« 日曜、晴れ、男、3人 | トップページ | 臓器移植に反対することを決めた朝 »

2009年2月 8日 (日)

「悲夢」は超つまらない

Photo_2 さっき新宿まで映画を観に行ってきた。最近よく行く武蔵野館だ。

オダギリジョー主演の韓国映画「悲夢」を観た。

感想。

超つまらない。意味が分からない。全く理解できなかった。

 

なんなんだあの映画は。

何ならちょっと不快になった。

突っ込みどころはたくさんある。まず、オダギリジョーだけ日本語で他の韓国人たちは韓国語で話していること。

そしてストーリー展開が雑過ぎ。

観てる側がきょとんとしてしまう感じだった。

予告を観た時は面白そうだったのに。騙された気分だ。オダギリジョーが出ててる映画でもつまらないものはあるんだな。

まぁ僕は前から韓国の映画やドラマが好きではなかったから、この映画を好きになれないのも当然っちゃあ当然か。

僕はあまりその作品に込められたメッセージとか、作った人のコメントを見るのは嫌いなんだけど、あまりに意味が分からなかったので公式HPを覗いてみた。

するとそこには、「悲夢」は夢と現実の境界線や生と死の境界線はどこなのかを問うていると書かれていた。さらに、愛はすべての境界線を越えるというメッセージが込められているらしい。

それを読んでも僕は何も納得できないでいる。

やはり人の表現は分からないものだ。

 

 

でも映画館に行ったことで嬉しい情報を得ることができた。

なんと伊坂幸太郎作品の「重力ピエロ」と「フィッシュストーリー」が映画化されるらしいのだ。

「重力ピエロ」は5月23日公開。「フィッシュストーリー」は公開日が書いていないんだけど、たぶんもっと早いはずだ。

これは超楽しみ。

「フィッシュストーリー」はまだ読んだことがないから、絶対に映画を観る前に読もう。

あー本当に楽しみ。

 

2月は「遭難フリーター」という映画も観ようと思っているし、NEW FOUND GROLYのニューアルバムも出る。

これから春までは楽しくなりそうだ。

あとは彼女がいつできるか・・・だな。

 

ではまた。

 

|

« 日曜、晴れ、男、3人 | トップページ | 臓器移植に反対することを決めた朝 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146160/27900590

この記事へのトラックバック一覧です: 「悲夢」は超つまらない:

» 『悲夢』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「悲夢」□監督・脚本 キム・ギドク □キャスト オダギリジョー、イ・ナヨン、チア、キム・テヒョン、チャン・ミヒ■鑑賞日 2月7日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)<感想>  オダジョー・ファンの女性の方々へ〜  この映画でのオダジョーを観たら、今までにない違った一面を観てもっと好きになるか、失望してファンをやめてしまうか、二者択一でございます(笑)  イ・ナヨン・ファンの男性の方々へ〜  特にビックリするほどの変化球は投げていません(... [続きを読む]

受信: 2009年2月 9日 (月) 22時30分

« 日曜、晴れ、男、3人 | トップページ | 臓器移植に反対することを決めた朝 »