« 電話したら脅されるあれか!? | トップページ | 振り出しに戻れ »

2009年10月 8日 (木)

伊坂幸太郎『陽気なギャングが地球を回す』(再読)

やっぱ面白かった。郷野が好きだ、僕は。あの適当さ。そしてユニーク。そして知識の豊富さ。あんな人が近くにいたらそれだけでちょっと人生面白いだろうなと思う。あるいは自分がそうなれれば・・・。でも郷野は成瀬みたいな大人がいるからいいのかもな。じゃなきゃ一人相撲でおしまいかもしれない。ツッコミがいるからボケが活きるのと似ている。

なんていうか、ここまでとは言わないけど、もっとこう、ちゃんとした会話がしたいなぁ。誰かが何か言って「ははは!」とかしょーもないやり取りじゃないくて、もっとこう、キャッチボールっていうか、そのやり取り自体が面白いっていうか・・・。それこそ容赦ないツッコミがあったり、周りを気にしない大胆な発言があったり・・・。

なんかこの小説は自由で、何にも縛られていなくて、とてもいい。

 

「人間は後悔をする動物だが、改心はしない。繰り返すんだよ、馬鹿なことを。『歴史は繰り返す』というのは、それの言いわけだ」

~伊坂幸太郎『陽気なギャングが地球を回す』より~

 

郷野はこういう格言めいたことを連発するところもいい。思い切っている。

気持ちがいい。

僕ももっと、思い切りのいい人間にならなきゃいけないなぁ。

 

 

ではまた。

 

 

|

« 電話したら脅されるあれか!? | トップページ | 振り出しに戻れ »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146160/31707915

この記事へのトラックバック一覧です: 伊坂幸太郎『陽気なギャングが地球を回す』(再読):

« 電話したら脅されるあれか!? | トップページ | 振り出しに戻れ »