« ゴン中山・鈴木秀人の戦力外通告について | トップページ | 創価学会がなんだ »

2009年11月12日 (木)

照れ女

今日、TSUTAYAでゲームソフトと小説を買った。

合計金額が5770円だった。

僕は千円札6枚と、50円玉1枚、10円玉2枚を出した。

女性の店員はお札の枚数を数え、硬貨を目の動きだけで数えたあと、こう言った。

「670円お預かりします」

僕が思わずクスリと笑うと、店員は顔を真っ赤にして、「すみません!6070円ですね!」と慌てて訂正した。

くしゃみをした後の女性の顔がかわいいのは「照れ」とか「恥ずかしい」とかいう表情になっているかららしいが、今日僕は、なるほど、と思った。店員は特別かわいいというような顔立ちではなかったが、この瞬間の顔はかわいかった。

照れてる女の人はかわいいのだ。

もし「照れ」をコントロールできる女性がいたら間違いなくモテモテだろう。

 

 

ではまた。

 

 

|

« ゴン中山・鈴木秀人の戦力外通告について | トップページ | 創価学会がなんだ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146160/32189643

この記事へのトラックバック一覧です: 照れ女:

« ゴン中山・鈴木秀人の戦力外通告について | トップページ | 創価学会がなんだ »