« 僕の孤独が魚だったら | トップページ | 残業時間は語る »

2009年3月27日 (金)

世界は「くだらない」で満ちている

今日は会社へ行き、部の壮行会をやって、2次会に出て帰って来た。

 

朝会社へ行くと、会社のベテラン社員が僕に切れていた。

面と向かって切れていたのではなくて、メールで切れていた。僕が休みの間に切れていた。

本来なら僕が切れるところを、向こうに切れられた。僕からしたらそれは逆切れだが、向こうからしたらそんなことはないんだろう。そして会社においては、先輩が正しいことになっている。そういうことになっている。そういう文化だ。

 

部の壮行会はむちゃくちゃだった。

準備していた人は本当によくやっていたと、下の身分ながら思うんだけど、とにかくダメだったと思う。

僕の出番は、もう淡々とこなすだけという感じで、別になんてことはなかった。

 

僕は二次会に行った。

なぜ行ったかというと、異動者の中に仲良くしてもらっている先輩がいたからだ。

もしその人がいなかったら絶対に行っていない。

ただ僕は、若干後悔した。二次会に行ったことを。

超つまらなかった。

まず、僕と同じ課の人が誰も来なかったことと、そしてその場にいたほとんどの人が、僕と最も遠いところにいる課の人たちであったことだ。

さらに言うなら、その人たちが、僕が好むトピックを好まないような人たちだったことだ。

僕のことを、面倒くさいと思う人たちだったことだ。

だから僕は本当に、心からつまらなかった。

だから僕は途中で帰った。

まだ誰も帰るような流れではなかったと思うけれど、僕は帰った。

帰りたかった。

本当に、ただ、僕は、帰りたかった。

 

帰りのタクシーで、あ~そろそろ本当に考えなきゃな、と思った。

 

ではまた。

 

 

|

« 僕の孤独が魚だったら | トップページ | 残業時間は語る »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

>りょうへいさん
もう僕は「仕方ない」でお腹いっぱいです。
極力、「仕方ない」に出会わないで生きていきたいです。でも、「仕方ない」に出会ってしまうこともまた、仕方ないですな。

投稿: 上杉 | 2009年3月29日 (日) 16時36分

ああ、お前帰った後でオレも行ったよ。あっちのテーブル。


あれはもう、仕方ねーな。

うん。

仕方ねー。

世界は仕方ないに満ちてるわ。

投稿: りょうへい | 2009年3月27日 (金) 08時47分

>りょうへいさん
そっちの席は良かったですよ。そりゃ価値観の違う人しかいなかったから、辛かったし、あの人が日本なら俺はアルゼンチンだな、なんて思って、途中で帰っちゃいましたけど、それよりも、そっちの席に行く前がくだらなかったんすよ。そりゃもう本当に。

投稿: 上杉 | 2009年3月27日 (金) 08時07分

まあ、また飲も。


世界は下らないだらけだから、下らないと折り合いつけるのもスキルだな。


ただ、今日に関してはマジつまらなかった。

それは仕方ない。

人は自分の価値観に盲目的すぎる。

投稿: りょうへい | 2009年3月27日 (金) 01時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146160/28823451

この記事へのトラックバック一覧です: 世界は「くだらない」で満ちている:

« 僕の孤独が魚だったら | トップページ | 残業時間は語る »