« 結局は何かに縛られる | トップページ | やらされている、と思った瞬間アウト »

2009年3月17日 (火)

名前がいつも中身を表しているわけではないが、中身が名前に合わせることは、ある

Photo 今日は朝から会社へ行き17時半まで働いて帰ってきた。

 

朝家を出ると、とても暖かかった。

「昨日の続きです」と言われているような気がした。

昨日も同じように暖かかったから。

コートを着てしまっていたが、これはいらないな、と思った。でも脱ぎに戻るのも面倒だったのでそのまま着て行った。でもやはり暑くなり、電車に乗る前に脱いだ。

後悔で始まる朝もある。

 

 

今日は久しぶりに仕事のやり方を間違えた。

今日の13時半までに誌面の「ラフ」と言われる、ようはざっくりとした下書きみたいなのを数ページ分書かなければいけなかったんだけど、昨日行なわれた会議を待たないと書けないページを除いて、ほとんどのページは先週中に書いてあった。

残してあったページも、1時間もあれば書けるだろうと思って、昨日はそのページのラフを書かずに午後半休を予定通り取っていた。

そして今朝出社して、残ったページのラフを書き始め、途中で会議が入ったものの、12時前には書き終えた。

 

つもりだった。

 

次の瞬間、僕はまだ書いていないページがあったことに気付いた。

計画通りに事を進めていたはずだったが、そもそもの計画の際にページ数を見誤っていた。2ページ分の誌面が僕の構想から完全に抜け落ちていた。

仕方なく、普段なら昼食の時間だったが、12時~13時の間に書いた。

おかげで先輩の昼飯の誘いを断ることになってしまった。

とんだ失態だった。

 

 

でも昼休みを返上して働くようなことは絶対にしない。世界唯一の絶対だ。

 

世界は、“世界唯一”で溢れている。

 

僕と会社はあくまでも契約関係にあるのだ。

16時~17時の1時間しっかり休憩を取って、だいぶ遅くなってしまった昼食を食べた。

16時半から17時半まで会議が入っていたが、「勉強会」という、いつ役に立つのか分からない名前の会議だったので迷う事無く欠席した。

 

 

そうそう、僕は最近、必要な会議かどうかを積極的に判断しようと意識している。

何だかよく分からない会議や、“一応レベル”で呼ばれた会議は積極的に欠席しているし、ためにはなりそうだけど行っても間違いなく寝てしまうような会議も行かないようにしている。寝たら結局何のためにもならないし、そして、寝てしまう自分もどうしようもできないからだ。

人間、あきらめが肝心だ。

会議に行くことで発生する、精神的、肉体的、金銭的、時間的なコストを考えれば、出席するのが億劫になる会議は、結構あると思う。

 

それに会社の中だけに限らず、「勉強会」ってのは何か胡散臭い雰囲気がある。

文字通り、「勉強になった」とか、「面白かった」とか、そういう感じの満足だけを得て、はい、お終いなんてことも多い気がする。少なくとも僕の経験上は。

いつか役に立つとか言う人がいるけど、本当かよ、と思う。

いつになっても役に立たないリスクもあることを考えると、ぼんやりとした勉強会はコストに見合わないんじゃないか。

これが僕が勉強会を欠席した理由だ。

なんてことは、ない。

僕はただ、契約通り休憩を1時間取りたかっただけだった。

 

 

会社の帰りに本屋に行って、新書『ご臨終メディア』を買った。

テレビや新聞などのメディアを批判する本だと思う。

攻撃的なタイトルがいい。

会社の会議の名前も、もっと工夫したらいいんだ、と思った、と思ったけど、難しそうだな、と思った。

 

 

そうそう、名前と言えば、うちの会社の飲み会には「○○さんを囲む会」みたいな名称が付けられたものが結構ある。

ちなみに○○に入る人は、わりと偉めの人だ。

想像通り、囲んでその人をチヤホヤする会ってわけだ。

目的はチヤホヤ、ヨイショだ。

囲まれている側の人は、面白いと思っているんだろうか。案外、囲んでる側の自己満足でしかないこともあるんじゃないかと、僕は思っているんだけれど。

ちなみに僕は、「囲む会」にも行かないようにしている。

別に僕は何も囲みたくないんだもの。

僕は語りたいんだ。囲んでどうする。

囲む側は必然的に多数側だ。

僕の本能は、多数側に回ることを拒絶するのだ。

 

【囲む<かこむ>】

《他五》

①ものを中にしてまわりを取り巻く。「堀に―・まれた城」「数字を丸で―・む」「先輩を―・む茶話会」

②中に取りこめて周囲をふさぐ。かこう。「敵勢を―・む」

③(盤をかこむ意から)碁を打つ。「一局―・む」

                   ~広辞苑より~

 

 

良くも悪くも、タイトルはそれなりの影響力を持っているんだな、と思う。

それにしても、この記事につけた僕のタイトルはひどい。ダラダラ長いだけでよく分からない。

う~ん、難しいものだ。

アーメン。

 

 

ではまた。

 

★☆本日の英語☆★

The teeth of it all, we can't seem to agree

        ~MXPX『RUNNING AWAY』~

《訳》逆らってやる、俺達には同意できないね

 

 

|

« 結局は何かに縛られる | トップページ | やらされている、と思った瞬間アウト »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146160/28663107

この記事へのトラックバック一覧です: 名前がいつも中身を表しているわけではないが、中身が名前に合わせることは、ある:

« 結局は何かに縛られる | トップページ | やらされている、と思った瞬間アウト »