« 誤解 | トップページ | 伊坂幸太郎『あるキング』 »

2009年9月 3日 (木)

村上春樹『アフターダーク』

を読んだ。

 

なかなか不可解な話だった。面白いといえば面白いのだけど、何が面白いのかって聞かれれば答えられない。ストーリーが面白いということはない。もうこれは、文章が面白い、というしかない気がする。村上春樹の作品は全部そんな感じがするが、『アフターダーク』は特にそうだった。まぁお勧めするような小説ではないな。

ではまた折り目をつけたページの一部を紹介。

 

「(前略)私らの立っている地面いうのはね、しっかりしてるように見えて、ちょっと何かがあったら、すとーんと下まで抜けてしまうもんやねん。それでいったん抜けてしもたら、もうおしまい。二度と元には戻れん。あとは、その下の方の薄暗い世界で一人で生きていくしかないねん」

~村上春樹『アフターダーク』より~

 

アフターダーク アフターダーク

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

 

しっかり地面に立っている人も、落ちちゃった人も、大した差なんてないんだ。だって誰だっていつ落ちちゃうか分からないんだからね。

 

 

ではまた。

 

 

|

« 誤解 | トップページ | 伊坂幸太郎『あるキング』 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146160/31218548

この記事へのトラックバック一覧です: 村上春樹『アフターダーク』 :

« 誤解 | トップページ | 伊坂幸太郎『あるキング』 »