« クタクタボーイ | トップページ | のりつけ雅春『高校アフロ田中①~⑤』 »

2009年7月 1日 (水)

恩田陸『ネクロポリス(上)』

を読んだ。

 

面白い。恩田ワールドだ。引き込まれる。設定が面白いし、キャラクターも面白い。文章の書き方も僕の好みだ。ちょっとミステリーに寄りすぎているところが気になるけど、それもまた恩田陸っぽさだと思う。例えば伊坂幸太郎のように、「うぉ!」と思わせる台詞や表現は少ないのだけれど、世界観の作り込みと発想はすごい。

上巻の終わり方がすごく続きが気になる終わり方だから、さっそく下巻に取り掛かろう。

 

最後に、いつものように折り目を付けたページから一部を抜粋して紹介。

 

社会がマジョリティによって形成されていることを彼は思い知った。善悪や道徳を定めているのは、神ではなく大衆の多数派である。

~恩田陸『ネクロポリス』より~

 

 ネクロポリス(上) ネクロポリス(上)
販売元:TSUTAYA online
TSUTAYA onlineで詳細を確認する

 

 

ではまた。

 

 

|

« クタクタボーイ | トップページ | のりつけ雅春『高校アフロ田中①~⑤』 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146160/30361694

この記事へのトラックバック一覧です: 恩田陸『ネクロポリス(上)』:

« クタクタボーイ | トップページ | のりつけ雅春『高校アフロ田中①~⑤』 »