« 神様が残したもの | トップページ | へとへとDAY »

2009年11月24日 (火)

伊坂幸太郎『SOSの猿』

を読んだ。

 

副業で悪魔祓いをしている主人公が、とある引きこもりの青年の悪魔祓いを引き受けたことから始まる物語。そのストーリー進行は実にユニークだった。最初、どうなってんだこれは、という感じだった。もちろんそれは、中盤あたりに明らかにされるのだが、「そういうことだったのか!」という納得感は気持ちが良かった。

今作は、またまたいつもとは違う作風の小説だった。何とも、説明が難しい。面白かったのだが、伊坂幸太郎の初期の頃とは全く違う。気障な表現も少ないし、格言めいた台詞も少ない。ただ、「らしくない」なんて言葉を使う気にもなれない。たとえば最後の一文を読んだ僕は、あぁ、これが伊坂幸太郎の小説の終わり方だ、と思った。まさしく、「伊坂らしい」といえるだろう。

『SOSの猿』というタイトルがまずいい、と僕は思った。そして、表紙のデザインが最高。きれいで、不思議だ。書店でご覧あれ。

それに、帯に書かれたコピーもいい、と思った。

 

「この物語が、誰かを救う」

 

会社の先輩が、いつか同じようなことを言っていたな、と思った。そしてこの小説を読んで、たしかに物語は誰かを救うな、と思った。というよりも、物語が誰かを救えないでどうするんだ、と思った。それこそがあるべき姿のように思えた。

他にも、「無意識」について語るシーンも興味深かったし、悪魔祓いや音楽について語るシーンも印象的だ。

なんかこうやって感想を書いていると、やはりこの作品は伊坂幸太郎の作品だったんだな、と思えてきた。思えば、格言めいた台詞や面白い比喩や、気障な表現がけっこうあった。前よりはそれが隠れるようになっただけなのかもしれない。まぁ難しいことは分からないが。

 

それではいつものように折り目をつけたお気に入りの一文を紹介。

 

「物語を考えることは、救いになるんですよ」とわたしは言う。(中略)「たとえば、二度と会えない誰かが今どうしているのか、最後まで見届けられなかった現実がその後どうなったのか、そういった物語を想像してみると、救われることはあるんです」

~伊坂幸太郎『SOSの猿』より~

 

僕はそういう物語を作れずに一人でクヨクヨしたりするのが得意だ。たまに物語を作ったと思えば、自分が悲劇の主人公の悪趣味な物語だ。

物語とはそうあるべきではない。

この小説を読んで、僕はそう思った。

この物語が、僕を救った!

 

 

なんつって。

 

 

ではまた。

 

 

|

« 神様が残したもの | トップページ | へとへとDAY »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146160/32345399

この記事へのトラックバック一覧です: 伊坂幸太郎『SOSの猿』:

« 神様が残したもの | トップページ | へとへとDAY »