« 遊具を壊すな | トップページ | 与論島へ行って来ました »

2008年4月27日 (日)

禁止を禁止します!!

こんばんは。今日はフットサルの練習でした。足首の負傷により2週間ほど運動を避けていましたが、そろそろ動いた方がいいだろうと思い、今日は普通に練習に参加しました。思ったよりも痛みはなく、快調に練習を続けていましたが、シュート練習の際に左足で思い切りシュートしたら軸足の右足首が悲鳴をあげました。また悪化です。愚か者です。あ、いや健ちゃんです。

 

なぜか今朝からうちのリビングのテーブルに大量の写真が置いてありました。

僕ら兄弟が子どもの時の写真です。

懐かしくなり見てみると、そこにはなんともかわいい健ちゃんの幼少時代が。

あのまま育っていれば今頃それなりにモテていたんじゃないかと思うくらいかわいいんだこれが。

親もよく言ってましたよ。モデルに応募しようかと何回も思ったって。

それが今はこの様だもんな・・・。

人には、昔はブサイクだったが大人になるにつれて格好よくなる人と、逆に子どもの時めっちゃかわいかったが大人になったら残念なことになる人がいると思いますが、僕は明らかに後者のようです。無念。

 

あ、話が完全にそれてる。

僕が今日言いたいのはそんなことではないのです。

その写真の中の一枚に僕は昔の記憶を呼び起こしました。

それは昔住んでいた家の中で撮影された写真で、僕がタンスの前で一人立って写っていました。

僕は、写っていたタンスに目がいきました。

なぜかタンスの取っ手にビニール紐が結んであるのです。

初めて見る人は気にも留めないでしょうが、僕は完全に思い出しました。

あのビニール紐は、僕があの部屋中にくもの巣の如くビニール紐を張り巡らしたものなのです。タンスからタンス、カーテンの金具とテレビを置いていた台など、とにかく紐が結べるところを繋ぎまくったのです。

どんな完成図を思ってやったのか、何か目的があったのかは全く覚えていませんが、とにかくそんなことをやっていました。

そして、大人になった今それを思い出して考えることは、本当に親に感謝しなければならないなということです。

僕は今の自分が好きで、それはイコール、僕の生きてきた道や成長の仕方を肯定しているということです。

それってつまり、親のおかげなんです。

僕は育てられたのですからね。

そして写真にあったように、僕はかなり自由にやらせてもらっていたなと今になって思います。

タオルケットを部屋に張り巡らして、部屋をテント風にして何日間かそのままにしていたこともあったし、夏休みはかぶと虫を取りに夜遅く外出するのも許してくれたし、外で花火をやりながら馬鹿騒ぎしてても期間限定で許してくれた。

剣道をやめて野球がやりたいと言った時も一切反対せずにやらせてくれた。

高校を選ぶときだって、僕が受験しようとした高校を学校の先生は「無理なんじゃないの?」とか言ってたけど、親は絶対にそんなことは言わなかった(と思う)。

大学受験に失敗して浪人し、「浪人してしまったからには、(学費が安い)国立しか行かないよ」とかほざいていた僕が、やっぱり勉強したいことがあるとかいって国立を蹴って学費の高い大学を選んだ時も全く反対しなかった。

 

今の僕があるのは絶対に親のおかげです。

批判精神旺盛なのも、きっと親が一切の考え方を僕に押し付けなかったから、あらゆるものに対して自由に考えることができたからなのだと思います。

3人兄弟の真ん中ということもあり、あーしろこーしろと一番言われないポジションにいたことも関係すると思います。

とにかく僕はかなり自由に育ってきたのです。

自分の思うとおりに生きることができたのです。

うちの親はいつも、

 

「あなた次第よ」

 

こういうスタンスでいてくれたのです。

 

おかげで小中学校の時には先生に怒られることも多かったですが、誉められることも多い子どもになることができました。

自分がやりたいことを自分で判断して行動していたので、過ちは多かったです。でもその分、成功もあるってわけです。

今でもそうです。

僕のことを気に入ってくれる人は結構気に入ってくれるし、嫌いな人はとことん嫌いみたいな、そういう“味のある”人間になれたと思っています。

 

昨日の遊具の話ではありませんが、何でも禁止する教育より、何でもやらせる教育の方が絶対に優れていると思うのです。

なぜなら子どもは、失敗や成功から学ぶからです。

何もさせなければ失敗も成功も生まれないのだから、成長もありません。

うちの親はあまり頭が良くないのでたぶん考えがあっての行動ではなかったと推測しますが、何でもやらせてくれた親に本当に感謝です。

僕が親になったら子どもには極力何も禁止しないで育てたいと、心から思います。

 

健ちゃん家家訓

「禁止を禁止します」

 

Photo  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★★ 本日の英語 ★★

We're a dying bleed and all we need are ashtrays and apathy

CRASH ROMEO「ABOUT TO BREAK」(アルバム「GAVE ME THE CLAP)より

|

« 遊具を壊すな | トップページ | 与論島へ行って来ました »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146160/20613931

この記事へのトラックバック一覧です: 禁止を禁止します!!:

» ラ サール高校学園情報 [ラ サール高校学園 info_l]
ラ・サール中学高校を卒業しました私が、少しでもご父兄の方々に学園生活を紹介できたらと思い、このブログを立ち上げました。 [続きを読む]

受信: 2008年4月27日 (日) 23時30分

« 遊具を壊すな | トップページ | 与論島へ行って来ました »