« 最近見た映画 | トップページ | THE SUMMER SETを発掘 »

2008年9月15日 (月)

教育なんてお手本を見せるだけでいい

大体どの時代のどの社会にも問題はあるもので、それを分析・解決しようとする人も常に存在していると思います。

もう流行が去った感がありますが、ちょっと前まではニートやフリーターという言葉が流行し、青少年犯罪にも注目が集まっていました。

もちろんこれはマスメディアの仕業であり、実際に青少年が社会悪ということはなかったと僕は思います。

実際に青少年犯罪は増えていないし、ニートやフリーターなんてものは大昔からいたようです。

でもメディアに踊らされた人は皆、自分よりも若い世代の人たちはどこかおかしいと思ってしまいます。

「近頃の若い奴は・・・」ってやつです。(もちろんこれも大昔から中年以降の人の口癖です)

そこで解決策をどこに求めるかと言うと、「教育」です。

子どもがおかしいのは教育のせいだというわけです。まぁ分かりやすい話ではあります。

僕はこの考え方ってどうなのかなと最近思うようになりました。

以前の僕はこれに賛同するような人間で、そもそもから変えなきゃいけないから、教育を変えるのが未来のためには一番いいと本気で思っていました。

でも今はちょっと違います。

教育が大事なのは変わりませんが、そこを大人が重要視するのがどうなのかと思うのです。

誤解を恐れずに言うなら、社会の問題の解決を教育に押し付けるのは無責任だということです。

なぜそう思うのかというと、教育とは実に長期的なもので、すぐに結果が出るものではないし、また、その教育がどうだったかという成果を判定するときに何を見るかというと、結局はその教育を受けた人間の成果を見るんだと思うんです。

教育を変えた人がどうこうって話はたぶんそこにはないんだと思うんです。

もちろん法令とか、政党への批判とかは存在するとは思うのですが、結局全ての責任は教育を受けて育った子たちが背負うような気がしてならないのです。

今の社会を形成しているのは間違いなく大人なのに、問題を教育に押し付けることによって今の大人は責任から逃れることができる。

そういう怖さが教育改革にはある気がします。

 

これは前にも発言したことがあるかもしれませんが、僕は教育なんてあまり気にしない方がいいと思っているのです。

教育がどうでもいいってことではなく、健全な社会であれば健全な子どもが育つでしょうよという、けっこう楽観的な考え方です。

また、今の教育界があれこれやっては失敗しているところを見ると、変えることがいいというわけではないという思いを強くします。

 

家庭での子育ても一緒なのではないでしょうか。

子どもを健全に育てたければ、まず家庭が健全であるべきであり、それ以上はいらないと思います。まぁ僕は独身なので説得力ゼロですが(笑)

国もそれと一緒で、社会が健全であることが教育のためには何よりも大事なのだと思うのです。

だから、教育だけどうにかして改善し、その将来の子どもに期待するというのは何か違う気がするのです。

大人は子どもに手本を見せてやるだけでいいと思います。

子どもは大人を見ていますから。

「俺みたいになるな」なんて教育はおかしいんです。

まずは大人の社会が抱えている問題を自分達の時代でどうにかして、子どもたちにお手本を残してやるのが最高の教育なのではないでしょうか。

何でも教育教育って言うのはもうやめた方がいいです。

そう思います。

 

 

ではまた。

 

 

●参考文献

本田由紀、内藤朝雄、後藤和智『ニートって言うな!』2006年5月

 

 

 

 

 

|

« 最近見た映画 | トップページ | THE SUMMER SETを発掘 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 教育なんてお手本を見せるだけでいい:

« 最近見た映画 | トップページ | THE SUMMER SETを発掘 »