« 便座をすぐに温める愚か者との終りなき戦い | トップページ | [ »

2008年10月11日 (土)

個人情報保護って結局何のためなんだ?

ここ数年で、日本人の個人情報に対する認識はすごい変わってきていると思います。

企業が個人情報を流出させれば大ニュースとなり、膨大な被害が出ます。

ただその被害とは、流出してしまった個人情報のその人ではなく、流出させてしまった企業にです。

ただ流出させたという事実によって企業に被害をもたらすのです。個人情報流出によって誰かに迷惑をかけたとかがなくてもです。

 

一体個人情報を守ることにどれだけの意味があるのでしょうか。

なぜ人は自分の個人情報を守るのでしょうか。

個人情報を公開すると、一体どのようなデメリットがあるのでしょうか。

多くの人は、そんなこと考えることもなく、ただただ個人情報保護だと叫んでいるだけのように思えます。

 

以前見たテレビ番組では、下駄箱などに名前を書かない学校が紹介されていました。

きっとそんな学校では卒業アルバムには顔写真もなければ名前も載っていないのでしょうね。

 

なぜこんな社会になってしまったでしょう。

それはたぶんマスコミによる煽り報道が原因です。

本当は誰も個人情報が漏れることによるデメリットを実感していないんだけど、個人情報が流出したとマスコミが大々的に報道すればそれは大変なことなんだと思ってしまいます。

自分も、そして自分の周りにも個人情報が流出することで困った経験のある人は一人もいないんだけど、何か大変な気がしてしまう。

そしてマスコミに便乗して、個人情報保護を叫びだすのではないでしょうか。

 

個人情報保護にしばられた今の社会がいいとは到底思えません。

別に無理に個人情報を公開する必要はないと思いますが、こんなにも神経質になって個人情報を守る世の中はやはりどこか気持ち悪いと思ってしまいます。

何十年後にはお互いを今のネット世界のようなハンドルネームで呼び合い、誰も本名を知らない。顔を隠すマスクも欠かせないことでしょう。

そんなクソみたいな世の中へ向かっていってしまっているのでは?

もちろん言い過ぎであることは分かっていますが、ただ、個人情報保護法が施行されたことで、一体世の中にどんなメリットをもたらしたのか、そろそろ一度考えて見た方がいいと思うのです。

そして個人情報過保護法になっていないか、本当に見直してみてもいいと思います。

 

ではまた。

 

 

 

 

|

« 便座をすぐに温める愚か者との終りなき戦い | トップページ | [ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146160/24425747

この記事へのトラックバック一覧です: 個人情報保護って結局何のためなんだ?:

« 便座をすぐに温める愚か者との終りなき戦い | トップページ | [ »