« 大人になるということは、物事を複雑にするということなのだ | トップページ | 「すみません」を「ありがとう」に »

2009年12月18日 (金)

道尾秀介『向日葵の咲かない夏』

を読んだ。

 

全然面白くなかった。それどころか、気持ちが悪いとさえ思った。実際、気持ちの悪い小説なのだ。こんなのは、湊かなえの『告白』以来だ。

全くお勧めできないのでご注意。

 

 

ではまた。

 

 

|

« 大人になるということは、物事を複雑にするということなのだ | トップページ | 「すみません」を「ありがとう」に »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146160/32656506

この記事へのトラックバック一覧です: 道尾秀介『向日葵の咲かない夏』:

« 大人になるということは、物事を複雑にするということなのだ | トップページ | 「すみません」を「ありがとう」に »