« ふと思ったこと | トップページ | 傾きは23.4度 »

2009年4月11日 (土)

一人焼酎遊び

Photo 昨日は朝から会社へ行き17時半まで働いて飲んで帰って来た。

 

昨日も天気がよく、とても暑かった。

本当にこのまま夏になってしまうよ。

でもいくら暑くても僕は10F(実質12F)の職場まで階段で上がるもんだからもう汗だく。そして職場も暑いからもう汗だく。

 

 

そんな汗だくだったもんだから、仕事終わりのビールは格別に美味かった。

喉も渇いていたし、ビールを飲んだ後の第一声は完全に「THEサラリーマン」だった。アーメン。

 

昨日行ったお店は焼酎がたくさん置いてある店なので、ビールを3,4杯飲んだ後は焼酎を飲んだ。

メニューにずらーっと並んだ焼酎の名前を見て、面白い名前のものを飲んだ。

とはいえ、最初は有名どころ『魔王』を飲んだ。伊坂幸太郎の作品にもあるなーなんて思いながら。

飲みながら話していると、何だか最近の僕の“耐え忍ぶ戦い”が虚しく思えてきて暗い気分になったので、2杯目に『あかるい農村』を頼んだ。「あかるい」を強調して頼んだ。『魔王』と同じ味がした。

『あかるい農村』を飲みながら話していると、名前の話になった。自分の子供にはどんな名前を付けるかとか、自分の名前は好きか、とか。

先輩の一人がある会話の流れで、「俺は“三郎”が付いた名前がよかった」と言ったので、3杯目に『五郎』を頼んだ。誰も僕のシャレたボケには気が付かなかった。『魔王』と同じ味がした。

『五郎』ボケが誰にも気付かれなかったことに傷心した僕は孤独を感じ、4杯目に『ひとり歩き』を頼んだ。店員さんが持って来て「『ひとり歩き』のロックで~す」と陽気に言ったので、「ありがとうございま~す。一人歩きしま~す」と陽気に言ったら、「一人歩きしてくださ~い」と陽気に言われた。『魔王』と同じ味がした。

やがて本の話になり、二人の先輩がおすすめの本を交換していた。僕はそんなものを持っていなかったので、二人を放っておくことにし、いっそこの世界から姿を消してしまおうと思った。5杯目に『夢鏡』を頼んだ。店員さんに「夢を見たいんだ」と言ったら苦笑いだった。『魔王』と同じ味がした。

 

結局飲み会は11時半くらいにお開きになり、僕は焼酎を飲むと疲れる感じに酔ってしまうので二次会的なものは行かずに帰った。

そして裸のまま、オーディオを付けたまま寝て3時くらいに起きて服を着てオーディオを消してまた寝た。

朝7時に起きたら、酒は全然残っていなかった。

焼酎は残ると思っていたけど、そんなことなかった。

ありがとう素敵なお酒たち。なんていうか、色々とありがとう。

ただ僕にはお前達の味の違いが分からねぇ。ごめん。

 

 

ではまた。

 

 

|

« ふと思ったこと | トップページ | 傾きは23.4度 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146160/29066233

この記事へのトラックバック一覧です: 一人焼酎遊び:

« ふと思ったこと | トップページ | 傾きは23.4度 »