« サンバ | トップページ | 微妙は揺れる »

2009年1月24日 (土)

成長ではない、ただの変化

Photo_2 今日は夕方から大学で所属していたゼミの現役・OB・OG懇親会がある。

そこで今日は学生時代を思い出してみようと思った。

きっと帰ってきたときには酔っ払ってしまって何も書けないだろうから。

 

 

僕は早稲田大学スポーツ科学部でスポーツ組織論のゼミに所属していた。

そこで僕はリーダーシップについての卒業論文を書いた。

あの頃は自分自身が日常生活で「リーダーとは何か」「理想のリーダーとは」を自問自答し、悩んでいたから、自分の悩み解決のために論文を書いたといっていい。

 

いわゆる「リーダー」というポジションに、僕はある意味で慣れている。

小学校の頃から集団を仕切るのは好きだったし、体育でチーム分けしてスポーツをする時には必ずキャプテンに立候補していた。そしていばり散らかしていた。

中学では学級委員を1年生の前半を除いてずっとやっていたし、高校のテニス部では部長をやっていた。

分かりやすいリーダーのポジションはそれなりにたぶん経験してきた。

でも大学に入り、同時に地元でフットサルクラブROONEYSを作り、僕は悩んだ。今までのリーダーシップスタイルでは通用しない部分がたくさん出てきたから。

今までは結局は、組織に守られた中でのリーダーシップだった。

例えば学級委員なら、クラスの生徒達は学校からは逃げられないので、僕の仕切り方が気に食わないといっていなくなることはなかったし、高校でのテニス部だって同じようなことが言えた。

いや、テニス部の場合、僕が原因で退部した部員は確かいたはずだからちょっと事情は違うが、それは僕にとってはダメージではなかったんだ。

部の存続が危ぶまれることはなかったし、テニスは基本的には個人競技だったし、顧問の先生がいた。

だから僕はただ自分のやりたいようにやることができた。

でも地元で作ったROONEYSはそうはいかなかった。

僕がやりたいようにやる、つまりはスポーツは勝ってなんぼみたいな考え方で練習をしたりすると、どうしても付いて来れない、あるいは来ない人が出てきてしまって、それは直接的にクラブの存続に影響した。

だから僕は考えなければならなかった。

 

僕はどうあるべきなのか。

 

メンバーのニーズに合せるのか、何が何でも自分のスタイルを貫くのか。

僕は本当に迷走していた。

練習中にうんざりしてしまうことなんか何度もあったし、メンバーに怒り散らすことなんてしょっちゅうだった。

その頃を思うと今の僕は変わった、そう断言できる。

変わったのか、変えたのか、今となっては分からないし、それを成長なんて詐欺用語でまとめる気もないが、今の僕はあの頃よりもイライラしていない。

 

僕は非営利組織のリーダーシップを学んだ。

色々な論文や書籍を読んだ。

僕の悩みは、みんなの悩みだった。実に一般的なリーダーの悩みだったんだ。

人間とは不思議なもので、自分の悩みが解決したわけではないのに、悩みを共有している人がいると思えるとそれだけで救われた気がするんだ。

僕も例外ではなかった。

だから僕は卒論を書くのがちょっと楽しかった。

 

ただおそまつなもので、僕が論文の中で出した結論というかまとめは、「結局非営利組織のリーダーはできるだけ長い期間、一人で頑張らなければならない」というものだった。

何だよそれと思うだろう。

僕も、きっとこれが他人が書いた論文だったらそう思うと思う。

でも僕はそう答えを出した。

会社のように賃金などの報酬によってメンバーのモチベーションを上げることはできないし、社会的地位を与えることもできない。

だからメンバー(リーダーに対してはフォロワーという)にそれなりの成果を期待する時、それなりの期間が必要になるし、報酬以外でのモチベーションアップについて考えなければならなかった。

それはメンバーの誰かにやってもらえることではなく、僕がやるしかなかった。しばらくは。

といってもそんな難しいことをやってきたわけではなく、ようはROONEYSにいることが楽しいと思ってもらえればよかった。それが一番なんだ。

僕は昔から、人が生まれてきた時から分かっているようなことを、ねちねちとこねくり回し、他人の4,5倍の時間がかかってから分かることがよくある。

 

今のROONEYSは、僕以外にも色々やってくれる人が増えて、かなり安定した活動ができている。

ここで僕が書いた論文を出せればいいんだけど、僕はもうデータを消してしまっていた。

だけど、今のROONEYSの現状は、僕が論文を書いているときに目指していた姿に向かっている。僕は間違っていなかったと思える。そう、思い、たい。

 

あー何か色々と思い出してきた。

ゼミではいつも必死で議論に参加していたな。たぶん僕のことをウザイと思ってた人はたくさんいるんだろうな。

僕は議論では絶対勝たないといけないと思っていたし、よく平穏な空気を乱していた。と思うから。

今の僕を見たら丸くなったね、とか言うんだろうか。

僕は矛先が変わっただけだと思っているが、実際、丸くなったと言われたことはある。

僕は自分以上の権力を持つ人だけを批判しようと心がけているだけだ。心がけている。そう、心がけている、つもりだ。

まぁ角とか丸とか、あまり意味のある言葉ではないからどうでもいいんだけどね。

左翼と右翼みたいなもんだ。

 

 

さて今日は盛り上がるかな。うまく溶け込めるかな。僕は大勢の飲み会は苦手だから。

面白い話できる人がいればいいな。いずれにしても楽しみだ。

 

 

ではまた。

 

 

|

« サンバ | トップページ | 微妙は揺れる »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146160/27423313

この記事へのトラックバック一覧です: 成長ではない、ただの変化:

« サンバ | トップページ | 微妙は揺れる »