« 働かないために成功商品を開発する | トップページ | 準優勝 »

2008年3月 1日 (土)

『明日への遺言』

見てきました。

最高でした。

絶対泣かない僕がもう少しで目から涙がこぼれるくらいまで泣きそうになりました。

 

話は太平洋戦争後のBC級戦犯の裁判のことです。

撃墜した爆撃機からパラシュートで脱出してきたアメリカ兵を処刑したことで裁判にかけられた岡田中将が、アメリカの無差別攻撃を主張することで裁判を戦います。

このやり取りもとても勉強になりました。

 

でも何と言っても一番感動したのは、岡田中将の潔さと責任感。

これはもう見てくださいとしか言えない。

ここで書いたところで絶対に伝わらない。

絶対にお勧めの映画です。

今まで見た映画の中で一番良かったと言っても過言ではないかもしれない。

 

-----------------------------------------------------------

【戦争犯罪人<せんそうはんざいにん>】

戦争犯罪を犯した人。略称、戦犯。

                                 ~広辞苑より~

-----------------------------------------------------------

 

 

帰宅して、この映画のHPを見てみた。

↓それがこれ 

『明日への遺言』公式ホームページへはこちらから

 

冒頭にプロデューサーからのメッセージがあった。

僕は「平和ボケ」という言葉は大嫌いだけど、若い世代が世界情勢や政治に無関心だということは否定できないと思う。

実際、今日行った映画館ではたぶん僕より若い人は一人もいなかった。

見渡す限りお年寄りばかりだった。

たぶん実際にあの時代を生きた人と、親から話を伝え聞いている人たちだ。

つまり、あの時代を知っている人しか関心を示していないんだ。

僕は自分で本を読んだりして少しはあの時代を想像できるようになったから関心を持ったけど、そうでない人にとってはこの映画は何でもないんだ。

どうしてこんな無関心な人ばかりなのか。

それは教育のせいだ。

戦後の教育で「戦争のことは忘れよう」と教えたからだ。

義務教育課程である小学校・中学校でしっかりと教えるべきだったんだ。

そしたら知らない人なんて出てこないはずじゃないか。

 

これから戦争体験者はどんどん死んでいく。

やがて一人もいなくなる。

その時までに僕らの世代がしっかり彼らの経験を蓄積できていないといけない。

でないとあの戦争は、本当に過去のものになってしまう。

 

『明日への遺言』は、歴史的背景を知らなくても大丈夫なように作られていたと思う。

感動もできるはず。

だからどうか、僕より若い人にも是非見て欲しい。

目的はどうでもいいから。

ただ感動して泣きたいという動機でもいいから。

 

Photo  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★★ 本日の英語 ★★

Some battles better left unwon

MXPX「UNSAID」(アルバム「the ever passing moment」)より

 

 

人気blogランキングへ

↑よかったら押して下さい

 

|

« 働かないために成功商品を開発する | トップページ | 準優勝 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146160/10856874

この記事へのトラックバック一覧です: 『明日への遺言』:

» 映画「明日への遺言」を観ました!!(2008-06) [馬球1964]
映画「明日への遺言」を観ました!!2008年の第6作目です [続きを読む]

受信: 2008年3月 1日 (土) 20時40分

» 「明日への遺言」を見てきました! [団塊の広場(カメラ、旅行、趣味、日常)]
―藤田まことの好演は光るものの…― 亀さんは、映画「明日への遺言」を、全国ロードショー公開の初日の昨日(3月1日)、ワーナーマイカル浦和美園で見てきました。 この映画は、『雨あがる』などの、黒澤明門下の小泉堯史監督が、大岡昇平原作の「ながい旅」を映画化したもので、第二次大戦後にB級戦犯として絞首刑に処せられた元東海軍司令官・岡田資中将(藤田まこと)の横浜法廷(米国陸軍第8軍軍事委員会の軍事法廷)で... [続きを読む]

受信: 2008年3月 2日 (日) 00時34分

» 明日への遺言 [映画、言いたい放題!]
試写会に行きました。 この日の年齢層はかなり高め。 私の隣は老夫婦。 後ろは50代位の男性と40代位女性のカップル(?)。 老夫婦の男性がおならをしてしまったらしく、 奥さんに謝ってました。 奥さんは「ちょっと臭うけれど大丈夫ですよ」と慰めてましたが、 私の所までかな... [続きを読む]

受信: 2008年3月 2日 (日) 01時43分

» 信念の人。『明日への遺言』 [水曜日のシネマ日記]
第二次世界大戦終了後、B級戦犯裁判にかけられた岡田資中将の物語です。 [続きを読む]

受信: 2008年3月 7日 (金) 12時43分

» 「 明日への遺言 (2008) 」 [MoonDreamWorks★Fc2]
【明日への遺言】2008年3月1日(土)公開 監督 ・ 脚本 : ... [続きを読む]

受信: 2008年3月10日 (月) 00時05分

» 【2008-53】明日への遺言 [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 第二次世界大戦後 米軍搭乗員処刑の罪で 東海軍司令長官・岡田資(たすく)中将は 戦犯裁判にかけられる 愛する人へ、遺したいものがある ... [続きを読む]

受信: 2008年3月12日 (水) 00時09分

« 働かないために成功商品を開発する | トップページ | 準優勝 »