« 映画『鈍獣』 | トップページ | 村上春樹『ダンス・ダンス・ダンス(下)』 »

2009年6月20日 (土)

やれやれデー

Photo_2 今日は映画を観て買い物をしてきた。

 

家でどの映画を観ようか調べていたら、ちょうど原作・伊坂幸太郎の『ラッシュ・ライフ』が公開2週目だったから観ようと思った。上映している映画館が新宿のバルト9だけだった。やれやれ、と僕は思った。新宿か。できれば行きたくないな、と思った。でも僕は出掛けた。欲しいものがそこにしかなければ、そこに行くしかないのだ。

新宿に着くとまず、HMVへ行き日本のパンク・バンドのCDを2,3枚視聴した。なかなかいいものもあったんだけど、ヴォーカルが好みでなく、それらは買わなかった。その代わりに、先日探しても探しても見つからなかったガガガSPのベストアルバムを買った。

次に映画を観るためにバルト9に向かった。新宿などの都心に行くといつも思う。秩序がない。歩き方が分からないのだ。どのように歩くのが正解なのか、どうしても分からないのだ。右端を歩けばいいのか、左端を歩けばいいのか、あるいは真ん中なのか。歩くペースも、どうしても安定しない。もしかしたら僕以外のみんなは、秩序やらルールやらマナーやらを知り尽くしていて、実はそれに則って歩いているのかもしれない。確かにみんな、すごく自然に歩いているように見える。知らないのは僕だけなのかもしれない。でも知らないものは、僕にとってはないことと同じなのだ。秩序はないのだ。

『ラッシュ・ライフ』を観ることはできなかった。観ようと思っていた16時25分の回がすでに満員だったのだ。その次の回は時間が離れすぎていて面倒だったから、僕は結局あきらめることにした。映画館には、本当にたくさんの人がいた。やれやれ、と僕は思った。

次はどうしようかと思った。このまま帰るのもどうかと思った。本を買おうと思った。紀ノ国屋へ行き、新書と文庫のコーナーを物色した。新書で1冊面白そうな本があったので買おうと思った。ところが僕は、それもまたあきらめた。レジに行列ができていたのだ。やれやれ、と僕は思った。何もここで買う必要はない。僕は本を棚に戻し、外へ出た。

やっぱり映画を観ようと思った。空いている映画館で。僕は武蔵野館へ向かった。正直、観たい映画は1つもやっていなかった。どの映画も、観る前から面白くないと予想できるものばかりだった。『幸せのセラピー』、『トワイライト 初恋』、『鈍獣』、『アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン』、『スラムドッグ$ミリオネア』。どれも観たいとは思わなかった。でも人生には、“まし”を選ばなければならない時もある。“まし”は『鈍獣』だな、と思った。もちろん映画は、予想通りにつまらなかった。やれやれ。

つまらない映画にちょっと腹を立てて、僕は駅に向かった。駅の改札前には、日本の全ての若者が集合していた。きっと徴兵制度ができたんだな、と僕は思った。元気な若者を集めて、鬼退治へ出かけるのだ。幸い僕は赤紙を受け取っていないようだったし、電車に乗って帰ることにした。そして地元の本屋で、戦地では買わなかった本を、全く同じ本を、1秒も並ばずに買った。おかしな世の中なのだ。やれや・・・。やめた。

 

 

ではまた。

 

☆★本日の英語★☆

I've got weak constitution

~+44『LILLIAN』~

《訳》俺は弱い気質の持ち主なんだ

 

 

|

« 映画『鈍獣』 | トップページ | 村上春樹『ダンス・ダンス・ダンス(下)』 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146160/30197743

この記事へのトラックバック一覧です: やれやれデー:

« 映画『鈍獣』 | トップページ | 村上春樹『ダンス・ダンス・ダンス(下)』 »