« 空の高さ | トップページ | 村上春樹『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド(下)』 »

2009年5月15日 (金)

村上春樹『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド(上)』

を読み終えた。

 

こりゃまた難解な本だ。村上春樹の想像力は本当に凄い。なんであんなこと想像できるんだろうか。しかもその想像がさ、ただあることないことを書いてるだけじゃないんだ。実際の世界の問題を示唆していたり、人間の脳の働きとリンクしていたりして、非現実的な話なんだけど、本当に現実に有り得ない話なんだろうか、と思わせる。

話は、「世界の終わり」側と「ハードボイルド・ワンダーランド」側が交互に進んでいくんだけど、何か繋がりがありそうで、でもよく分からない。上巻を読み終えて部分的に共通点などが出てきたんだけど、全体像はまだ全然見えないんだ。今回は特にもったいつけてくれている。『ノルウェイの森』とか『海辺のカフカ』ほど面白いとは思わないけど、まぁ悪くはない。

何様だ。

いつものように、また折り目をつけたページから一部を紹介。

 

「世間のみんなはごく普通かもしれないけれど、まともじゃないわ」

~村上春樹『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド(上)』より~

 

大体の人が「普通=まとも」と考えていると思うんだけど、やっぱそれは違う。

例えば帝国主義の基では、他国への侵略は“普通”だったかもしれないけど、それはまともだったとはいえない。同じように、金融資本主義において、目に見えないお金を扱うことは“普通”かもしれないが、やはりまともじゃない。

僕は普通じゃなくてもいいから、まともでいたいなぁ。

 

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド〈上〉 (新潮文庫) Book 世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド〈上〉 (新潮文庫)

著者:村上 春樹
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

 

ではまた。

 

 

|

« 空の高さ | トップページ | 村上春樹『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド(下)』 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146160/29628437

この記事へのトラックバック一覧です: 村上春樹『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド(上)』:

» ノルウェイの森 Amazon [やさしい主要業界ニュース速報!]
ノルウェイの森II/L.A.WORKSHOP[CD]商品価格:2,250円レビュー平均:0.0 村上春樹、ノルウェイの森、自殺した直子の精神病の名前村上春樹、ノルウェイの森、自殺した直子の精神病の名前村上春樹、ノルウェイの森、自殺した直子の精神病の名前を教えてください。[⇒回答を読む] 村上春樹さんの『ねじまき鳥~』を読みました。春樹さんの作品は好きで、今まで『....村上春樹さんの『ねじまき鳥~』を読みました。春樹さんの作品は好きで、今まで『神の子どもたち~』『ノルウェイの森』『ダンス... [続きを読む]

受信: 2009年5月16日 (土) 15時04分

« 空の高さ | トップページ | 村上春樹『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド(下)』 »