« 新型fuckin'インフルエンザ | トップページ | やりたいことなんてなくったって別にいいよ »

2009年5月22日 (金)

映画『ガチ☆ボーイ』

を観た。

 

いやー危なかった。危うく泣くところだった。感動を誘う映画だとは思っていたけどさ、結構良かったね。佐藤隆太が主演なんだけどさ、彼がやる真面目な役はあまり好きではなかったんだけど、関係なかったね。結局泣きそうになってんだもんね。主人公は今日の記憶を明日まで保てないって設定なんだけど、これは辛いことだよね。生きてるっていえるのかな、とは主人公の台詞だけど、僕がこの立場になったらどうだろうな、なんて考えちゃったよ。もちろん想像し切れるわけはないんだけどね。いやーでもね、やっぱスポーツの映画はズルイね。最後絶対盛り上がるんだもん。僕の感動ポイントがあってね、こうラストの方で大技やらビッグプレーやらが出て観客がワーってなるとね、絶対鳥肌立っちゃうんだよ。『ガチ☆ボーイ』の場合は素人のスポーツが舞台だから鳥肌は立たなかったけれど、その代わり泣きそうになっちゃったんだな。あと最後の泉谷しげる。あのカットはヤバかった。もうすぐで涙がこぼれるとこだったわ。あんなおっさんに記録止められてたまるかいっ!中2の春以来泣いてない記録、継続中。

 

 ガチ☆ボーイ ガチ☆ボーイ
販売元:TSUTAYA online
TSUTAYA onlineで詳細を確認する

 

 

ではまた。

 

 

|

« 新型fuckin'インフルエンザ | トップページ | やりたいことなんてなくったって別にいいよ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146160/29741489

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ガチ☆ボーイ』:

« 新型fuckin'インフルエンザ | トップページ | やりたいことなんてなくったって別にいいよ »