« ダルビッシュと僕 | トップページ | 年間49万円 »

2009年11月 3日 (火)

海堂尊『夢見る黄金地球儀』

を読んだ。

 

あまり面白くなかった。

話としては面白かったと思う。時価1億5千万円の黄金地球儀を盗み出すという。そしてその計画には様々な裏があって、そういった設定も良かった。

でもこの作家は描写が下手なのか、読んでいてもあまりワクワクしなかったし、絵が想像しにくかった。

ストーリー良し、設定よし、キャラクター良し。

だからこそ、なんか残念だった。

折り目もなし。

 

あまりお勧めはしない。

 

 

ではまた。

 

 

|

« ダルビッシュと僕 | トップページ | 年間49万円 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146160/32054676

この記事へのトラックバック一覧です: 海堂尊『夢見る黄金地球儀』:

« ダルビッシュと僕 | トップページ | 年間49万円 »