« 怒りを表情で出す | トップページ | グーはパーにいとも簡単に負ける »

2009年3月22日 (日)

幸せの王様

Photo 語り合える友人がいても、フットサルを楽しむ仲間がいても、音楽や映画、読書を楽しむことができても、たとえそういうことで幸せを感じることができたとしても、恋をしていなかったら、たった一人の愛する恋人を持つ奴より幸せになれることはない。

そんな風に思う今日この頃だ。

男女の間にある幸せこそ、一番だ。

 

【仕合せ<しあわせ>】

①めぐりあわせ。機会。天運。「ありがたき―」

②なりゆき。始末。

③(「幸せ」とも書く)幸福。幸運。さいわい。また、運が向くこと。「―な気分」「末永くお―に」

                      ~広辞苑より~

 

家族にも幸せはある、とは僕の先輩が言ったことだけれど、家族の幸せでさえ男女の幸せの延長だと思う。

夫婦の仲が悪い家族に幸せを感じることができるか。難しいんじゃないだろうか。

子供にとっての一番のストレスは、親の夫婦喧嘩である、と聞いたことがある。

子供は親から幸せを分けてもらっているんだ。

もしかしたらテレビで言っていたことかもしれないのでアテにはならないけれど。

でも僕の家庭も昔は夫婦喧嘩が絶えない家だったから、分からないでもない。(今はそんな喧嘩はしていないと思う。一緒に住んでいないから分からないけれど、二人ともいい意味で歳をとったんだろう)

家族においても、やはり幸せってのは夫婦、つまりは男女の間にあるもので、子供はその幸せを共有しているに過ぎないんじゃないかと思う。

 

もちろん、先に僕が挙げたような、友人関係に感じる幸せもあれば、趣味に感じる幸せもあると思う。

でもやっぱり、男女の間にある幸せこそ、最強なんだと、僕は思う。

 

恋はハリケーン!

 

ハリケーンは車さえ吹っ飛ばす。最強だ。

最強って何だ。

 

 

今の生活に僕は超満足しているわけだけれど、ベストを目指すなら恋人は必要だし、恋をしなければならない。

だって僕は幸せになりたいのだから。

恋人がいなければ不幸というわけではないけれど、それはベターだ。ベストじゃない。

 

ベターが許されるのは、それがたしかにベストを目指しているときだけだ。

 

だから僕は恋をする。

ベストを目指すのだ。

最強の幸せを目指すのだ。幸せの王様になるのだ。

最強って何だ。

 

 

最大の問題は、恋の仕方が分からないってことだ。

あれだけは、どれだけ前例を作っても、コツも規則性も方程式も、その手がかりさえ掴めない。

なるほど。

だから最強なのか。

 

 

ではまた。

 

|

« 怒りを表情で出す | トップページ | グーはパーにいとも簡単に負ける »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146160/28747312

この記事へのトラックバック一覧です: 幸せの王様:

« 怒りを表情で出す | トップページ | グーはパーにいとも簡単に負ける »