« 年間49万円 | トップページ | 垣根涼介『ワイルド・ソウル(上)』 »

2009年11月 7日 (土)

映画『沈まぬ太陽』

を観た。

 

面白かった。

フィクションということになってはいるが、どうやら日本航空で本当にあった出来事を描いているようだ。そのせいで映画化が大変だったと、ニュースで観たことがあったし。

会社の不当人事、航空機墜落事故、かつての仲間の裏切り、不祥事と命懸けの復讐。色々な問題が詰め込まれていた。およそ3時間半の大作だ。

途中で10分の休憩があったほど。さすがに疲れた。正直言うと、後半は疲れてしまって少しどうでもよくなってしまった(笑)ストーリー展開的にも、前半は墜落事故の遺族の話などが多く、目頭が熱くなることがあったのだが、後半は会社の不条理にまつわるエトセトラだったので、どうしても後半の方が退屈になってしまった。

いやしかし、腐った経営者ってのはいるんだな、という感じだ。自分の昇進のためなら何でもする人間もいれば、自分の利益を犯す可能性がある人間に対しどんな手段を使ってでも潰そうとする人間もいる。そんな会社に振り回され続けた主人公が息子に言った、「友達は大切にしろよ」という言葉がとても重く感じられた。

『沈まぬ太陽』。観てみてもいいと思うよ。

ただ、僕は吉祥寺で10時半からの回を観たんだけど、周りはほとんど中年の人だった。土地と時間帯のせいかもしれないけど、もっと若い人も観た方がよい。泣くことが映画を観る目的の人にとっても、その目的を果たせるものになっているよ。

 

 

ではまた。

 

 

|

« 年間49万円 | トップページ | 垣根涼介『ワイルド・ソウル(上)』 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146160/32115198

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『沈まぬ太陽』:

« 年間49万円 | トップページ | 垣根涼介『ワイルド・ソウル(上)』 »