いいねこのフレーズ。

何も考えず世界を崩壊させようとしている奴には、じゃあ覚悟くらいしてるんだろうなと言いたいね。

 

人気blogランキングへ

↑よかったら押して下さい

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月11日 (金)

新テロ対策特別措置法可決

新テロ特措法が可決されてしまった。

参議院で否決されてるのに、衆議院で再可決ってどういうシステムだよ。

マジ誰か説明してくれ。

僕は本当に勉強不足過ぎて意味が分からない。

 

これでまた日本はアメリカから離れるチャンスを失った。

やがて戦争にも加担するんだろう。

いや、もうしてることになってるのかな。

どうなるんだろ。

日本をどうにかするか、あきらめるか。

みんなはどう考えてるんだろ。

 

もう僕はどうしたらいいか分からん。

これからの日本に、世界に、平和が訪れる日なんて来ない気がしてならない。

絶望だよ。

 

Photo  

 

 

 

 

 

★★ 本日の英語 ★★

All innocence is long gone

SUM41「WALKING DISASTER」(アルバム「UNDERCLASS HERO」)より

 

みんな同罪なんだろう。

何も知らない人も、知ってて何もやらない人も、知っててやる人も。

 

人気blogランキングへ

↑よかったら押して下さい

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年1月10日 (木)

人生は選択の連続のはずだ

あー嫌だね。

遅くまで残業して「忙しい」を連呼する奴。

じゃあ働かなきゃいいのにね。

働くという選択をしてるのは自分だろ。

しかも残業代しっかりもらってるだろ。

文句言ってんじゃねーっつーの。

マジで。

昼飯を食べる時間もない?

昼飯を食わずに仕事をするっていう選択をしてるだけだろ。

自分で。

優先順位を自分で付けてるんじゃねーのかよ。

文句言う前に自分の選択肢をちゃんと見直せよ。

僕らが生きてる人生は後ろを振り返れば一本道だけど、前に広がる道は無数にあるんだぜ。

 

アホか!

 

Photo 

 

 

 

 

 

 

 

 

★★ 本日の英語 ★★

Forget this things called love, it's a waste of time

MxPx「GSF」(アルバム「TEN YEARS AND RUNNING」)より

 

人気blogランキングへ

↑よかったら押して下さい

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 9日 (水)

いい死に方をするために生きる

以前友人とこんな話をしたことがあります。

「自分が寝たきりとかになったり、痴呆とかになって家族を困らせるだけの存在になってしまったらどうする?」

僕がそう聞くと、友人はこう答えました。

「そうなったら死にたい」

僕は言いました。

「もしかしたらそういう風になったら『死ぬ』というアイデアはないかもしれないけどな」

 

僕はまだ若いし、その友人も若い。

だから簡単に「死ぬ」とか言えるし、現実じゃない世界の出来事のように自分の死を考えることができてしまいます。

僕らは年寄りになったことがないから分からないだけなのかもしれないのに。

ちょっと前に読んだ本でこう書かれていました。

 

筋力が低下すると、起き上がれない、着替えられない、入浴ができない、食事、洗面、歯みがきもできない、寝返りも打てないということになります。さらに進むと、声も出にくい、食事も飲み込めない、息をするのも苦しいということになる。(中略)いくら長生きといっても、そこまで望まないという人も多いでしょう。しかし、今、寝たきりになっている九十歳代の人たちも、思いは同じだったはずです。望みはしないけれど、生きてしまう。それが現代です。適当な時期に死ぬというのは、なかなか難しいことなのです。

久坂部羊「日本人の死に時 そんなに長生きしたいですか」より

 

日本人の死に時―そんなに長生きしたいですか (幻冬舎新書 く 1-2) Book 日本人の死に時―そんなに長生きしたいですか (幻冬舎新書 く 1-2)

著者:久坂部 羊
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

死にたくても死ねないんだと、僕はこの本を読んで真剣に考えるようになりました。

だったらどうしようと。

それから僕は、自分の最期を自殺にするのも有なんだと思うようになりました。

こんなことをいうとちょっと危ない人のようにも思えるかもしれませんが、死にたくても死ねない状況になる前に死ぬしかないんです。

死にたい時に死ぬためには。

でも人は死のうとしない限り生きてしまいます。

病気や事故、殺されるといった場合は死のうとしなくても死んでしまいますが、ある程度のところまで生きる人の方が多いでしょう。

だったら死にたくても死ねない状況になる前に死ぬためには、やはり自殺しかないんだと思います。

 

ただ今自殺は、辛いことから逃げるための手段で使われることが多いからいい印象をもたれないんでしょう。

でも、もういいか、十分生きた、これからの人生で今よりよくなることはない、そう心から思えた瞬間にする自殺は僕は実はいいんじゃないかなと思うんですね。

もちろんその判断は難しいし、そんな瞬間は一生訪れない可能性はかなり高いとは思いますよ。

でもそう考えとくのは悪くないなと思います。

 

「最期は自殺」と考えることは常に死を意識して生きることです。

「死」を意識することは「生きる」を意識することと同じだと思います。

そういう意味でも、自殺を考えておく事は悪くなさそうだと、僕は思います。

 

もちろん天寿をまっとうするという哲学も有だと思います。

ただそこを目指すにはそれ相応のリスクが伴うことを知っていた方がいいという話です。

僕はそれは恐いので、“いい時に”死にたいなと思うんです。

 

あ、でもあくまで僕の理想に死に方は、トラックに轢かれそうになっている子供を助けて自分が犠牲になる、です。

 

【新刊】 幽遊白書 [完全版] (1-15 全巻) 【新刊】 幽遊白書 [完全版] (1-15 全巻)

販売元:まんが全巻 楽天市場店
楽天市場で詳細を確認する

 

そしたら僕も生き返る試練与えられると思うんですよねー。

お前はそんなことをして死ぬべき人間じゃないってさ。

 

★★ 本日の英語 ★★

You're not nothing, you're less than nothing.

MxPX「NOT NOTHING」(アルバム「SECRET WEAPON」)より

 

 

人気blogランキングへ

↑よかったら押して下さい

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 8日 (火)

オバマ優勢!!

アメリカ大統領予備選挙が近づいているようですね。

民主党はヒラリーとオバマの一騎打ちです。

以前も書いたと思うんですけど、僕は断然オバマ派です。

彼の政策を知っているわけではないんですけど、彼が黒人であるだけで僕には十分です。

まぁどうやら人望もあるようなので、たぶんちゃんとした人なのでしょう。

なおさらOKです。

 

僕がなぜ黒人だからって理由でオバマを推すかというと、もうアメリカは内部の人間が止めなければならないからですよ。

もうアメリカ以外の国はアメリカをあきらめているので、もう無理です。

だから国内の人間がアメリカを止めなければならないんだと思います。

そのためには不幸を知る人が権力を持つべきだと僕は信じています。

「アメリカ人最高」と思ってる奴が大統領になったら、アメリカは侵略の手を止めないでしょう。

 

黒人は差別の対象であった人種なわけです。

もう時代が違うという意見もあるでしょうが、たぶん差別はあります。

だから少なからずオバマは黒人であることの悲しみを知っていると思うんです。

だからこそ彼は大統領になって、アメリカを動かし、世界平和に貢献できるのではないかと思うんです。

ヒラリーなんて典型的なアホ大統領になりそうじゃないですか。

あれが民主党から出てきたら最悪ですよ。

まぁ当然ヒラリーの人格も知らなければ政策も知らないんですけどね!笑

 

----------------------------------------------------------------

【アメリカ合衆国大統領予備選挙】<がっしゅうこくだいとうりょうよびせんきょ、英:United States presidential primary>

アメリカ合衆国の政党において、その党の公認するアメリカ合衆国大統領候補を選出するための一連の手続をいう。「予備選挙」という概念は、各州での代議員選出方式(予備選挙・党員集会)の一つとして各州の予備選挙を個別にさす場合があるが、ここでは、各州での代議員選出過程を経て、党大会におき政党の正式な大統領候補として選出されるまでの一連の手続を総称する概念として論ずる。

(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

----------------------------------------------------------------

 

ただ、オバマが勝ったとしても、悲しい結末が待っている気がする。

ジョン・F・ケネディと同じ運命に・・・。

 

★★ 本日の英語 ★★

Why is there no reason we can't change

SUM41「No Reason」(アルバム「CHUCK」)より

 

変わることを拒むために、変わらないための理由を探す。

誰だって保守的になる時はあるんだろうな。

でも人間変わらなきゃならん時だってある。

自分大好き人間の僕だって、変わらなきゃって思うことは結構ある。

 

Photo  

 

 

 

 

 

人気blogランキングへ

↑よかった押して下さい

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月 3日 (木)

ゲーム熱再燃

DSとWii買いました!!

Wiiは親へのクリスマスプレゼントでWii FITと一緒に買ったので、僕のじゃないんですけど、DSは僕の!

久しぶりのゲーム購入ですよ。

会社員になってからというもの、あまりゲームやってなかったんで新鮮です。

 

僕は昔から結構なゲーム好きで、小学生の頃なんかはよく親から「ちょっとは外で遊びなさい!」なんて怒られてました。

もちろん外で遊ぶのも好きだったんですけど、やっぱ子供にとってTVゲームってのは魅力的な遊びだったんですよね。

 

でもいつしかゲームをあまりやらなくなってました。

他に遊びを覚えたからでしょうか。

他にやるべきことが増えたからでしょうか。

やらなくなっていた期間で、ゲームは大きく変わったようです。

Wiiなんて凄いですよね、あれ。

もはや十字キーで動かさないんですから。

自分が動いちゃうんですから。

ヒーローを操作して悪を倒すのが基本のゲームは今や、等身大の主人公が現実世界を生きるゲームに変わってきているようです。

Wii FITなんてまさにそうですよね。

まぁあれは目的が普通のゲームとは違いますけどね。

でも僕はそういうゲームがあまり好きではなくて、もっとファンタジーというか、ゲームでしかできないことというか、そういうのを求めてます。

だからとりあえず僕が買ったDSソフトはドラクエのモンスターを仲間にしていくやつです。

敵と戦い、レベルを上げ、呪文を覚え、世界を冒険するのです!

これがゲームでしょ!

 

現実的なゲームなんてゲームじゃねぇ!

現実でできることをゲームでするんじゃねぇよ!

と、Wii FITを買った僕が言っている。

親はせっかくプレゼントしたのに、もうやらなくなっている。

 

まったく。

得てしてああいうので運動不足を解消しようとする輩は、結局は続かないんだ。

僕は悲しいよ・・・。

計33000円だぜ・・・。

 

Photo  

 

 

 

 

 

★★ 本日の英語 ★★

Make my way tomorrows my escape

AMERICAN DIARY「THE GOODBYE CELEBRATION」(アルバム「LIFE WITHOUT LIVING」)より

 

Wii FITも、「これをやればいつか痩せる」という、明日への逃げ道なんだな。

明日からやれば、つまり、始めさえすればいつでも痩せられるっていう・・・。

明日は永遠に来ないっていうのに。

 

ライフ・ウィズアウト・リビング Music ライフ・ウィズアウト・リビング

アーティスト:アメリカン・ダイアリー
販売元:RADTONE MUSIC
発売日:2007/12/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

 

人気blogランキングへ

↑よかったら押して下さい

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »