« 脚は痛いし喉は痛いしアヒルと鴨の違いは分からないし | トップページ | いいじゃない »

2009年4月15日 (水)

チキンvsデブ

Photo 今日は朝から会社へ行き17時半まで働いて帰って来た。

 

今日はもうずっと二日酔いだった。

といってもアルコールが残ってるとかではなく、胃の辺りが気持ち悪かった。しかも飯食えば下痢になるし。普通アルコールって肝臓をダメにするんじゃないのかね。

僕の場合は胃なんだ。胃がダメになる。まさか、肝臓がさぼってアルコールの分解まで胃にさせてるんじゃないだろうか。おい肝臓!さぼるな!

まぁそんなことはない。

 

 

ふと思ったんだけど、最近僕の周りに幸せが溢れている気がする。

彼氏・彼女ができただの、子供が生まれただの、無事退院しましただの、彼氏が両親に会ってくれることになっただの。電車に乗っているとき目の前にいたカップルはずっといちゃいちゃしていたよ。

まったく羨ましい限りだ。ふんっ!

僕なんて小説『告白』読んでへこんでるっつーの。

なんだよあの小説。へこむわ、あんなの読まされたら。めっちゃ人殺してるし。復讐とか怖いし。

一体本屋さんはなんであれを売りたいなんて思ったのかね。

一体読んだ人にどう思ってほしいんだ。

ちくしょう。2,3ヶ月前なら耐えられたと思うけど、なんで今読んだんだ、僕は。

 

「幸せになんてさせるか」

 

誰かにそう言われてるみたいだ。

 

 

そんなことを考えながら帰りのバスを待っているとき、隣に超太ったおじさんが僕より先に並んでいた。

超太ったおじさんはTシャツ一枚だった。

僕はその人の次に並んでバスを待っていた。

やがてバスが来て超太ったおじさんと僕が乗り込んだ。

超太ったおじさんはシルバーシートにどかっと座った。

僕は超太ったおじさんに背を向ける格好で立っていた。

もう外は暗くなっていたから、窓ガラスが鏡のようになり僕の背後を映し出していた。

超太ったおじさんが見えた。

超太ったおじさんのTシャツには英語が書かれていた。

 

「DON'T BE A CHICKEN」

 

やがて超太ったおじさんはバスを降りた。

降りるとき、僕の背中に軽くぶつかった。

「おい、お前に言ってるんだ」と言われた気がした。

僕は思った。

「豚にはなってもいいのかね」

 

 

ではまた。

 

☆★本日の英語★☆

I told myself my heart would just get in the way

~ELEVENTYSEVEN『A STELLAR SAYONARA』

《訳》僕は独り言を言った 行く手を阻んでいるのは自分自身の心だと

 

 

|

« 脚は痛いし喉は痛いしアヒルと鴨の違いは分からないし | トップページ | いいじゃない »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146160/29132281

この記事へのトラックバック一覧です: チキンvsデブ:

« 脚は痛いし喉は痛いしアヒルと鴨の違いは分からないし | トップページ | いいじゃない »