« 自転車専用道路 | トップページ | 空にあるものたち »

2009年5月 9日 (土)

松葉杖デビュー

Photo さっき、痛めている踵を診てもらうために病院に行ってきた。病院は相変わらずお年寄りばかりだった。受付に診察券と保険証を出し、待合室で待っていた。混んでいるので1時間はかかると言われたが、じゃあいいです、なんて言えるはずもなく、想定内だった待ち時間の1時間を本を読んで過ごした。

やがて「上杉さん。上杉健太さん、診察室1番にお入りください」というアナウンスがあったので、診察室1番に入った。そこには怪我をする度お世話になる先生がいた。

「両足の踵が痛いんですって?」

「はい」

「いつからですか?」

「今週の月曜日からです」

「何をしたんですか?」

「ちょっと・・・酔っ払って・・・高いところから飛び降りたんです」

「どれくらいの高さか分かりますか?」

「たぶん3メートルくらいだと思います」

「ほほぉ。その時は痛みに気が付かなかった?」

「いえ、もう着地の瞬間からめちゃくちゃ痛かったです」

「なるほど。じゃあちょっと診せてね」

僕は足を台の上に乗せ、先生に身を ―といっても足だけだけど― 委ねた。先生は踵をあらゆる角度で押した。痛い時と、痛くない時があった。そして、左足は内出血していることに気付いた。また、右足の踵の方が痛いことが分かった。僕は左足のくるぶしの捻挫のような痛みに捉われ、左足の踵の方が重傷と思っていたけど、踵の痛みそれ自体は右足の方が大きいようだった。

一通り診ると先生は、レントゲン撮ってみないと何とも言えないけど、少なからず骨は傷付いてるよ、と言った。そして、後は砕けてるかどうかだね、と続けた。

 

「砕ける」

 

なんて恐ろしい表現だろう。思えば、砕けて嬉しいものなんてこの世に一つとしてないんじゃないか。

診察の後、レントゲン写真を撮るために1つ隣のレントゲン室に移動した。両足を同時に、1度角度を変えて2回撮影した。普通のカメラのように、パシャとかカシャとか、あるいはデジタルカメラのようにピピッなんて音もせず、光りもせず、撮影は終わった。レントゲン写真ってのはいつも拍子抜けするんだ。

写真ができるまで時間がかかるんだろう。僕はまた待合室で待つように言われ、本を読みながら待った。まだ読み始めたばかりの小説、村上春樹の『世界の終わりとハード・ボイルド・ワンダーランド(上)』。村上春樹の小説は、決まって序盤が退屈だ。でも病院の待合室ほど退屈なところもなく、この小説の序盤を読むには、病院の待合室はもってこいの場所だな、と思った。

僕のレントゲン撮影が終わってから2人ほど診察室に通され、その後に僕が呼ばれた。診察室1番に入ると、2枚のレントゲン写真が目に入った。どうやら骨折はないな、と僕でも判断できる写真だった。安心した僕は、踵の骨は僕の想像よりも出っ張っているなと、怪我と全く関係ないことを考えた。先生は、明らかに骨折だと分かる線は骨には入っていません、と言った。僕は安心した反面、ちょっとがっかりもした。どうせなら骨折しとけよ、と実はちょっと思った。せっかく病院まできたのに、と。でも先生は続けた。「明らかな骨折はなくても、レントゲンに写らない細かい傷やヒビが入ってるのは間違いない。それに、今は踵を浮かして歩いてるそうだけど、そういう変な歩き方が骨を歪めて怪我が悪化するってこともあるから、松葉杖を使って歩いた方がいいね。もし痛みが酷いようだったら痛み止めの飲み薬も出すよ。とりあえず1週間後にもう1回レントゲン撮って経過を見よう」。

僕は痛み止めの飲み薬を断り、松葉杖を借りることにした。

痛み止めは嫌いなんだ。痛みがなくなったら治ったかどうか分からないじゃないか。そして松葉杖は、是非借りたかった。踵を浮かして歩くあの方法は、僕も良くないと思っていた。なんか内股っぽくなるし、ふくらはぎにも負担がかかる。他にも気付かない内にどこかを痛める可能性もある。怪我ってのはいつもそうだ。それをかばう内に他の箇所を痛めるんだ。怪我ってやつはいつも誰かを巻き沿いにする。

先生にお礼を言い、診察室を後にして、受付で診察代と松葉杖のお金を払って病院を出た。自転車で来ていたので、松葉杖を自転車のどのポジションに納めればいいか、走りながら試行錯誤したけど、結局左のハンドルに引っ掛けて左手で支えながら帰って来た。

 

 

まぁそんなわけで、僕の踵はとりあえず骨折はしてなかった。1週間もあればそれなりに回復するだろう。安静にしてれば。

なんにしても松葉杖デビューである。

使用料、1日50円也。

 

 

ではまた。

 

 

|

« 自転車専用道路 | トップページ | 空にあるものたち »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146160/29525555

この記事へのトラックバック一覧です: 松葉杖デビュー:

« 自転車専用道路 | トップページ | 空にあるものたち »