« 甘え | トップページ | 伊坂幸太郎『重力ピエロ』(再読) »

2009年10月19日 (月)

平日が5日間で休日が2日間ってのはズルい気がしないか

最近の僕は、土日が予定で埋まっていた。これは僕にとってはとても珍しいことだ。名波が右足でシュートするくらい、珍しいことだ。

今週末も家にいる時間がほとんどなかった。土曜日は朝から仕事で品川へ出掛け、一度家に帰ってからすぐにまた出掛けた。大学時代所属していたゼミの先生と飲んだ。先生は僕の悩みとも言えないような話を聞いて、現実的な意見をくれた。先生はとてもいい人だ。こんな僕を馬鹿にすることもなく、真剣に話してくれる。先生は、とても、いい人なのだ。そうそう。先生がこのブログのことを知っていたのにはとても驚いた。そしてちょくちょく見に来てくださっているようだ。しかも僕がこの前書いた、地域のつながりについての記事を学生に紹介してもいいか、と言ってきた。もちろん僕は、いいですよ、と答えたが、こんないい加減な人間の記事を学生に読ませようなんて、先生は変わり者だ。

最初は二人で飲んでいたのだが、途中から先生の高校時代の後輩の方が加わった。先生の2歳下というから、僕よりももちろん遥かに年上だ。でも僕は酔っ払っていたことと真剣に悩んでいたことから、その人に突っかかった。完全に誤解だったと思うけど、そのとき僕は、その人に笑われたと思ったのだ。それで、何がおかしいんですか、みたいに突っかかった。あれは最低だったと思う。もし次に会うことがあったら全力で謝ろう。そしてお酒のせいにしてしまおう。

 

日曜日は朝からサッカーの試合だった。僕は後半からツートップの一角で出場した。人数が多いときにはFWは必ずといっていいほど、前後半のうちのどちらかしか出場できない。きっと草サッカーについてまとめた法律にそう書かれているのだ。僕より体力ないやつなんていっぱいいるのに、と思うが、法律ならば仕方がない。

前半は、勝てると思っていた相手に0-1のスコアで終わった。すっかり鬱憤が溜まっていた僕は、後半から出場すると、とにかく走りまくった。守備のときには前線からプレッシャーをかけまくり、攻撃のときには何度も裏を取った。でも試合には負けた。2-4。僕はノーゴールだった。そしてスライディングで左のケツを派手に擦りむき、左目を蹴られて青くなった。踏んだり蹴ったりと辞書で調べたら、「サッカーの試合に負けたあげく、左のケツをすりむき、左目が腫れること」と出てくるだろう。

その後は会社の先輩の結婚式の二次会へ行った。僕はその先輩とはそれほど仲がいいわけではないんだけど、出し物をやってくれ、と依頼されていたので参加した。出し物は、ハイロウズの『日曜日よりの使者』の替え歌を会場の人みんなで大合唱するというものをやった。パワーポイントで作ったスライドを見せながら。これが大成功だった。何かを成功させるっていうのはいいものだ。

二次会の後はその場にいた知り合い6人で飲みに行った。これもまた楽しい飲み会だった。結局12時半くらいまで飲んだので、渋谷から武蔵境までタクシーで帰ってきた。同じタクシーに乗ったイラストレーターさんに、僕は日ごろ思っていることを語った。きっともの凄く迷惑だっただろうなと、今朝になって思った。でも、それが僕だから仕方ない。「仕方がない」を辞書で調べたら、「上杉が語ること」と出てくるのだ。

 

最近の僕は、週5日仕事をしに行っている会社では最低のテンションで過ごしていた。それこそ周囲に気を使わせてしまうほどのテンションだ。その反動なのだろうか。最近、土日がめちゃくちゃ楽しい。もちろん日曜日にはROONEYSがあるし、前から土日のために生きてるようなところはあったんだけど、最近はROONEYS以外でも、土日にやることは何でも楽しい。まぁこれも、相対的な話なのかもしれないな。平日に対する週末。比較するとこうなる、ということなんだろう。

でもこの週末を経て、僕はちょっと回復できた気がする。仕事も、頑張れる。

かもしれない。

 

 

ではまた。

 

 

|

« 甘え | トップページ | 伊坂幸太郎『重力ピエロ』(再読) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146160/31845073

この記事へのトラックバック一覧です: 平日が5日間で休日が2日間ってのはズルい気がしないか:

« 甘え | トップページ | 伊坂幸太郎『重力ピエロ』(再読) »