« 「永遠」から思うもの | トップページ | バスの話 »

2009年11月28日 (土)

新潮社ストーリーセラー編集部 編『Story Seller』

を読んだ。

 

これは総勢7名の作家の短編を集めた本で、特にテーマなどがあるわけではない。

全体の感想としては、まぁ悪くないという感じ。いいものもあれば、全然面白くないものもあった。

購入のきっかけは伊坂幸太郎。1つ目の話が伊坂幸太郎なのだ。それを書店で知り、即購入。でも伊坂幸太郎の話『首折り男の周辺』はイマイチだった。

良かったのは、近藤史恵の『プロトンの孤独』、有川浩の『ストーリー・セラー』、道尾秀介の『光の箱』。打率0.428。野球でいえばかなりいい数字だ。買って損はないといえる。

『プロトンの孤独』は、ロードレース(自転車)の話で、主人公のキャラクターが爽快で気持ちが良かった。あとスポーツが題材なものはどうしても惹かれてしまう。これはもう致し方ないことだと悟った。

『ストーリー・セラー』は、何ていうか、引き込まれた。括ってしまえば恋愛小説といえるのかもしれないけど、そんな軽いもんじゃない。作家の妻と彼女を支える夫のお話。出会い、恋に落ち、夢を実現し、病気になる。引き込まれた。

『光の箱』も、括ってしまえば恋愛小説といえると思う。でもこれも色々と肝を冷やされた。ミステリーの一面も持っていて、とても面白かった。そして、ラストが良かった。ラストが良いかどうかは、とても重要だ。

 

伊坂幸太郎が面白くなかったのは残念だったけど、普通なら読む機会がなかったであろう作家の話が読めたのは良かった。ここから広げたくなる作家もいる。

悪くない本だ。

何様だ。

 

 

ではまた。

 

 

|

« 「永遠」から思うもの | トップページ | バスの話 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146160/32396237

この記事へのトラックバック一覧です: 新潮社ストーリーセラー編集部 編『Story Seller』:

« 「永遠」から思うもの | トップページ | バスの話 »