« 男と女と神様と | トップページ | 村上春樹『羊をめぐる冒険(下)』 »

2009年10月 1日 (木)

地球の力を借りる

さっき外を走って、分かったことがある。

走るってのは、地球の力を借りるってことなんだ、と。

この前テレビで、とある大学の陸上部の監督が言っていたし、小説『一瞬の風になれ』でも言っていた。地面を叩いて、その反発の力をもらって進むんだ、と。

外を走っていてダッシュをしてみると、僕は全然スピードに乗れている感じがしなくて、このことを思い出した。

僕は、地面を後ろに蹴るんじゃなく、下に叩いてその反発で足を上げる、ということを意識してもう一度ダッシュをした。

もしかしたら気のせいかもしれないけれど、スピードに乗れた気がした。そして軽く進めた。

なるほど。

歩くというのは実に自力的な行為であるけれど、走るってのは地球の恩恵を受けることなんだな。ウサイン・ボルトは、最も地球に愛されている人間なのかもしれない。

走るって面白いな。

 

 

ではまた。

 

 

|

« 男と女と神様と | トップページ | 村上春樹『羊をめぐる冒険(下)』 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146160/31598532

この記事へのトラックバック一覧です: 地球の力を借りる:

« 男と女と神様と | トップページ | 村上春樹『羊をめぐる冒険(下)』 »