« 生きていい | トップページ | 超仮の話 »

2009年12月31日 (木)

太田光『トリックスターから、空へ』

を読んだ。

 

面白かった。やはり太田光はいいことを言う。僕なんかは考えもしなかったこと、ただ素通りしてしまっていたことについて、太田は考えているのだ。凄いな、と思うと同時に、少し悔しくもある。この人はこんなに考えているのに、俺は一体何をしてたんだろうか、てな感じで。

この本は短いエッセイを集めたものだ。書いた時期によってトピックがかなり偏っていて、そういう観点で読んでも面白い。

 

大田の凄いところは、専門がないことだ。ありとあらゆるジャンルのことについて発言をする。専門家に意見する。考えているからできることだ。ただ知識を吐き出す馬鹿ではなく、自分の頭で考えたことを(もちろん引用はあるのだろうけど)話せる人なのだ。負けてらんねぇ。

 

お勧めです。

 

 

ではまた。

 

 

|

« 生きていい | トップページ | 超仮の話 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146160/32800079

この記事へのトラックバック一覧です: 太田光『トリックスターから、空へ』:

« 生きていい | トップページ | 超仮の話 »