« 黄砂 | トップページ | 9.11はアメリカ政府の陰謀 »

2008年2月24日 (日)

暗殺って何だ!!

世の中には暗殺ってやつが蔓延っている。

都合が悪い奴、自分の立場を脅かす奴が現れて、どうしようもなくなったら殺してしまうんだ。

それがまかり通っている。

それが今の世の中なんだろう。

反体制的な有力な人物の多くが殺されてきた。

ガンジー、キング牧師、ケネディ兄弟、ジョン・レノン・・・。

 

本当に狂った世界だと思う。

暗殺がまかり通るのは、暗殺をしているのが“権力”だからだ。

犯人を仕立て上げるのは簡単だし、マスコミが騒いでも簡単にうやむやにできてしまっている。

最後には殺せばいいって考えがある以上、そしてその悪事を罰することができない以上、暗殺はなくならない。

つまり、今甘い汁を吸ってる奴らはずっと甘い汁を吸い続けることができるんだろう。

 

ただ覚えておかなくてはならない。

誰かが暗殺された時、その人は正義である可能性が高いということ。

暗殺は暗殺した側の敗北を認める行為であることを。

だってもし口喧嘩で勝てる相手なら殺す必要はない。民衆からの支持を得ているのなら殺す必要はない。

でもどちらも違うから殺す。

それはつまり、自分が間違っているということを自分でも認識しているということなんだ。

まぁ暗殺にも色々あるだろうから一概にはいえないんだろうけども・・・。

 

とにかく。

暗殺なんてことがまかり通る世界は僕は絶対に嫌だ。

認めたくない。

そんな世界で生きていたくない。

暗殺だけじゃないよ。

ちょっと程度を落とせば、少数の反体制派が権力に潰されるなんてことはきっとどこにでもあるんだろう。

理想を掲げ、現実を間違っているという人が潰されていく世界でいいのか。

この世から批判というものがなくなればいいのか。

 

批判したら潰される。

そんなのうんざりだ。

でも誰でも殺されたくはない。

だから、安心して批判できる世の中にするためにも、暗殺なんてものは絶対に撲滅しなきゃいけない。

徹底的に捜査ができる環境にしなきゃいけない。

ただそのためには、どの政府にも属さない世界警察みたいなのがないとダメなんだと思う・・・。

 

だから結局、暗殺はなくならない。

正義の味方はこれからもどんどん殺されていくんだ。

 

人は正義のヒーローが活躍する物語を好む。

それはそれが夢物語だからなんだ・・・。

 

------------------------------------------------------------

【暗殺<あんさつ>】

ひそかにねらって人を殺すこと。多く、政治的に対立している要人を殺すこと。

                                  ~広辞苑より~

------------------------------------------------------------

 

だから僕ら一般人にせめてできることは、誰かが殺された時に、その人が殺されて一番喜んでいるであろう人を想像し、その人を真犯人(実行犯ではなく)だと思い込むことだ。

そいつが罰せられなくても、せめて信用をどん底まで落としてやるんだ。

権力のない僕らにできることは、些細でも批判していくことなんだ。

 

Photo  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうせ何も変わらないのだからやるだけ無駄。そう考える人も多いだろうなー。

めちゃくちゃ分かるけど。

 

 

★★ 本日の英語 ★★

I'll look for your eyes to keep me inside when everything dies

YELLOWCARD「you and me and one spotlight」(アルバム「Paper walls」)より

 

 

人気blogランキングへ

↑よかったら押して下さい

 

|

« 黄砂 | トップページ | 9.11はアメリカ政府の陰謀 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146160/10733042

この記事へのトラックバック一覧です: 暗殺って何だ!!:

« 黄砂 | トップページ | 9.11はアメリカ政府の陰謀 »