« 伊坂幸太郎『陽気なギャングが地球を回す』(再読) | トップページ | 買い物上手が地球を救う »

2009年10月 8日 (木)

振り出しに戻れ

人は誰でも、組織の中とか人間関係の中で、何かを演じていたり自分を抑えたり、偽ったりしている。「自分を偽る」ってのは、「本当の自分」という考えがあって初めて成り立つものなので実に疑わしい表現だが、まぁ分かりやすいのでこのままにしておく。

なぜそんなことをするのかというと、その方が都合がいいからだ。例えば仕事が円滑にいくとか、争いが起きないとか、人を幸せにできるとか。

でも実はそれが自分にとってストレスになっていたりもする。そしてそれに自分自身が気がつかなかったりする。知らないうちに、内側にどんどんストレスが蓄積されていく。

この過程に気づくことはたぶん結構難しい。気づかずに、全てはうまくいっていると思い込む。でもふとしたときに気づく。「これでいいのか」と、思う。

そう思って、演じたり偽るのをやめてみる。すると驚く。ここまでか、と思うほどに、今までの環境に馴染めない。演じていた頃にはむしろ心地よくも感じていた空気に、まったく馴染めなくなる。

知らず知らずこうなってしまっていたことに、僕はぞっとする。きっと昔の僕が見たら「お前もしょーない人間になっちまったな」と言うだろう。そう思うと僕は、やるせない気持ちになる。なりたくないと思っていた人間になってしまうことほど、屈辱的なことはない。

演じたり、抑えたり、偽ったり。

そうやって僕は、きっと狂っちまったんだ。それを直すには多少の無理が必要なのだ。

他人に伝わってしまうほどの無理だ。

正常に戻っていく僕を見て周りは、「あいつは最近おかしい」とか思うんだ。

せめてそれを、いちいちイラつかずに流したいものだ。

 

 

|

« 伊坂幸太郎『陽気なギャングが地球を回す』(再読) | トップページ | 買い物上手が地球を救う »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146160/31708208

この記事へのトラックバック一覧です: 振り出しに戻れ:

« 伊坂幸太郎『陽気なギャングが地球を回す』(再読) | トップページ | 買い物上手が地球を救う »