« 名前がいつも中身を表しているわけではないが、中身が名前に合わせることは、ある | トップページ | 地球は回る周る »

2009年3月18日 (水)

やらされている、と思った瞬間アウト

 

 

人間とは、地球上に存在する全生物の内で、最も同類に対して厳しい二足歩行の奇妙な動物である。誰かを支えるためにその両の腕を自由にしたのではなく、ぶん殴るために二足歩行を会得したサディストなのだ。

 

 

今日は朝から会社へ行き19時前まで働いて帰ってきた。情けなくも残業してしまった。

 

今日は僕を憤慨させる出来事があった。

4月1日付けで異動する人の壮行会が来週予定されているんだけど、そのプログラムの1つに異動者にまつわるクイズというものがあって、その司会とクイズの作成を僕がやることになったことから僕のイライラは始まった。

課の壮行会とは違い、部の壮行会だからその規模は百人を超えるわけで、異動者のことも知らない人が多いわけで、だから僕は正直気乗りはしないんだけれど、誰かがやらなきゃいけないことなので引き受けた。それに今回は仲良くしてもらっている先輩も異動者の中にいたから。

そしてさっそくクイズのネタを集めようと、“異動者と仲のいい人”と上から言われた人に、異動者にまつわる「ありがとうネタ」ありませんか?とメールをした。

すると一人の人から(その人は割りと年次が上の人なんだけれども)、「人選間違えてない?『ありがとう』のエピソードなら明らかにその人よりも後輩の人に聞くべきでしょ」と返事が返ってきた。

僕は、「考えが浅くてすみません」と返した。

 

僕はこれにかなりムカついた。

ムカついた理由は2つある。たぶん2つくらいだ。

まず、そんな言い方ねぇだろ、ってことだ。あんたがその異動者と仲良いって聞いたから聞いてるのに、なんだそれ、と思った。

こんなこと、みんなが協力してくれなきゃ成り立つわけがないだろ、それをあんたは分かっているのか、と思った。

僕は別にいいんだぞ、あんたと仲良しのあの人だけエピソードがなくてクイズが作れませんでしたってことになっても、と思った。

ふざけんなっての。

 

2つ目の理由は、「先輩よりも後輩に聞くべき」という言葉だ。曰く、お世話はしたけど感謝するようなことはない、だそうだ。

ふざけんなっての。マジかよ。

本当にそうならあんた達は実は薄っぺらい関係だったんだ、と思った。その上辺だけの関係に“上”が騙されたんだ。

それなら仕方がない。

確かにあんたに頼んだ僕が間違っていた。もちろん、僕は悪くないが、あの人からしたら直接打診してきたのは僕だから、僕が悪人に見えたことだろう。本当に知らないのに、言え!本当は知ってるんだろ!と拷問してくるギャングに見えたことだろう。

ただ、あのメールの返信の早さからすると、その人との過去を振り返ることもしないでメールを送ってきたと思う。

僕が思うに、こういうのに私みたいなベテランを巻き込まないで、ということなんだと思う。

若手だけでやりなさいよ、こういうのは、というメッセージだと、僕は解釈した。

 

そんな考え糞食らえだ。

 

感謝の気持ちを伝えるべきは後輩!?なんだそれ!?

上も下もねぇだろ、と思う。

後輩から感謝を言われるのもいいし、先輩から感謝を言われるのも同じくいいだろうが。

それに、自分よりも上の、日頃迷惑や世話ばかりかけている人からこういう特別な時に「ありがとう」を言ってもらったら、すごい嬉しいんじゃないか、と僕は思う。

普段ならあり得ない「ありがとう」を。

 

だから僕は、課にもこういう文化はあるけれど、壮行会の幹事を新人にやらせることに超違和感がある。

だから課で壮行会をやる時は、新人にやらせないで僕がやるようにしている。

本当はその時の異動者や退職者に合せて一番近い存在の人がやるのが一番いいと思うんだけれど、もうみんな会社の文化にどっぷりだからそんな発想にはならない。

だから2年目の僕がやる。

以前、課長が壮行会の幹事を新人に振ったとき、僕は「僕がやります」と、その仕事を奪い取った。前の僕の係長が異動したときだ。

この前、課の先輩が退職した時もそうだ。

課長は何も言わないし、誰も動く気配はいつも通りないので、僕たち2年目が率先して幹事をやった。(結果的に僕が一人でほとんどの準備をした気がするが・・・)

こんなことは当たり前なんだ。

今年入社したばかりの新人に、僕がすごいお世話になった人の壮行会の幹事を任せるなんて、あり得ないと思った。

 

部の壮行会も同じだ。

規模が大きいから運営に名乗り出るのは無理でも、自分が仲のいい人を送り出す会で、なぜ協力すら出来ないのか。

むしろ率先してやれよ、と思う。

新人にやらせといて、文句だけ言って、当日は適当に盛り上がったフリをして、それで満足か。

ふざけんなっての。

協力しねぇなら来るな、と思う。

 

 

あ、それともあれか。

部全体の壮行会なんてなくていいと思ってるのか。

 

それには僕も同感だよっ!!

 

もう形式化してるだけなんだったらやめちまえっ!!!!

 

 

課の壮行会の準備は家で作業している時間も結構あったが、今回のこれに関しては絶対に家ではやらないと決めた。

こんなもの、「仕事」と割り切らないとできない。

 

なんだってんだちくしょう。

こっちはちょっとでも楽しく送り出そうと思ってんのによ。

なんで人を喜ばすために僕が苦しまなきゃいけないんだろ。

ただ協力してくれるだけでいいのにさ。

僕も楽しくてみんなも楽しいのが一番だと僕は思っているのに、どうやら人は、人を苦しませることが好きな生き物みたいだ。

 

 

|

« 名前がいつも中身を表しているわけではないが、中身が名前に合わせることは、ある | トップページ | 地球は回る周る »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146160/28680367

この記事へのトラックバック一覧です: やらされている、と思った瞬間アウト:

« 名前がいつも中身を表しているわけではないが、中身が名前に合わせることは、ある | トップページ | 地球は回る周る »