« やはり地球は、僕の知らないところでガンガン回っている | トップページ | パンクとはこういうことだと思う »

2009年3月 9日 (月)

She was angry

Photo 今日は朝から会社へ行き17時半まで働いて帰ってきた。

 

今日は珍しく二日酔いになってしまい、午前中の全社朝礼はまさに地獄だった。

何百人と人がいる中、あの淀んだ空気の中、2時間近くもじっと座っていなければならず、僕は吐き気を抑えることにしか集中できなかった。

 

昼は珍しく同期数人と食べた。

みんな忙しくて、普段はあまり外に出てご飯を食べないと言っていた。

そこで僕は、ここ2ヶ月の残業時間が5時間以内であることと、有給休暇の残りが2.5日しかないことを話してやった。

みんな口をあんぐりさせていた。

 

【あんぐり】

あきれたり驚いたりして無意識に口を大きくあけたさま。比喩的に、ものにもいう。「驚いて口を―とあけたまま立っている」「―を開いた栗のいが」

 

 

あと今日は、お客さんからの問い合わせ電話が多かった。全部で3件もあった。

窓口で対応できないものが僕たちのところに上がってくるんだけど、その際、窓口の人と話したときにお客さんが怒っていたかどうかを知ることができる。

怒っているお客さんは滅多にいないが、今日の1件は怒っているお客さんだった。

以前にも一度クレームの電話をもらったことがあるお客さんだったようなので、僕は心して電話をかけた。

するとそのお客さんは実にいい人で、僕が説明をするとすんなりと理解をしてくれて、気持ちよく会話をすることができた。

もしかしたら窓口の対応が悪くて、そのことでイライラして、窓口の人が「怒っていた」と判断したのかもな、と思った。

もしくは窓口に電話した後で、何かいい事があり機嫌がよくなったとか。

いずれにせよ、僕のビビリ損で済んだ。

 

その後、もう1件お客さんに電話をかけた。同じくお問い合わせの電話をもらっていた人だ。

その人については、怒っていなかった、という情報だったので、僕はわりと気楽に電話をかけた。

でもお客さんはめっちゃ怒っていた。

 

こっちは怒ってるんかーいっ!!

 

もう何が何だか。

不意打ちをくらった僕は、言うまでもなくテンパった。

お客さんはあきれて口をあんぐりしていたに違いなかった。

アーメン。

 

 

ではまた。

 

★☆本日の英語☆★

Road warriors battle the daily grind

For their spot on the throne

  ~BORDERTOWN「Hollywood Sleeps in the Black Room」~

《訳》戦士は毎日決められた仕事と戦う 王位の欠点のために

 

 

|

« やはり地球は、僕の知らないところでガンガン回っている | トップページ | パンクとはこういうことだと思う »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146160/28542614

この記事へのトラックバック一覧です: She was angry:

« やはり地球は、僕の知らないところでガンガン回っている | トップページ | パンクとはこういうことだと思う »