« 犬の首輪につけるあの伸びるやつ!! | トップページ | 『明日への遺言』 »

2008年2月29日 (金)

働かないために成功商品を開発する

今日は会社で面白い講演を聞いた。

「商品企画力アップ講座」とかいうふざけたネーミングこそ付いていたものの、招いた講師はどうやら有名な人のようだったし、それに内容も良かった。

色々新しい考え方に触れることができたんだけど、中でも僕が一番面白いなと思ったのが、「成功商品を開発すると、従業員の心身が向上する」という考え方だった。

 

成功商品というのは、要は長く売れる商品のこと。

売れる商品を作ると給料が上がるかもしれないし、充実感も得られる。さらに講師の方は、成功商品を作るためには「数撃てば当る」ではダメだと言っていて、だから業務時間もさほど多くならず体の健康にもいいというのだ。

僕は売れる商品を作るのは会社の利益のため、あるいはお客様の満足のためだとしか考えた事はなかった。

だからこの考え方はとても新鮮だった。

 

これほど興味深く感じたのは考え方が新鮮だったからだけではなく、最近読んだ本で言っていたこととリンクしたことも関係している。

資本主義には3種類あって、ヨーロッパの資本主義、アメリカの資本主義、日本の資本主義なんだそうだ。

ヨーロッパの資本主義ってのが、労働者がなるべく働かないようにするためっていう側面があったんだってさ。

機械を導入し、生産性を高め、人間の労働量を減らしたというわけだ。

 

今回の講演で得た考え方もそれに似ていると思ったんだ。

人間には働きたくないという欲望がある。

みんな土日を楽しみにしている。

でもお金が必要だから働かなければならない。

でもやっぱ働きたくない。

だからなるべく楽に働きたい。

それを実現したのが産業革命であり、現代なら「成功商品を開発する」ということなんだ。

 

一般的に、売れる商品を作ろうと思ったらすごい苦労しなければならないと思われている。

でも成功商品を作るのには、さっきも言ったように「数撃てば当る」ではダメで、組織の規模に見合った予算、時間、人的パワーを十分にかけられるだけの数しか撃っちゃならないんだ。

それに、一度成功商品を開発できたら後は楽できるかもしれない。

つまり、成功商品を作ることは楽だってことなんだ。

 

これは今の会社員にとって新しい働く動機となり得るんじゃないだろうか。

「働きたくないから成功商品を作る」

仕事の効率も上がる気がする。

だって働きたくない前提だからね。

 

Photo  

 

 

 

 

 

 

 

 

★★ 本日の英語 ★★

I'm only here cause I want to be

zebrahead「I AM」(アルバム「PLAYMATE OF THE YEAR」)より

 

 

人気blogランキングへ

↑よかったら押して下さい

 

|

« 犬の首輪につけるあの伸びるやつ!! | トップページ | 『明日への遺言』 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146160/10839050

この記事へのトラックバック一覧です: 働かないために成功商品を開発する:

« 犬の首輪につけるあの伸びるやつ!! | トップページ | 『明日への遺言』 »