« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月29日 (金)

働かないために成功商品を開発する

今日は会社で面白い講演を聞いた。

「商品企画力アップ講座」とかいうふざけたネーミングこそ付いていたものの、招いた講師はどうやら有名な人のようだったし、それに内容も良かった。

色々新しい考え方に触れることができたんだけど、中でも僕が一番面白いなと思ったのが、「成功商品を開発すると、従業員の心身が向上する」という考え方だった。

 

成功商品というのは、要は長く売れる商品のこと。

売れる商品を作ると給料が上がるかもしれないし、充実感も得られる。さらに講師の方は、成功商品を作るためには「数撃てば当る」ではダメだと言っていて、だから業務時間もさほど多くならず体の健康にもいいというのだ。

僕は売れる商品を作るのは会社の利益のため、あるいはお客様の満足のためだとしか考えた事はなかった。

だからこの考え方はとても新鮮だった。

 

これほど興味深く感じたのは考え方が新鮮だったからだけではなく、最近読んだ本で言っていたこととリンクしたことも関係している。

資本主義には3種類あって、ヨーロッパの資本主義、アメリカの資本主義、日本の資本主義なんだそうだ。

ヨーロッパの資本主義ってのが、労働者がなるべく働かないようにするためっていう側面があったんだってさ。

機械を導入し、生産性を高め、人間の労働量を減らしたというわけだ。

 

今回の講演で得た考え方もそれに似ていると思ったんだ。

人間には働きたくないという欲望がある。

みんな土日を楽しみにしている。

でもお金が必要だから働かなければならない。

でもやっぱ働きたくない。

だからなるべく楽に働きたい。

それを実現したのが産業革命であり、現代なら「成功商品を開発する」ということなんだ。

 

一般的に、売れる商品を作ろうと思ったらすごい苦労しなければならないと思われている。

でも成功商品を作るのには、さっきも言ったように「数撃てば当る」ではダメで、組織の規模に見合った予算、時間、人的パワーを十分にかけられるだけの数しか撃っちゃならないんだ。

それに、一度成功商品を開発できたら後は楽できるかもしれない。

つまり、成功商品を作ることは楽だってことなんだ。

 

これは今の会社員にとって新しい働く動機となり得るんじゃないだろうか。

「働きたくないから成功商品を作る」

仕事の効率も上がる気がする。

だって働きたくない前提だからね。

 

Photo  

 

 

 

 

 

 

 

 

★★ 本日の英語 ★★

I'm only here cause I want to be

zebrahead「I AM」(アルバム「PLAYMATE OF THE YEAR」)より

 

 

人気blogランキングへ

↑よかったら押して下さい

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月28日 (木)

犬の首輪につけるあの伸びるやつ!!

僕はね、前から腹立ってるものがあるんだよ。

犬の首輪につけるあの伸びるやつだよ。

あの伸びる紐だよ。

あれ何で伸びるんだよ。

伸びる必要ないでしょ。

犬が勝手にふらふら歩いてもいちいち飼い主が振り回されないで済むだけのアイテムでしょ?

あれによってどれだけ周りの人に迷惑かけてることか。

僕はもう2回くらいあれのせいで変なことになってるよ。

つい最近もあったんだ。

ある老人と犬が道の端を歩いていたんだ。

そこへ僕が自転車で通りかかった。

彼らを追い抜こうとした瞬間、犬が突然道の反対側へ横断。

伸びる老人の手に持たれた紐。

そこへ突っ込む僕。

見事一着でゴール!って陸上競技かっ!

しかも、

突っ込んでもさらに伸びる紐。

そりゃ変な空気にもなるわ。

 

Photo  

 

 

 

 

 

あの道具はいずれ禁止になるはずだ。

あんな道具に頼らずちゃんとしつけしてくれよ。

 

 

★★ 本日の英語 ★★

I've been waiting for a good day

NEW FOUND GLORY「Head On Collision」(アルバム「stics AND stones」)より

 

 

人気blogランキングへ

↑よかったら押して下さい

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月27日 (水)

異動に怯える健ちゃん

うちの会社では今まさに内示が出ているところだ。

一昨日からの3日間で発表されるとのことだった。

僕は新人だから基本的には異動は考えられないんだけど、同じ課の中での異動とかは十分にあり得る話なんだ。

それに、異動は部長から直接言われるから、まず内線電話で呼び出されるらしい。

それ自体がちょっと緊張する。

異動云々ではなく。呼び出しが。

あと今回は組織が変わるから、全員に何らかの内示が出るんだ。

だから僕は自席にいるときいつ電話が鳴るか実はドキドキしていたんだ。

 

でも昨日が終わっても僕に内示は出なかった。

じゃあ今日だろうと思っていた。

でも、今日も内示は出なかった。

これって・・・

どういう・・・

もしかして・・・

どこにも行かないってこと・・・?

つまり・・・

クビってことかい?笑

 

あーどうなるんだろ僕。

 

Photo  

 

 

 

 

 

 

★★ 本日の英語 ★★

No one is an innocent and no one can be called perfect

MUCH THE SAME「SKELETONS」(アルバム「survive」)より

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月25日 (月)

9.11はアメリカ政府の陰謀

たぶん前にも書いたはずだけど、今一度発言しておこうと思う。

タイトルの通り、2001年9月11日のアメリカ同時多発テロは実はアメリカ政府の自作自演。陰謀だったんだ。

僕がこう思ったのは一冊の本が原因なんだけど、それでは静止画・動画(DVD)や客観的(と思われる)データであのテロの不可解な点を指摘している。

そして政府の発表が不可解であることから、あれは政府の陰謀だと言っている。

僕はそれに賛同したってわけだ。

もちろん確信はない。

ただ、アメリカとはそういう存在だということなんだ。

もう疑わしきは罰するを適用していいような相手なんだ。

だから僕は9.11はアメリカの陰謀なのだと決め付けることにした。

 

でもなぜこんなタイミングでまたこの発言をしようと思ったのか。

別に新事実が発覚したとかでは全くない。

ただ、陰謀説がこのまま埋もれるのが嫌だということと、最近見た映画と本でこの事実を思い出したから。

悔しいが後者が本当のところだ。

僕はアメリカの自作自演テロを忘れていた時期があった。

まぁそれは置いといて。

 

見た映画は「ワールド・トレード・センター」。

まさにあのテロの時に起った出来事を描いたノンフィクション(?)だ。

ここで興味深いシーンがある。

それは最初のビル倒壊後の様子をニュース番組が報道しているシーン。

キャスターがこう言うんだ。

 

「(前略)現場周辺の方の証言では、ビルは内側から破壊されるように崩れた」

 

これは僕が読んだ本で解説されていた事柄だ。

あれはビルが崩れたのではなく、内部からの爆破。

つまり解体というわけだ。

DVDの映像を見れば内部から爆発が起っているのがよく分かる。

しかも飛行機が突っ込んだ場所とは全く違う下の階から。

9.11における人間ドラマを描き、大衆受けを狙っていたと僕が勝手に思っていた映画でさえ、アメリカの陰謀説をほのめかす表現を残していた。

そのことに僕は驚きを隠せなかった。

陰謀説は僕が思っているよりも有力なのかもしれない。

少なくとも思考を失った日本、それ以外の国では。

 

さらに、今読んでいる本でも気になる表現があった。

あのテロでは19人の実行犯がいたとされているようなんだけど、当日警察に拘束されていたがためにテロに参加できなかったと“されている”ザカリア・ムサウィの言葉がまた興味深いんだ。

自作自演テロの後、逮捕されたムサウィが母親に送ったメッセージの一部。

 

「僕は事件にかかわっていない。でたらめばかりのテレビを信用しないでほしい。やつらは他に人がいなかったから僕に狙いを定め、証拠と証人もでっち上げた。でも、僕は恐れない。陰謀はいつか暴かれる」

 

アメリカ政府の陰謀説のことを言っているのは火を見るより明らかだ。

 

でも僕がこんなことをこんなブログの中で言っても何も変わらない。

日本で陰謀説が広まるわけでもない。

僕は友人の何人かにはこのことを話しているけど、そのうちの半分の人は話をちょっと聞いただけで、「政府がそんなことをするはずがない」と言ってきた。

ちゃんと相手を見てから物を言えよと思ってしまう。

アメリカだぞと。

もうボロボロの戦う力もない奴相手に必殺原爆パンチをお見舞いするような国(政府)なんだぞ。

戦争が大好きな政府なんだぞと。

 

そんな国だから、これからも何するか分からない。

しかも、多くの本ではこれからアメリカは世界で孤立するとか言っている。

追い込まれたアメリカは何をするのか。

僕らは9.11の事例をずっと頭に置いておかなければならない。

アメリカの周りでまた不可解なことが起きたらすぐに反応できるように。

犯人はあいつだ!と指をさせるように。

 

↓参考までにウィキペディアの陰謀説をリンクで貼っておくことに。

アメリカ同時多発テロ陰謀説(自作自演)

 

また、僕が最も影響を受けた書物と、今まで僕が出会った関連作品を。

暴かれた9.11疑惑の真相 Book 暴かれた9.11疑惑の真相

著者:ベンジャミン フルフォード
販売元:扶桑社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↑これは絶対に見て欲しい。DVDで映像も確認できる。丸々信じるのはどうかと思うけど、少なくとも政府の発表よりは信用できると思う。

 

ワールド・トレード・センター スペシャル・コレクターズ・エディション DVD ワールド・トレード・センター スペシャル・コレクターズ・エディション

販売元:パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
発売日:2007/02/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

自爆テロリストの正体 (新潮新書) Book 自爆テロリストの正体 (新潮新書)

著者:国末 憲人
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

華氏 911 コレクターズ・エディション DVD 華氏 911 コレクターズ・エディション

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2004/11/12
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

陰謀説が事実だとしたら、絶対に見逃してはならないことなんだ。

僕たち日本人はブームのようにあるニュースに飛びつき、また新しいニュースが飛び込んでくるとそっちに飛びついてしまって、前のニュースは完全に忘れ去ってしまうけど、もういい加減それの繰り返しではダメなんだ。

僕もしばらく今回の件についての発言はしていなかったけど、忘れないようにこれからもちょいちょいアメリカを突いてやる。 

 

 

★★ 本日の英語 ★★

Whisper in my ear that I'm growing up

YELLOWCARD「LIFE OF A SALESMAN」(アルバム「OCEAN AVENUE」)より

 

 

人気blogランキングへ

↑よかったら押して下さい

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年2月24日 (日)

暗殺って何だ!!

世の中には暗殺ってやつが蔓延っている。

都合が悪い奴、自分の立場を脅かす奴が現れて、どうしようもなくなったら殺してしまうんだ。

それがまかり通っている。

それが今の世の中なんだろう。

反体制的な有力な人物の多くが殺されてきた。

ガンジー、キング牧師、ケネディ兄弟、ジョン・レノン・・・。

 

本当に狂った世界だと思う。

暗殺がまかり通るのは、暗殺をしているのが“権力”だからだ。

犯人を仕立て上げるのは簡単だし、マスコミが騒いでも簡単にうやむやにできてしまっている。

最後には殺せばいいって考えがある以上、そしてその悪事を罰することができない以上、暗殺はなくならない。

つまり、今甘い汁を吸ってる奴らはずっと甘い汁を吸い続けることができるんだろう。

 

ただ覚えておかなくてはならない。

誰かが暗殺された時、その人は正義である可能性が高いということ。

暗殺は暗殺した側の敗北を認める行為であることを。

だってもし口喧嘩で勝てる相手なら殺す必要はない。民衆からの支持を得ているのなら殺す必要はない。

でもどちらも違うから殺す。

それはつまり、自分が間違っているということを自分でも認識しているということなんだ。

まぁ暗殺にも色々あるだろうから一概にはいえないんだろうけども・・・。

 

とにかく。

暗殺なんてことがまかり通る世界は僕は絶対に嫌だ。

認めたくない。

そんな世界で生きていたくない。

暗殺だけじゃないよ。

ちょっと程度を落とせば、少数の反体制派が権力に潰されるなんてことはきっとどこにでもあるんだろう。

理想を掲げ、現実を間違っているという人が潰されていく世界でいいのか。

この世から批判というものがなくなればいいのか。

 

批判したら潰される。

そんなのうんざりだ。

でも誰でも殺されたくはない。

だから、安心して批判できる世の中にするためにも、暗殺なんてものは絶対に撲滅しなきゃいけない。

徹底的に捜査ができる環境にしなきゃいけない。

ただそのためには、どの政府にも属さない世界警察みたいなのがないとダメなんだと思う・・・。

 

だから結局、暗殺はなくならない。

正義の味方はこれからもどんどん殺されていくんだ。

 

人は正義のヒーローが活躍する物語を好む。

それはそれが夢物語だからなんだ・・・。

 

------------------------------------------------------------

【暗殺<あんさつ>】

ひそかにねらって人を殺すこと。多く、政治的に対立している要人を殺すこと。

                                  ~広辞苑より~

------------------------------------------------------------

 

だから僕ら一般人にせめてできることは、誰かが殺された時に、その人が殺されて一番喜んでいるであろう人を想像し、その人を真犯人(実行犯ではなく)だと思い込むことだ。

そいつが罰せられなくても、せめて信用をどん底まで落としてやるんだ。

権力のない僕らにできることは、些細でも批判していくことなんだ。

 

Photo  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうせ何も変わらないのだからやるだけ無駄。そう考える人も多いだろうなー。

めちゃくちゃ分かるけど。

 

 

★★ 本日の英語 ★★

I'll look for your eyes to keep me inside when everything dies

YELLOWCARD「you and me and one spotlight」(アルバム「Paper walls」)より

 

 

人気blogランキングへ

↑よかったら押して下さい

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月23日 (土)

黄砂

今日は凄い風だ。

朝はそんなでもなかったが、サッカーの練習終わって地元についてみたら変が何やら黄色いんだ。

なんだと思ったら風がめちゃめちゃ強いことに気が付いた。

そして砂が舞ってる舞ってる。

たぶんあの黄色い空の正体は砂だったんだな。

 

あれか。

中国の砂漠から飛んでくるあれか。

 

------------------------------------------------------------

【黄砂・黄沙<こうさ>】

①中国大陸北西部で黄色の砂塵が天空をおおい、下降する現象。3~5月頃に多い。日本にまで及ぶこともある。霾。

②黄土に同じ。

③砂漠。

                                  ~広辞苑より~

------------------------------------------------------------

 

まったく目も開けてられなかったよ。

でもまー。

自然現象だし、砂漠がある限り仕方のないことだもんな。

受け入れるしかないよな。

こんな日に選択を干してからサッカーの練習に来た同期。

ドンマイ。

 

Photo  

 

 

 

 

 

↑これは韓国での黄砂。

日本は海を挟んで距離があるからまだマシだけど、大陸ではマジで災害なんだそうだ。

黄砂には有害な物質が入ってるんだってよ。

黄色い砂なんてかわいらしい名前つけてんじゃねーよ!

 

 

★★ 本日の英語 ★★

I never want to act my age

blink-182「WHAT'S MY AGE AGAIN?」(アルバム「Greatest Hits」)より

 

これいいね。

僕はいい加減大人にならなきゃなって思うことも多いけど、僕は僕だと思うことも多い。

どちらかというと後者。

僕のことを子どもと呼ぶ奴もたくさんいるけど、だから何だって感じだ。

だって奴らの言う“大人”ってのはくだらない現実を受け入れろってことだからね。

 

 

人気blogランキングへ

↑よかったら押して下さい

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月21日 (木)

『星になった少年』

今さらだけど見た。

この前フジテレビでやってたのを録画しといて、やっと見れた。

感想は、まぁ面白いかなって感じ。

特別何かメッセージを見つけられたわけでもないけど、動物がかわいかったし(笑)

あと、僕が泣きそうになるシーンがどういうシーンかという確信が持てた。

ズバリ、人が死んだ後のシーンだ。

残された人たちが死んだ人を想う。そんなシーンで僕は泣きそうになることが分かった。

「ペイ・フォワード」でもそうだった。

まぁもちろん泣くまではいかないわけだけども・・・。

 

「星になった少年」には面白い表現が出てきた。

ランディーという像の額に、星座を思わせるような模様があり、それを見て主人公の少年が、「まるで宇宙にいるような気分になる」みたいなことを言ったんだ。

この映画は実話が基になっているそうだが、この台詞が作家が考えたものでないとしたら、生前のこの少年は凄い感性の持ち主だったんだなと思った。

少なくとも僕は、自分が宇宙にいるような気分になったことは一度もない。

 

Photo  

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに宇宙の始まりは、「HΨ=0」という方程式で表せるらしい。

Hは「ハミルトニアン」というエネルギーを表す演算子で、Ψは「波動関数」らしい。(2007,桜井『2112年9月3日、ドラえもんは本当に誕生する!』)

 

意味わかんねーぜ、宇宙。

 

2112年9月3日、ドラえもんは本当に誕生する! (ソフトバンク新書 49) (ソフトバンク新書 49) Book 2112年9月3日、ドラえもんは本当に誕生する! (ソフトバンク新書 49) (ソフトバンク新書 49)

著者:桜井 進
販売元:ソフトバンククリエイティブ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

 

★★ 本日の英語 ★★

I won't be caught living in a dead end job

SUM41「UNDERCLASS HERO」(アルバム「UNDERCLASS HERO」)より

 

うん、これは僕もずっと言い聞かせて置かないとな。

じゃないと油断したらずっと今の会社にいましたなんてことになってしまうかもだもんな。

うん。

 

 

人気blogランキングへ

↑よかったら押して下さい

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月16日 (土)

「リアル鬼ごっこ」

見てきました。

感想。

つまらない。 

設定は面白いけど、ストーリーがつまらな過ぎ。

なんつーか、土曜日9時の日テレのドラマって感じ(笑)

ホント見て損した。

最初は衝撃的な始まり方で、結構期待できたんだけどなー。

 

-----------------------------------------------------------

【尻窄まり<しりすぼまり>】

①後部または下部の方が次第に細くなっていること。

②初めは勢いよく、終りの衰えること。しりすぼみ。竜頭蛇尾。

                                 ~広辞苑より~

-----------------------------------------------------------

 

 

Photo  

 

 

 

 

 

でも原作は面白いとか。

見てないけど。

 

★★ 本日の英語 ★★

I feel my heart wide open and the butterflies fluttering by

BETTER LUCK NEXT TIME「You'll Be Mine Someday」(アルバム「START FROM SKRATCH」)より

 

こういう表現はどういう時に思いつくんだろうか・・・。

うーん。

そういう感覚と表現方法を持っている人が羨ましい。

やはり人生経験がものを言うのだろうか。

それもとただ単に思考の違いなのか・・・。

うーん。

 

 

人気blogランキングへ

↑よかったら押して下さい

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月15日 (金)

かわいいってやつ

「かわいい」って言葉は何なんだろう?

一体どういう意味があるんだろう?

僕の職場は若い女性ばかりだから、「かわいい」という台詞が毎日飛び交っている。

 

服を見て「かわいい」

イラストを見て「かわいい」

お弁当のサイズを見て「かわいい」

 

かわいい服やかわいいイラストなら僕にも理解できる。

そういう感覚は僕も持ち合わせている。

でも中には理解できない「かわいい」もたくさんある。

 

明らかに“かっこいい”人を見て「かわいい」

良いデキの誌面を見て「かわいい」

 

特に今日の「かわいい」にはビビッた。

というのも、僕は最近会社のパソコンの壁紙をzebraheadにしたんだけど、それを見てとある女性社員が「かわいい」と言ったんだ。

さすがに僕は反論した。

「いや、これは“かっこいい”でしょ!」

彼女はすかさず返してきた。

「いや、“かわいい”」

僕はもう苦笑いするしかなかった。

 

一体「かわいい」とは何なんだろうか・・・。

 

------------------------------------------------------------

【かわいい】

《形》(カワユイの転。「可愛い」は当て字)

①いたわしい。ふびんだ。かわいそうだ。

②愛すべきである。深い愛情を感じる。

③小さくて美しい。

                                  ~広辞苑より~

------------------------------------------------------------

 

んまぁ辞書的な意味で言えば、“かっこいいと感じるもの”を「かわいい」と言っても間違いではないっぽいな・・・。

うーん。

言葉の使い分けって難しいな。

ちなみに↓が会社のPCの壁紙で使ってるやつ。

 

Zebrahead  

 

 

 

 

 

これは絶対「かっこいい」でしょ!

少なくとも「かわいい」ではないでしょ!

そこんとこどう!?

 

 

★★ 本日の英語 ★★

Oh baby baby you drive me crazy

KID FINISH「Baby Baby」(アルバム「THIS IS HOW SHE HELD ME」)より

 

これは今日買ったアルバム。

視聴していて良いと思ったから、今日の会社帰りに買おうと決めてたんだ。

そのために朝早く行って、夜残業しないように頑張っちゃったもんね。

ELEVENTY SEVENみたいなピコピコ・ポップ・パンク!・・・・・・・・・?w

 

 

人気blogランキングへ

↑よかったら押して下さい

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月10日 (日)

大航海時代Ⅳ

またDSのソフトを買った。

3連休結構暇だから、3連休中にやり込めるようなやつ。

 

「大航海時代Ⅳ」

 

これ面白い。

マリオパーティオー、パワプロと外れを掴んだ挙句の当りだ。

未知なる大海原に船を出し、貿易をしたり海賊と戦ったり。遺跡を見つけて伝説的なアイテムを見つけたり、他国との信頼を築いたり。

このゲームにはロマンが溢れてるんだぜ!

ポルトガルから出発してもう中国に到達した。

日本も目の前!

今日はフットサル&飲みだからもうあまりできないけど、明日でとりあえずクリアしてやる。ふふふ。

 

------------------------------------------------------------

【大航海時代<だいこうかいじだい>】

15世紀から17世紀にかけて、ヨーロッパ人が新航路・新大陸を発見し、活発な植民活動が諸国に起って、西欧の政治・経済に重大な影響をもたらした時代。発見時代。

                                  ~広辞苑より~

------------------------------------------------------------

 

まぁ時代背景とかを考えるとロマンとか言って目を輝かせてやるようなゲームではないのかもしれないけども・・・。

特に僕は日本人だしな。

まぁゲームだしね。ゲーム。

 

 

★★ 本日の英語 ★★

I've done all I can but her ego is still hard to move

Blink 182「PATHETIC」(アルバム「Dude Ranch」)より

 

 

人気blogランキングへ

↑よかったら押して下さい

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 9日 (土)

下品な男飲み

昨日は職場の人と取引先の人と飲みに行きました。

メンツは全員男。

女性が8,9割を占めるうちの職場でこの状況は珍しい。

まぁ意図的に作り出した状況ですが。

 

この状況で話すことといえばもう決まってますよね。

まーお下品ですよ。

下ネタ下ネタ女性社員の酷評。

みたいな。

普段男は肩身狭い思いしてるからなー。

ちょっとした下ネタやブラックジョークすら言えない雰囲気。

だからこういう男だけの状況になった時は仕方ないんだな!うん!

 

----------------------------------------------------------

【反動<はんどう>】

①一つの物体が他の物体に作用を及ぼすとき、反作用をうけてその物体自身の運動状態が変化すること。ゆりかえし。

②ある動きに対して生ずる反対の動き。

③歴史の潮流に逆行して、進歩をはばもうとすること。

                                  ~広辞苑より~

------------------------------------------------------------

 

普段いろいろと我慢してる人の方が、切れた時恐いとかそういうことと同じですね。

 

 

★★ 本日の英語 ★★

Maybe tonight's the night when it all comes down and we get it right.

MXPX「TOP OF THE CHARTS」(アルバム「SECRET WEAPON」)より

 

 

人気blogランキングへ

↑よかったら押して下さい

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 7日 (木)

「冬型の天気が続きます」

最近天気予報が変だ。

「冬型の天気が続きます」と連日言っている。

冬型冬型冬型冬型・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや冬だし。

 

 

Photo  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

------------------------------------------------------------

【冬<ふゆ>】

(「ひゆ(冷)」の意から。一説に、寒さが威力を「ふるう(振)」意。また、寒さに「ふるう(震)」意。また「ふゆ(殖)」の意からなどともいう)四季の一。秋に次ぎ、春に先立つ季節で、一般には12・1・2の3ヶ月の称。陰暦では立冬から立春までの、10・11・12の3ヶ月。天文学上では、冬至(とうじ)から春分まで、すなわち12月22日頃から3月21日頃まで。四季の中で最も寒い。

                                  ~広辞苑より~

------------------------------------------------------------

 

冬に冬型の天気が続くと騒ぐなんて、どうかしてるぜ。

地球温暖化は人の頭をおかしくしたか・・・。

 

 

★★ 本日の英語 ★★

I'm shining the light on the darkest places

MXPX「THE DARKEST PLACES」(アルバム「PANIC」)より

 

これもいいなー。

見たくないところを直視しないような人間にはなりたくないよね。

まぁ僕は気に食わないことは気に食わないと言ってしまう派だから心配無用だけども。

 

 

人気blogランキングへ

↑よかったら押して下さい

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 6日 (水)

火星人発見!?

NASAが火星で撮影した写真に人影が写っているらしい。

そう聞いて、興味津々で写真を拝見した。

 

驚愕の火星人の写真はこちらから

(写真を拡大して、左の方)

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ人間の形に見えることは見える。

でもそれが火星人かよ。

地球人と火星人の形が同じってとこが怪しい。

てか色的にも岩だろ。

それにあの大きさの生物がいるならなんで今まで発見されなかった!?

そう考えると、99%火星人ではないね。

 

でも、火星の写真を見てちょっと感動した。

ここが火星かと。

まるで地球じゃないかと。

確かに生物がいてもおかしくない感じはする。

いつか個人レベルで宇宙へ出かけることができる時代になったら、案外たくさんの生物が見つかるかもと思った。

 

Photo  

 

 

 

 

 

宇宙人がおちゃめ奴だといいなー。

 

 

★★ 本日の英語 ★★

As I begin to think this over, I've come to realize the hurt inside is nothing more than pain thru compromise.

BETTER LUCK NEXT TIME「TOMORROW, MYBE」(アルバム「BETTER LUCK NEXT TIME」)より

 

妥協による痛み・・・。

妥協ってのは大体、痛みを避けるためにするもんだけどな。

その結果、痛みを感じるってことは、やはり人間は矛盾を抱えて生きているものなんだな。

うん。

 

 

人気blogランキングへ

↑よかったら押して下さい

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 5日 (火)

どん底の時はインプットに専念すべし

あーダメだ。

絶不調だ。

仕事が全部後手後手に回ってしまって全然追いつかない。

今日21時まで残業してやっとどうにかなるかもしれないレベルだ。

しかも体調崩して若干だるいっていう・・・。

よりによってなんで今風邪引くかな。

 

こういう時は何をやっても上手くいかないと決まっている。

だから極力何もしない。

友達と遊んだりするのは避けた方がいいんだ。

変に愚痴っぽくなったりするしね。

今日は大学時代の友人と飲みに行く約束をしていたが、体調不良ということで延期にしてもらった(本当に体調不良だけど・・・)。

先輩に来週飲もうと言われたけど、まだ負のスパイラルは続くかもしれないから再来週にしてもらった。

今はとにかく本を読んだりするようにしてる。

こういう時って案外色々な考えが浮かんでくるもんなんだ。

だから今はインプットの時期なんだと言い聞かせることにしよう。

うん。そうしよう。

 

Photo  

 

 

 

 

 

-----------------------------------------------------------

【隠忍自重<いんにんじちょう>】

じっと我慢して、軽々しい言動を慎むこと。

                                 ~広辞苑より~

-----------------------------------------------------------

 

★★ 本日の英語 ★★

And baby will get crazy we can live it up like there's no tomorrow.

DRIVING EAST「BABY(JUST A LITTLE BIT)」(アルバム「THE FUTURE OF THE FREE WORLD IS RIDING ON THIS ONE」)より

 

明日のことなんて考えずに生きられたらどんなに幸せだろうか。

会社の同期なんて、日曜日の夜に憂鬱になるんだそうだ。

月曜日の仕事のことを考えて。

その点、僕はまだ明日のことを考えていない方なのかもしれない・・・。

 

 

人気blogランキングへ

↑よかったら押して下さい

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 4日 (月)

8割はお年寄りの責任

今日、バスの中でインパクトのある広告を見た。

広告主は警視庁。

広告にはこう書いてあった。

 

Photo  

交通事故に遭う人の4割は高齢者

その原因は信号無視、横断歩道のないところでの横断

8割はお年寄りの責任です

 

 

 

もちろんみのもんたの写真はこんな愉快な顔ではなかったけど(笑)

 

でもこの文言にはインパクトを受けた。

やっぱり責任をお年寄りに持たせるってのは嫌われる風潮があると思うから。

お年寄りだから大目に見よう的な雰囲気。

それを警視庁がお年寄りの責任というのだから驚いた。

 

でもこれは超大事なことだと思う。

まず、年寄りだからって特別扱いする必要はない。

それは、お年寄りには優しくってのとは別でちゃんと考えなきゃいけない。

年寄りだからルールを守らなくてもいいなんてことは絶対にないし、社会に対する責任だってちゃんと負ってもらわなければ、年寄りはいない方がいい存在になってしまう。

まぁ歳を取るとちょっと動くのも辛かったりして、つい横断歩道の手前で渡ってしまったり、ちゃんと信号を確認せずに渡ってしまうこともあるんでしょう。

車が来る前に渡れると思ったところが渡れなかったり。そんなこともあるんでしょう。

でも、そんなことがあるからこそお年寄りに責任を負わせて、そういった事故を繰り返さないことが大事なんだと思う。

だから警視庁のこの広告には好感が持てた。

 

若者も中年も高齢者も、みんな自己の責任で行動することができる社会にしたいな。

その上で、強い者が弱い者を助けるってのがベスト!

 

------------------------------------------------------------

【責任<せきにん>】

①[荘子(天道)]人が引き受けてなすべき任務。

②政治・道徳・法律などの観点から非難されるべき責(せめ)・科(とが)。法律上の責任は主として対社会的な刑事責任と主として対個人的な民事責任とに大別され、それぞれ一定の制裁を伴う。

                                  ~広辞苑より~

------------------------------------------------------------

 

一人一人が責任を負う。

その上で助け合う。

自分で責任を負おうとしない人なんて助ける気になれないよ。

もちろん障害があって責任を負えない人がいることは知ってるけどね。

そういう場合はもっと柔軟に考えないとね。

 

★★ 本日の英語 ★★

Free from the stupid things that I said

YELLOWCARD「SPACE TRAVEL」(アルバム「LIGHTS AND SOUND」)より

 

いやー。

責任の話した時にこのフレーズはないなー(笑)

自分の言葉に責任を持ちたくない的なことでしょ?

でもまぁ・・・・・・・・・・・・あるよね。

しかもしょっちゅうね。

 

Photo_2  

 

 

 

 

 

 

 

 

人気blogランキングへ

↑よかったら押して下さい

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »