« 水の節約はエコなのか | トップページ | 梅雨入り済み »

2009年6月11日 (木)

へでいく

Photo 今日は朝から会社へ行き18時くらいまで働いて帰って来た。

 

今日の朝は雨だった。僕は天気の悪い日の大抵は頭が痛い。頭が痛いってのは仕事が憂鬱とか借金が返せないときに使う表現ではなく、実際に頭が痛いのだ。よく低気圧が空を覆っている日に頭が痛くなる、という人がいるけど、まさしくそれだ。どんよりと曇っている日などは後頭部がガンガンガンガンしている。

でもなんで低気圧だと頭が痛くなるんだろうか。なぜ高気圧ではなく、低気圧なのだろうか。なぜ膝ではなく頭なのだろうか。なぜなんだ。

というわけでまたネットで検索してみた。「頭痛 低気圧」、検索。

やはりこの悩みを抱えている人は多いらしく、掲示板などに多くの書き込みがあった。何かどれもうそ臭い分析だが、一応挙げてみると、

 

・低気圧によって頭蓋内の組織(悩・血管・末梢神経など)が圧迫されるため

・低気圧によって空気中の酸素濃度が下がり、血管が膨張するため

・人の持っているエネルギーは右回りで、低気圧のエネルギーは左回りだから

 

とまぁ、ざっとこんな感じ。

低気圧になることで体内の何かが膨張するってのは理解できるな。飛行機の中でスナック菓子などの袋がパンパンになることでお馴染みだ。人間界と違って自然界では、モノは高いところから低いところへ流れるのだ。で、なんで頭だけ痛むのかというと、頭は硬い頭蓋骨に覆われているから。膨張に対して形を変えることができないから内部が圧迫されて痛みを感じるのだ。

おお。何か納得できた。低気圧で頭痛がするのは自然の摂理なのだ。低気圧で頭痛になる人とならない人がいるのは頭蓋骨の硬さに差があるかららしい。柔らかい頭蓋骨はある程度変形することができるから内部が圧迫されにくいんだろう。

まぁとにかく、エネルギーの向きは関係ねぇってこったぁ。

 

 

ではまた。

 

★☆本日の英語☆★

I've picked myself up and let myself down for what seems like more than a decade

~the jv allsters『Stick up for yourself』~

《訳》自分を奮い立たせたり、落ち込ませたり そんな事を何年も繰り返してきた

 

 

|

« 水の節約はエコなのか | トップページ | 梅雨入り済み »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146160/30059521

この記事へのトラックバック一覧です: へでいく:

« 水の節約はエコなのか | トップページ | 梅雨入り済み »