« 朝、後悔 | トップページ | 仕事が楽しいときもある »

2009年6月 2日 (火)

恩田陸『六番目の小夜子』

を読んだ。

 

これはかなり面白かった。何か学ぶものがあるとか、感心するとか、そういった類のものではなかったんだけど、ストーリーにもの凄い引き込まれた。とにかくスラスラ読んでしまって、あっという間に読み終わってしまった。

話は、とある高校の「サヨコ」という奇妙な伝統についてのもので、その伝統を例年通り実行する者と、ちょっと波乱を起こそうとする者と、この奇妙な伝統を解明しようとする者の思惑が入り混じって、とてもミステリアスな感じになっていた。どうやらすでにドラマか何かで映像化されているようなんだけど、小説読みながら映像が浮かんでくるほど、想像力を掻き立てられる作品だ。僕にとって2つ目の恩田陸作品だったんだけど(ちなみに1作目は『夜のピクニック』)、これもかなり面白かった。いいよ、恩田陸。

『六番目の小夜子』、お勧め。

 

六番目の小夜子 六番目の小夜子

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

 

 

ではまた。

 

 

|

« 朝、後悔 | トップページ | 仕事が楽しいときもある »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146160/29912949

この記事へのトラックバック一覧です: 恩田陸『六番目の小夜子』:

« 朝、後悔 | トップページ | 仕事が楽しいときもある »