« 映画『ブッシュ』 | トップページ | 映画『サウスバウンド』 »

2009年6月 7日 (日)

恩田陸『ユージニア』

を読んだ。

 

とある大量毒殺事件を、様々な証言を基に再構築していく話だった。

とても面白かった。恩田陸は本当に引き込む力が凄い。またまたどんどん読めてしまった。この小説では、例えば登場人物などの説明があまりなく、読み進めていくうちに分かったり、はっきりとした明言がないからこっちで想定しながら読まなければならず想像力が掻き立てられる気がした。ミステリーなんだろうけど、結末ははっきりしないままだった。あとがきでも恩田陸本人が、「グレーなものを書きたかった」と言っていた。まさに結末はグレーだった。一体何が事実なのか分からない。まさにこの世界みたいだ、と思った。

 

事実は、ある方向から見た主観に過ぎません。

~恩田陸『ユージニア』より~

 

 ユージニア   ユージニア
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

 

 

ではまた。

 

 

|

« 映画『ブッシュ』 | トップページ | 映画『サウスバウンド』 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146160/29994263

この記事へのトラックバック一覧です: 恩田陸『ユージニア』:

« 映画『ブッシュ』 | トップページ | 映画『サウスバウンド』 »