« 実録・連合赤軍 あさま山荘への道程 | トップページ | 八つ当たり健ちゃん »

2008年5月 8日 (木)

引きこもりの勧め

こんばんは。昨日お酒を飲みすぎたために今朝二日酔いのまま出社し午前中ずっと朝礼だったけどずっと寝ていました。健ちゃんです。

 

僕は自称引きこもりです。

でも本当の引きこもりではありません。

不登校になったことはないし、今も会社にはほとんど毎日行っています。

休日も用事があれば出かけますし、サッカー・フットサルは毎週やっています。

だから全然引きこもりではありません。

でも僕は引きこもりを自称します。

それは、「引きこもり=ダメ人間」みたいな観念に対抗したいからです。

 

僕は一人でいる時間が思考を深め、価値観や哲学、思想を育むと思っています。

読書も一人でなくてはできないことです。

そのために、部屋に引きこもるというのは最高の手段だと思うのです。

だから僕は引きこもりを否定しないし、なるべく僕も引きこもりたいと思っているのです。

それが僕が引きこもりを自称する理由です。

 

今僕が読んでいる本でも引きこもりを肯定しています。

多くの大人が、引きこもりのことを「甘え」だという。

しかし、なにも彼らは、単純に甘えだけから「自分だけの世界」に逃げているわけではない。

むしろ僕は、引きこもりに走るような人間にこそ、非属の才能を開花させる可能性があると信じている。彼らはまっとうな感覚の持ち主であり、彼らにとって「引きこもる」ということは、おのれの内なる宇宙に耳を傾けるための最低条件なのだ。

(2007、山田玲司「非属の才能」より)

 

この本には共感できることや僕が今まで考えたこともなかったことがたくさん載っています。

作者の主観がかなり強いので中には付いていけない考え方もたくさんありますが、でも面白い本です。

群れるのが嫌いだけど、孤独を選んでしまう自分に少し疑問を感じているあなた。

お勧めです。

自分は間違っていないんだと励まされますよ!

 

非属の才能 (光文社新書 328) Book 非属の才能 (光文社新書 328)

著者:山田 玲司
販売元:光文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

 

★★ 本日の英語 ★★

I made up my mind took time to think of everything, I oughta do

FOREVER THE SICKEST KIDS「CATASTROPHE」(アルバム「Underdog Aima Mater」)より

 

|

« 実録・連合赤軍 あさま山荘への道程 | トップページ | 八つ当たり健ちゃん »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146160/20844904

この記事へのトラックバック一覧です: 引きこもりの勧め:

« 実録・連合赤軍 あさま山荘への道程 | トップページ | 八つ当たり健ちゃん »