« あやふや | トップページ | 配偶者の呼び方 »

2009年9月13日 (日)

奥田英朗『空中ブランコ』

を読んだ。

 

直木賞を受賞した作品ということもあって期待していたけど、これの前作『イン・ザ・プール』とほとんど同じ内容であまり面白くなかった。いや、面白いといえば面白いのだけど、『イン・ザ・プール』の後に続けて読んでもイマイチということだ。読むならどちらかだけでいいという感じ。いくらシリーズものといっても、さすがにこれだけ前作と同じだと萎える。

でも一応折り目をつけたページもあったので紹介。

 

「(前略)性格っていうのは既得権だからね。あいつならしょうがないって思われれば勝ちなわけ」

~奥田英朗『空中ブランコ』より~

 

空中ブランコ 空中ブランコ

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

 

うん。破天荒な性格の伊良部だからこそ説得力の出る発言だ。

これは僕もよく分かる。例えば僕は、グサっとくる発言をしても「上杉だから」的な感じである程度許されている気がする。そんなには「あの人ひどくなぁ~い?」とは言われない。たぶん。これは僕が常にそうであるからそうなったのである。そしてたまに優しいことを言うと妙に感動される。

自分勝手な奴らはこうして得をするのだ。ぬはは!

 

 

ではまた。

 

 

|

« あやふや | トップページ | 配偶者の呼び方 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146160/31356242

この記事へのトラックバック一覧です: 奥田英朗『空中ブランコ』:

« あやふや | トップページ | 配偶者の呼び方 »