« 道尾秀介『向日葵の咲かない夏』 | トップページ | 冬だねぇ »

2009年12月19日 (土)

「すみません」を「ありがとう」に

この前バスで席を譲った時、譲った人から「すみません」って言われた。

ああいう時って、「すみません」と謝っちゃう人と、「ありがとうございます」とお礼を言う人がいる。

僕はああいう時って、絶対「ありがとう」の方がいいと思うんだが。

「すみません」なんて言っちゃうとさ、まるで誰かが悪いことをしたみたいじゃないか。誰も悪いことなんてしてないのに。

それに対して「ありがとう」ってのはさ、誰かが良いことをしたことに対する言葉だから、こっちの方が断然いいと思うんだよな。「ありがとう」という言葉があってはじめて、「良い事をした」という事実が生まれる、と言っても過言ではないと思う。

もちろん気持ちとしては分かる。「私のせいであなたに迷惑をかけてしまって・・・」みたいな気持ちはあって然るべきだと思う。でもそれを口に出すかどうかといえば話は別。「ありがとう」の方が優先的に口に出すべき言葉だから、「すみません」は必然的に押し殺されなければならないんだよ。

「すみません」「いえいえ、お気になさらずに」

「ありがとうございます」「どういたしまして」

に変わるだけでさ、世界はいくらか幸せになると思うんだがどうだろう。

 

 

ではまた。

 

 

|

« 道尾秀介『向日葵の咲かない夏』 | トップページ | 冬だねぇ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/146160/32660690

この記事へのトラックバック一覧です: 「すみません」を「ありがとう」に:

« 道尾秀介『向日葵の咲かない夏』 | トップページ | 冬だねぇ »