« さよなら さよなら さよなら | トップページ | 臭いは感染する »

2009年6月16日 (火)

雷様

Photo 今日は朝から会社へ行き20時過ぎまで働いて帰って来た。

 

昼休みに外に出たときはまだ雨は降っていなかったのに、帰るときには豪雨となっていた。僕は雨が嫌いだけど、なぜかこの雨は嫌な感じがしなかった。さしている傘の外から雨が吹き込み、肩や背中が濡れても、歩くたびにズボンの裾が濡れても、不思議と嫌ではなかった。洗い流す雨。自分でもよく分からないけれど、これは洗い流す雨だ、と思った。何を洗い流すのかは知らない。罪。失敗。汗。よく分からない。でもなぜか、すっきりとする雨だった。

でも雷は余計だと思った。雷は怖いのだ。子供の頃は雷を怖いだなんて思ったことはなかった。怖がる妹をからかったりもしていた気がする。でも今の僕は雷が怖い。なぜなら、圧倒的だからだ。あの圧倒的なエネルギーの前に、僕はあまりにも無力で、もし打たれようものならたぶん簡単に死んでしまうだろう。何の抵抗もなく、僕は死ぬのだ。抵抗もなく、予測もない。無防備なまま、打ち抜かれるのだ。究極的には暴力に対抗する術がないように。こんな夜には、僕たちの命は雷に依存しているのだ。そうか。雷はやっぱり神だったのか。

 

なんてことはない。

 

 

ではまた。

 

☆★本日の英語★☆

I'm better late than never

~MXPX『MY LIFE STORY』~

《訳》遅刻するほうがすっぽかすよりマシだろ

 

 

|

« さよなら さよなら さよなら | トップページ | 臭いは感染する »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146160/30140165

この記事へのトラックバック一覧です: 雷様:

« さよなら さよなら さよなら | トップページ | 臭いは感染する »